評伝・葉山嘉樹(「セメント樽の中の手紙」作者)

――名古屋ユニオン運動の大先輩・葉山嘉樹――

■「社民系」だからダメ!?
今月の名古屋ふれあいユニオン機関紙・
『NFUふれあい通信』(No.115)には、
プロレタリア文学の傑作短編・
「セメント樽の中の手紙」(葉山嘉樹)の書評が
載っています。
書評を書いたのは
組合員の「マルさの女」さん。
実はこの書評、
さる左翼団体の機関紙に投稿したところ、
「葉山嘉樹は戦前いわゆる『社民系』の作家として
 評価されてきました」として掲載を拒絶する手紙が
送られてきたという いわく付きの書評です。

その左翼団体からの手紙の最後は、
小林多喜二は葉山らの社民派とは一線をかくして
 作家活動つづけています。
 その意味あいからも
 『蟹工船』に挑戦してほしいと思います」と
締めくくられていたといいます。
しかし、
そのような態度はそもそも、
その左翼団体が奉る『蟹工船』で有名な小林多喜二の態度から
最も遠いものであるはずです。

もともと博愛主義的な「白樺派」という文学グループの
作家・志賀直哉の大ファンであった小林多喜二は、
葉山嘉樹(よしき)の短編集・『淫売婦』を読んだことがきっかけで
プロレタリア文学(労働者文学)へと
転身することになりました。
小林多喜二は1926(大正15)年9月14日の日記に、
友人から『淫売婦』を借りて読んだことは
「記念すべき出来事」であり、
「『淫売婦』の一巻はどんな意味に於ても、
 自分にはグアン!と来た」、
「志賀直哉のばかりが
 絶対な表現ではない」と記しているといいます
(浦西和彦「解説 葉山嘉樹――人と作品」葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』170~171ページ、角川文庫)。

そして、
小林多喜二が「戦旗」派(共産主義系)、
葉山嘉樹が「文芸戦線」派(社会民主主義系)と
政治的立場が対立したときも、
小林多喜二は葉山嘉樹に宛てた手紙の中で、
「今、不幸にして、
 お互に、政治上の立場を異にしていますが、
 ――貴方がマキシム・ゴーリキーによって
 洗礼を受けたのと同じように、
 私は、
 貴方の優れた作品によって、
 『胸』から生き返ったと云っていゝのです。
 ……
 云うならば、
 私を本当に育ててくれた作品は
 『戦旗』の人達のどの作品でもなくて、
 実に貴方の作品……でした」と
書いているのです
(『小林多喜二全集』第7巻収録、1929年1月15日書簡)。
小林多喜二は冒頭の左翼団体のような、
『葉山嘉樹は社民系だからダメ』といった類の
単純な了見の狭さは
一切持ち合わせていませんでした。
むしろ、
自分の仲間である共産党系の「戦旗」派の作家の作品より、
社民系の葉山嘉樹の作品こそが、
自分を育ててくれたのだとまで言っているのです。

■名古屋における個人加盟制労組の創設者
葉山嘉樹は1920(大正9)年、
名古屋のセメント会社で働き始めました。
この工場で翌年、
仲間が労災事故で死亡した際
(もちろん、
 この出来事こそが『セメント樽の中の手紙』の
 モデルとなっています)、
遺族への見舞金増額を要求。
労働組合を結成しようとして解雇されてしまいます。
これをきっかけに葉山は、
一人から入れる地域の労働組合(今でいうユニオン)である
「名古屋労働者協会」を設立して
1922年(大正11年)、執行委員長に就任。
テレビタレント・みのもんたさんが
大株主を務めていることで知られる
愛知時計電機の労働争議を指導して、
名古屋刑務所にぶち込まれたりもしています。

この名古屋に、
コミュニティユニオンが戦前からあったと聞くと、
驚く人も多いかもしれません。
しかし実は、
企業別労働組合は戦後になって
ようやく主流となったのであって、
元々日本の労働組合運動は、
地域別・産業別のユニオン運動が
ずっと牽引してきたのです。
葉山嘉樹は、
私たち名古屋コミュニティユニオン運動の
大先輩にあたります。

葉山嘉樹の作品は、
忙しい労働者にも手軽に読めるよう、
非常に短くまとめられています。
中でも「セメント樽の中の手紙」は
文庫でわずか6ページ。
ぜひ一度、
あなたもチャレンジしてください。


