フィリピントヨタ労組、今年も来日

――「やめろ! 海外での組合つぶし」――
f0104415_18574636.jpg

フィリピンの労働法で団体交渉開催に必要な
職場の過半数の賛成を得たにもかかわらず
会社に団体交渉を拒絶された上、
233名の組合員が解雇されたとして
国際的に問題となっている
フィリピントヨタ労組のエド=クベロ委員長らが
9月19日に愛知県に来県した。
エド委員長や支援者らは19日から20日にかけて、
トヨタ自動車の国際拠点である
名古屋駅前・ミッドランドスクエアや
豊田市の本社周辺で
10年にわたる労働争議の解決などを訴えた。

■フィリピントヨタ労組争議とは
フィリピンにある
トヨタ自動車の現地法人・フィリピントヨタ社では
1998年に従業員らが労働組合を結成した。
2000年には従業員による「組合承認選挙」において、
有効投票943票のうち503票の賛成票を獲得して
団体交渉権を獲得する。

しかしフィリピントヨタ社側は、
この選挙には
課長クラスの105票が含まれていないなどとして
団体交渉の開催を拒絶し、
翌2001年には
フィリピントヨタ労組の組合員233名を解雇した。

こうしたフィリピントヨタ社の対応について、
日本のトヨタ労組などが加盟する自動車総連
国際的な上部団体である国際金属労連などが問題視し、
フィリピントヨタ労組の支援を決定。
2006年には
フィリピントヨタ労組の要求を支持する
「反トヨタ世界キャンペーン」を呼びかけ、
世界45ヶ国で支援行動が取り組まれた。

これを引き継いで以来9月には、
毎年「反トヨタ世界キャンペーン」が行なわれており、
今回のエド委員長の訪日は
第5回キャンペーンの一環である。

■「新たに4名が解雇」
トヨタ・ミッドランドスクエア前に立ったエド委員長は、
今年8月、
工場内に残っていた
労組のウェニー副委員長ら組合員4人が
新たに解雇されたことを明らかにした。
「不当解雇された233名は
 今も正義を求めて闘っている。
 もう10年がたとうとするが、
 トヨタはまた再び同じことを行なった。
 トヨタの経営者に言いたい。
 私たちを解雇して
 あなたたちは勝利したと
 思っているかもしれない。
 だが、
 私たちはあきらめない。
 最後に勝利するのは私たちだ」。
f0104415_1858303.jpg

また、
今回新たに解雇されたウェニー副委員長も、
「私たちは
 全く根拠のない理由で解雇された。
 私たちのやったことは
 労働者の権利を行使する、
 ただそれだけのことなのに」と述べた後、
「9月27日から10月1日にはフィリピンでも
 大規模な抗議行動をやる。
 トヨタの工場や日本大使館前でも行なわれるだろう。
 どうか日本のみなさんにも、
 この問題に感心を持ち続けてほしい」と訴えた。

■支援者「解決すべきときに……」
その後、
支援者らは翌日のトヨタ自動車本社要請行動に備えて
豊田市に移り、
豊田産業文化センターで「連帯交流集会」を開催した。
f0104415_18591881.jpg

「フィリピントヨタ労組を支援する会」
小嶋武志事務局長が壇上に上がって基調報告。
「今まさに解決しなければならない時期になって、
 トヨタは何でこんなことをしたのか。
 今、
 ウェニー副委員長ら新たな4名の解雇問題で
 フィリピン労働雇用省の調停あっせん委員会が
 開かれているが、
 会社側の弁護士は
 4人に職場復帰をあきらめる代わりに
 金銭和解をと言ってきている。
 233名も、新たな4名も
 金銭でごまかそうということだ。
 今、
 国連国際労働機関(ILO)
 この問題に大きな関心を持っている。
 また、
 フィリピントヨタ労組を支援している国際金属労連も、
 9月の28日からアジア地域責任者会議を開催する。
 当然、
 この問題も取り上げられざるを得ない。
 現在、
 世界400団体から
 今年のキャンペーンの賛同要請が届けられている。
 トヨタ自動車には
 自らの責任で速やかに争議を解決しろと
 訴えたい」。
小嶋事務局長はこのように述べ、
フィリピントヨタ労組問題の早期解決を訴えた。

