名古屋市長選:河村たかしさんに投票します

――河村たかし後援会「ハトの会」に入会――

4月12日告示、
26日投開票の名古屋市長選挙において
私は、
日本のリベラル派政党で野党第一党である
民主党が推薦する
河村たかしさんに投票することにしました。

河村たかし後援会「ハトの会」に本日入会しました。
河村たかしさんの名古屋市長選勝利のために
力を尽くします。


【名古屋市長選への基本姿勢】
率直に言って
今回の名古屋市長選に対する対応については
告示直前まで悩んだ。

単純に政策面だけで言えば、
いわゆる「主要3候補」のうちで
筆者に最も近いのは太田よしろう候補であろう。
名古屋城本丸御殿の復元や
徳山ダム導水路など
不要・不急の大型公共事業を見直し、
医療・福祉・雇用など
市民が本当に必要としている事業に
財源を重点投入するという姿勢に
筆者は率直に共感する。

だが、
小選挙区や首長選などの
「当選者1名」の選挙においては、
当選可能性の高い候補者のうち
「よりまし」な候補者に投票し、
選挙戦そのものに
少しでも影響力を行使するのが
筆者の投票スタイルである。

残念ながら、
今の革新勢力の力量では、
太田候補を市長に押し上げる実力はないと
判断せざるを得ない。

自民党推薦の細川候補と
民主党推薦の河村候補とを比較し、
河村候補が「よりまし」であるなら
悩む必要はない……はずなのだ。
が、
政策的に見ると、だ。
どうも自信を持って
「細川より河村の方がまし」
と言い切る自信がわいてこない。
河村候補はやたらと「減税」を強調するが、
社会民主主義者である筆者が望むのは
「取るものは取っても
 やるべきことはきっちりやる自治体」である。
名古屋市は今年1月、
「ホームレス関連予算がもうない」などとして、
押し寄せる住居喪失の非正規労働者の保護を
打ち切ろうとしたことがあった。
(その後、支援者の猛抗議によって
 この方針は撤回されたが)。
「減税」なんかやってる場合じゃない、と思う。

議員報酬も高すぎるのは問題だが、
「ボランティア議会」は論外だと思う。
自由に休日が取れ、
自前の生産手段を有する資本家や大家の声だけが
市政に反映されてしまうおそれがある。
議員は市民が選挙で選んでいるのである。
役立たずなら、
次の選挙で落とせばいい。
仕事をしなければ落ちる。
それだけのことだ。
払うものは払って、
しっかりと仕事をしてもらう仕組み作りこそが
重要だと思う。
連合の推薦を最後まで受けられなかったのも
マイナスだ。

ただ、最終的には、
「名古屋城本丸復元」プロジェクトに
細川候補と比べると消極的であるように見える点、
民主党から推薦を受けている点を重視し、
河村さんを応援することにした。

名古屋から、自民党政治を打破しよう!


河村たかし後援会「ハトの会」
愛知県名古屋市東区古出来2-5-11
電話:052-711-0008
[PR]
by imadegawatuusin | 2009-04-11 17:39 | 政治