愛知県中央メーデーに4500人

――賃上げ・雇用確保など訴え――
f0104415_14562959.jpg

メーデーの5月1日、
愛知県名城公園では
「第81回愛知県中央メーデー」
開催され、
4500人が参加した。
登壇者からは
トヨタの下請け単価切下げへの反対や
労働者派遣法の抜本改正を訴える声が
相次ぎ、
集会宣言を採択後、
二組に分かれて
名古屋市内をデモ行進した。

■国労、「残るは雇用。全面解決まで支援を」
開会に先立って
争議組合の紹介が行なわれた。
国鉄民営化の過程で
労働組合差別により
多くの組合員がJRに採用されず、
23年の国鉄闘争を闘ってきた
国鉄労働組合
木股昭一名古屋地本委員長が
檀上にあがり、
ついに政府から
解決案が示されたことを踏まえて
争議報告を行なった。

「メーデーの日に、
 国鉄闘争解決へ向けた
 報告ができるのがうれしい。
 仲間のみなさんにお礼を申し上げたい。
 本当にありがとう」。
木股委員長はこのように、
長年の国鉄闘争への支援に
感謝の意を伝えた。
政府から示された解決案は、
当該労働者や労働組合への
解決金の支払いの他、
当該労働者らの雇用問題についても、
政府が
「解決にあたって、
 JR北海道、九州等の各社を中心に
 200名位の採用を要請する」、
「その他の雇用については
 政府としても努力する」と明記。
一方で、
「政府はJRへの雇用について
 努力する。
 ただし、
 JRによる採用を
 強制することはできないことから、
 人数等が希望どおり採用できることは
 保証できない」とも
されている。

木股委員長は、
「JR不採用問題は、
 国策遂行の過程で行なわれた
 戦後最大の不当労働行為だ。
 23年の長い闘いの中で、
 不採用1047人の中で
 67名の仲間が
 解決を見ることなく他界した。
 残された遺族の無念はあまりある。
 これからもまだ
 JRへの雇用問題など
 課題が残るが、
 全面解決まで
 ご支援をお願いします」と訴えた。

■「8時間労働で生活できる賃金を」
その後、
メーデー実行委員会を代表して
榑松佐一実行委員長が
主催者挨拶。
「1986年、
 アメリカで労働者が
 8時間労働制を要求して
 立ち上がったのが
 メーデーの起源。
 それから124年。
 職場ではあれほどの派遣切りが
 行なわれたばかりだというのに、
 人員削減で
 長時間・サービス残業が
 横行している。
 非正規労働者の多くは
 8時間労働では生活できない。
 私たちは8時間労働、
 8時間労働で生活できる賃金をと
 要求し続けなければならない」と
メーデーの意義を強調。
「大企業は
 国際競争力強化だと言って
 賃金を下げ、
 下請け単価を引き下げている。
 様々な困難があるが、
 正規も非正規も、
 中小企業の労働者も、
 働く者の生活を守るために
 世界の労働者と団結して
 頑張りましょう」と呼びかけた。

反貧困ネットワークあいち準備会
内河恵一弁護士は、
「2年前のトヨタショックで、
 それまで何となく
 カモフラージュされてきた
 派遣労働・非正規雇用の問題が
 可視化された。
 住み込み派遣で働いてきた労働者が
 野宿に追い込まれ、
 社会保障のほころびを映し出した。
 貧困にあえぐ人は
 それを押し隠し、
 自分に無理を課していく。
 けれど、
 失業すると
 ただちに家を失う構造自体が
 問題だ。
 労働問題と貧困問題は表裏一体。
 多くの人とネットワークを張り、
 貧困問題の解決に
 尽力していきたい」と
決意を語った。

政党からは、
野党の日本共産党
与党の社会民主党から
それぞれ挨拶があった。

参加者らは
「すべての労働者に
 賃上げと安定した雇用確保を」
などとするメーデー宣言を採択。
その後、
「大企業は内部留保を吐き出せ!」
「賃上げで景気を回復させよう」などの
シュプレヒコールを上げながら
デモ行進を行なった。
f0104415_14565696.jpg



