北朝鮮核実験:明確な国際法違反

――核実験強行に道理なし――

■認められぬ北朝鮮の「論理」

北朝鮮が2月12日に
3度目となる核実験を強行した。

今年1月に採択された国連安全保障理事会の決議では、
北朝鮮は全ての核兵器と核開発計画を
完全かつ検証可能な方法で
断念することが求められており、
新たな核実験を行なった場合は
安保理として「重大な行動を取る」と明記されている。
北朝鮮の核実験強行は
こうした国連安保理決議に反する
明確な国際法違反であり、
国際法秩序に対する
危険な挑戦であると言わなければならない。

北朝鮮は今回の核実験を、
「わが国の平和的な衛星打ち上げを、
 乱暴にも侵害した
 米国の敵対行為に対する対応措置」などとして
正当化しているが(朝日新聞2月13日)、
だからといって
国際法に違反してもよいという理由には
ならないことは言うまでもない。
米国をはじめ世界の諸国が
北朝鮮の「衛星打ち上げ」を非難したのも、
核開発を進める北朝鮮に対しては
弾道ミサイル技術を使用したロケット発射を禁じる
国連安保理決議が採択されているからに他ならず、
自ら国際法に違反しておいて、
それを非難されたからと
さらに国際法違反を重ねる行為は許されない。
国際社会の強い反対を押し切って強行された
今回の核実験には
一片の道理も存在せず、
厳しく批判する。

核兵器は
ひとたび使用されれば甚大な悲劇を生み出す
非人道的兵器である。
いかなる事情があったとしても、
そうした兵器の保有計画は正当化されてはならない。
北朝鮮はもちろんのこと、
いかなる国の核兵器にも一貫して反対してきた立場から、
核兵器のない世界を実現する核廃絶の流れに
真っ向から挑戦し
東アジアの緊張を高める今回の核実験に
強く抗議するものである。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-02-13 17:55 | 国際