大飯原発の再稼動に反対する

――野田総理は再稼働を認めるな!――

■ひとたび事故起これば取り返しの付かない惨事に

運転停止中の大飯原発3・4号機の再稼動について、
野田総理は5月30日に、
「私の責任で判断する」と表明した。
私は野田総理に対し、
大飯原発3・4号機の再稼動を認めないよう強く求める。

東日本大震災でも明らかとなったように、
原発はひとたび事故が起これば
取り返しのつかない事態を招いてしまう。
そして、
再び原子力発電所で事故を起こさないように
今年4月にも設置されるはずだった「原子力規制庁」は
いまだに設置されていないのである。
大飯原発再稼動の是非の基準となる
「安全基準」を作ったのはこの原子力規制庁ではない。
この「安全基準」は閣僚会議で決めた
「暫定的なもの」に過ぎないというのだから
あきれる(朝日新聞5月31日)。

■まだ原子力規制庁もできていないのに

少なくとも原子力発電所の再稼動の是非を
検討するにあたっては、
最低限、
政治的な圧力から独立した
中立的な原子力規制庁の設置を待ち、
東日本大震災以降の新しい知見を踏まえた
厳しい安全基準を策定した上でのことであるべきだ。
また、
電力需要の逼迫を再稼働の理由とするのであれば、
稼働期間も夏のピーク時など必要最小限に抑えるのが
論理的帰結となるはずである。

■脱原発への期間を区切った工程表を!

そもそも、
今後わが国が
いかに原発から脱却していくかという道筋も
明らかにされていない中で原発再稼動を強行すれば、
原発依存の状況をなし崩し的に
国民に追認させようとしているのではないかと
疑わざるをえない。
原発の稼動・非稼動は、
まずはいつまでにどういった形で
原発依存から脱却するかという
明確な工程表を示した上で、
完全な脱原発依存までの間、
既存の原発をその大きな枠組みの中で
どう位置づけるのかを明らかにするのが
議論の筋道ではないだろうか。

どの原発をいつまで稼動させ、
いつまでに脱原発を実現するのか、
その筋道が見えない中での原発再稼動には
私は断固として反対する。

かく人類じんるい共存きょうぞんできない。
人類じんるいきねばなりません。
ノー モア ヒロシマ! 
ノー モア ナガサキ! 
ノー モア フクシマ! 
ノー モア ヒバクシャ! 


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2012-06-04 17:52 | 環境