【参考資料】
第81回愛知県中央メーデー宣言

私たちは本日、
たたかうメーデーを引き継ぎ、
労働者・国民の団結と連帯の力で
第81回愛知県中央メーデーを
大きく成功させました。

すべての労働者・県民のみなさん

世界的な経済危機が進行する中で
日本経済と
労働者・国民をめぐる状況は
いっそうの悪化をたどっています。
雇用・失業問題は深刻で
失業率は高止まり、
労働者の賃金も
一時金の切り下げなど
大幅に減少しています。
また中小企業も
景気の冷え込みで
倒産や廃業が相次いでいます。
一方
大企業の内部留保は、
1998年以降の10年間で
100兆円も増加、
241兆円にもなっています。
トヨタは3割の単価引き下げを
提案しましたが、
愛労連がおこなったアンケート結果では
下請企業から
「乾いたタオルを搾り取る」
トヨタのやり方に
怒りが広がっています。

「大企業は内部留保をはき出し
労働者・国民に還元せよ」
「賃上げで景気回復を」のたたかいは
国民的大儀をもっています。

すべての労働者・県民のみなさん

私たちは昨年の総選挙で
自公政権に終止符を打ちました。
新政権は原爆症基本法、
子ども手当、
高校授業料無償化など
部分的には国民の要求に応えましたが、
国民の暮らしを切り捨てる
「事業仕分け」や
国の責任を放棄する「地域主権」など
自民党政治を
継承しようとしています。
特に、
労働者派遣法「改正」案や
「後期高齢者医療制度廃止」の
先送りと拡大、
アメリカにものがいえず、
沖縄県民の心を踏みにじる
普天間基地問題、
「政治とカネ」の問題など、
いま国民の失望と不満は
増すばかりです。
同時に
自民も民主もダメという流れに乗り
次々に新党が結成されていますが、
構造改革路線を
いっそう推進する政党ばかりです。

私たちは鳩山政権に対し、
大企業の民主的規制をはじめ、
社会保障の充実、
労働者派遣法の抜本的改正、
普天間基地の即時無条件撤去、
「政治とカネ」問題の真相解明など
強く求めます。

すべての労働者・県民のみなさん

いま世界では経済危機の反省から
アメリカ中心の政治・経済体制から
国連中心の
新しい政治・経済秩序づくりが
始まっています。
オバマ大統領のプラハ演説や
「新核軍縮条約」の合意は
核兵器廃絶にむけた
国際的な運動と世論を
高めています。
国内では
普天間基地県内移設反対で
9万人もが参加した沖縄県民集会や
徳之島の基地移転反対集会など
運動が大きく広がっています。
また
23年にわたってたたかい続けてきた
1047名JR採用差別事件も
解決に向けて
大きく前進しました。

私たちは
「日米同盟重視」「大企業優先」の
政治・経済の仕組みの転換を求め、
職場・地域のたたかいを強めて
7月の参議院選挙で
国民が主人公となる
政治の変革をめざします。

第81回愛知県中央メーデーを機に
「すべての労働者に賃上げと
 安定した雇用確保。
 貧困と格差の解消。
 安心できる社会保障制度の充実。
 核兵器のない世界の実現。
 ストップ地球温暖化。
 国民本位の政治実現」にむけて、
働く仲間の力の総結集を
呼びかけます。

働くものの団結万歳!
世界の労働者万歳!
第81回愛知県中央メーデー万歳!

2010年5月1日

第81回愛知県中央メーデー
「JANJAN blog」5月7日より転載)


【関連記事】
名古屋ふれあいユニオン、メーデー初参加の方針
愛知県中央メーデー:連合系上回る4000人参加
第80回愛知県中央メーデーへ!
メーデー&アースデイ!? 4月25日名古屋で集会
4月25日、「LOVE&ビンボー春祭り」開催
5月1日、第81回愛知県中央メーデーへ
【愛知】「メーデー&アースデイ」、4/24今年も開催 2011-04-21
5/1(日)、第82回愛知県中央メーデーへ! 2011-04-29
愛知県中央メーデーに4000人 2011-05-03
[PR]
by imadegawatuusin | 2010-05-07 14:57 | 労働運動