■「現地の事は現地で」は二枚舌
その後、
地域の仲間からも発言が続出。
日雇全協・笹島日雇労働組合の大西豊委員長は、
「トヨタは、
 この問題について
 『現地法人の問題は現地で』とこの10年間言い続け、
 自分自身の問題として
 責任を持って動こうという姿勢を
 見せようとしない。
 しかし、
 先日のリコール問題では、
 豊田章男社長自らが
 アメリカ議会にまで乗り込んでいる。
 自分たちの都合の良いときだけ
 『現地のことは現地で』と言い、
 そうでないときには社長がすっ飛んでいくのは
 まさしく二枚舌だ」と指摘。
トヨタ本社の欧米偏重・アジア蔑視の対応を
厳しく批判した。

■「1人より10人、10人より100人」
フィリピントヨタ労組と支援する会は翌20日、
愛知県豊田市にあるトヨタ自動車本社に対し、
争議の早期解決を求める申し入れ行動を行なった。
本社に
エド委員長を先頭とする申し入れ団が入場し、
30分ほどして申し入れ団が本社から出てきた。

報告を求められた支援する会の早川寛さんは、
「実は、
 報告すべきことは何もありませんでした。
 いつものことではありますが」と
静かに語った。
これまでもトヨタ社側は、
フィリピントヨタ労組や支援する会の申し入れに、
権限のある役員などには対応させず、
権限のない末端の従業員に対応させてきたからだ。

エド委員長は、
「トヨタの経営陣は人間ではない。
 2001年に引き起こされた233名の首切りにも
 トヨタの社長は満足しておらず、
 新たに4人のクビを切ったのだ。
 トヨタは237名を解雇しただけでなく、
 彼らの生活・人生・家族まで破壊したことを
 全く分かっていないのではないか」と
怒りを爆発させた。

「労働者はこれまで、
 フィリピントヨタ社を強固にするため
 大いに貢献してきたのだが、
 会社はそのことを知ろうとはしない。
 トヨタの社長はアメリカ議会の公聴会で
 『全てのトヨタ車には
  私の名前がついている』と豪語したが、
 これからは
 世界で一番
 労働組合つぶしを行なっている人物として
 世界的に有名になるだろう。
 私たちは
 1人よりも10人、
 10人よりも100人の団結で、
 賃金・権利・生活のために闘い抜く」。
エド委員長はそのように演説した。
JanJan blog 9月23日から加筆転載。
 なお、写真1枚目・2枚目は撮影:Esaman)



【関連記事】
「オールトヨタは一つ」
フィリピントヨタ労組連帯行動
フィリピン労組支援者:名古屋モーターショーで宣伝
NFU:今年もフィリピントヨタ労組キャンペーンに参加
フィリピントヨタ労組を支援する愛知の会第5回総会
フィリピントヨタ労組エド=クベロ委員長と交流
フィリピントヨタ労組連帯、トヨタ本社前行動
フィリピントヨタ労組連帯行動に参加!


市民団体フィリピントヨタ労組を支援する会
住所:〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町3-63-901
TEL / FAX: 046-866-4930
電子メール:protest-toyota@list.jca.apc.org
ホームページ:http://www.green.dti.ne.jp/protest_toyota/
年会費
 個人: 一口 5000円
 団体: 原則として二口 10000円
(会費は、フィリピンに送金され、
 現地の裁判闘争費用、保釈金、
 組合事務所の経費、組合の行動費等に使われます)。
郵便振替口座: 00290-7-60036
加入者名: 「フィリピントヨタ労組を支援する会」

[PR]
by imadegawatuusin | 2010-09-23 19:14 | 労働運動