以下に、
『NFUふれあい通信』(No.115)に掲載された
「マルさの女」さんの「書評:『セメント樽の中の手紙』」を
転載します。


派遣社員になってから3年余り。
ついに来ました、派遣切り。
この5月で無職になりました。
とりあえず住む所とお金は何とかなりそうなものの
先の読めない状況に変わりはなく
節約生活は続きます。
お陰で図書館通いは習慣になりました。

ユニオンに加入したのは
派遣元からの不当労働行為がきっかけです。
知り合いに
相談出来そうな団体を教えて貰いました。
たった1回の交渉で解決しました。

閉塞感を持て余す日々、
心に風穴は開いたものの
Eメール通信のやり方も解らない、
当然インターネットなんて夢の又夢、
首都圏で行なわれたという
六本木ヒルズでの鍋の会のようなゲリラ的な行動も
面白いなあ、と思いつつも
時代から取り残されているような感覚は
変わりません。

だけど時代は大きく動いていたのです。

「蟹工船」が「カニコー」と呼ばれ、
劇画化され本が出版され、
マルクス等の文献が拡く受け容れられている、
とか。
そこで改めて
プロレタリア文学、文献やエッセイ、論文等を
さらってみる事にしました。

まず短編から。

「セメント樽の中の手紙」 作 葉山嘉樹

主人公・松戸は
発電所の建設に携わる労働者、
作業内容はセメントあけだそうです。
場所は恵郡山の山中で
時代は大正中期でしょう。
作中では松戸は機械に仕えるが如くの労働ですが
収入は家族を養うにも足らない、
じきに何人目かの子供が
生まれるという状況です。
これは
今の時代の労働状況と重なるでしょう。

この松戸が作業中にセメント樽の中から
木箱を見つける。
作業が終わってから箱を開けてみたところ、
中には手紙が入っています。
差出人はセメント製造の女工から――

内容は
彼女の恋人が労災に遭って死んだ、
死に方があまりに残酷です。
その恋人は
同じ会社で
破砕機へ石を入れる仕事をしており、
作業中に破砕機の中に体ごと
はまってしまった。

ここで私が思い出したのが
つい最近出会った
ブラジル人の婦人労働者の事です。
彼女は弁当の工場で
ライン作業に従事していました。
おにぎり製造のラインで
誤って左人差指の先を
落としてしまったのです。
検査の段階で指先は
おにぎりの具の様な状態で
見つかったそうです。
機械は残酷です。
針などの異物は検知出来ても
生身の体は検知できません。
会社もまた
冷酷に対処しようとしたのでしょう。

ユニオンに相談を持ちかけずにいたら、
治療費は自己負担を強いられる事は
必定です。

話を元に戻しましょう。

体がはまってその後どうなったのか。
仲間が救出しようとしたものの
無慈悲にも
石と共に沈んでいきます。
生きながら石と共に砕かれる時、
彼は何を思ったのか。
その時その場に居た人は
苦悶の声を聞きながら何を思ったのか。
人の身体がセメントになるくだりは
ほんの5行ですが
今回だけは20回は読んでしまいました。

「そうして焼かれて
 立派にセメントになりました」 作中より


主人公があけたセメントに
元は人の身体だった物が混ざっています。
砂状の物に骨片や肉片が混ざっている。
手紙では
読み手に恋人を失った悲しみを表し、
セメントを使ってくれるな、と
訴えながらも思い直し、
故人に対する信頼、愛情を綴り、
手紙の最後に
連絡を下さい、といった内容で結んでいます。

その後で
松戸の家庭の様子の描写で終わります。

何回も飽きずに読み返しながらも
気付いた所もあります。
セメント製造の過程は
そのまま今の時代の労働者の生活も
示している様にも思えます。

’90年代派遣法が施行されてから
段階を追ってあらゆる分野に拡がりをみせました。
私が正社員として働いていた所でも
ブラジル人労働者が増えていき、
日本人、中国人などもいたし、
私自身も派遣労働者になりました。

作中では大きな石が砂の様になって
セメントが出来上がる。
犠牲者の肉や骨はそのまま
この世の中の仕組みに
気付かされた人なのでは?とも思います。
手紙の中で女工は恋人の事を
「きっとそれ相当な働きをします」と
書いています。

作中では松戸自身は
特に意識が高いわけでもなく、
生活も変わらない。
けども最後に言う言葉に
主人公がこの先どう変わるか、
変わらざるを得ないのではないか、と
思えてなりません。
何を言ったのか
それは本作を読んでみて下さい。
(マルさの女)


【参考記事】
『蟹工船』ブーム!? で『中日新聞』にコメント
[PR]
by imadegawatuusin | 2009-07-20 20:58 | 文芸