名探偵コナン『銀翼の魔術師』について

■恒例の「駄洒落クイズ」が伏線に
「劇場版コナン」おなじみの恒例行事に、
「駄洒落クイズ」というものがある。
作品の冒頭あたりで何か一つ
必ずダジャレをネタにしたクイズが出題されるのだ。

僕が「劇場版コナン」について常々不満に思っていたことは、
この「駄洒落クイズ」の内容や回答が、
作品自体のその後の展開や構成に
一切関係してこないということだった。

しかし、
この『銀翼の魔術師』は違う。
駄洒落クイズの伏線は、
最後の最後の灰原哀の言葉、
「どうやら、
 あなたの辞書にもなかったようね……」で、
みごとに回収されている。
この灰原の言葉を聞いたとき、
僕は正直、
心の底からぐっときた。

■「コナンVSキッド対決」は終始キッドペース
この作品は、
劇場版では2回目となる「コナンVSキッド対決」である。
(「キッド」とは、
 『名探偵コナン』の作者・青山剛昌さんの初の長期連載作品である
 『まじっく快斗』の主人公をつとめる怪盗紳士のこと。
 『コナン』にもしばしば登場する)。
だが今回は、
「2人の対決」という面に限定して言えば、
ほとんど終始キッドのペースで事が進む。
「ビル屋上からの落下」だけが
わずかにコナンの「勝ち点」と言える程度だ。
(しかしコナンは、
 この作戦が見事「成功」していたら
 一体どうするつもりだったのだろう。
 これではキッドが死んでしまっていたような気がするのだが……)。

■「2が割れていたから奇数」?
この作品で、
どう考えても腑に落ちなかったのがコナンの「暗号解読」である。
(大体この手の「暗号解読」は
 かなり恣意的なものが多くて、
 今まで僕は感心させられた ためしがない)。
特に、
「怪盗キッドは『東京発の』飛行機の中で宝石を盗む」という推理である。

これについてコナンは次のように言っている。

(筆者注:暗号では)スペードの2のカードが半分に割れていた。
あれは、
2で割り切れない奇数を示してたんだ。


……、何で?
いまだにさっぱりわからない。

コナンによると、
東京から出発する「下り」の飛行機の便数は奇数。
東京へ到着する「上り」の便数は偶数であるという。
それはいい。

だが、
なぜ「スペードの2のカードが半分に割れていた」から
「2で割り切れない奇数を示してた」となるのだろうか。

「スペードの2のカードが半分に割れていた」から、
この暗号は「1を示している」というのであればまだわかる。
しかし、
「スペードの2のカードが半分に割れていた」から
「2で割り切れない奇数を示してた」というのでは、
どう考えてもつじつまが合わない。
(大体、「スペード」はどう解いたんだ!)。

むしろ、
「2のカードが半分に割れていた」のだから、
これは「2で割り切れる偶数を示している」と解くべきではないのかとすら
思ってしまうのだがいかがだろうか。

《劇場版『名探偵コナン』お薦めベスト3》
第1位『天国へのカウントダウン』
第2位『14番目の標的』
第3位『瞳の中の暗殺者』

参考お勧め記事
「名探偵コナン『時計じかけの摩天楼』について」
「名探偵コナン『14番目の標的』について」
「名探偵コナン『瞳の中の暗殺者』について」
「名探偵コナン『天国へのカウントダウン』について」
「名探偵コナン『迷宮の十字路』について」
「名探偵コナン『水平線上の陰謀』について」
名探偵コナン『漆黒の追跡者』を見て

酒井徹「名探偵コナン『ベイカー街の亡霊』と『自己犠牲』」
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-03-20 16:43 | 漫画・アニメ