子供も人間 2人殺害は重大

3歳と1歳の姉弟を餓死させた親に
殺人罪で懲役30年の判決が出たことについて、
昨年12月18日の『朝日新聞』に、
「2児放置死 みせしめ判決では」との投書が載った。

投稿者は、
「児童虐待死の裁判を見ていると、
 懲役10年前後くらいまでの判決が多い」と
主張していた。
しかしそれは、
殺害された児童が1人だった場合の判決ではないか。

この投書を読み私は、
児童への虐待殺人が軽く見られているのではと感じた。
昔は尊属殺人罪があり、
親など「目上の身内」への殺人では
死刑か無期懲役しか下せなかった。
子殺しが軽視されるのはその裏返しで、
「目下の身内」を低く見る意識、
「子供は親のもの」と
子の独立性を否定する意識の表れではないか。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-05-14 14:39 | 政治