人知らずしていきどおらず

――それができれば「君子」になれる――

■「君子」=「人格者」への道は不可能ではない
儒教の経典・『論語』に、
「人知らずしていきどおらず。
 亦た君子ならずや」(学而篇1章、『論語』通番1章)
(他人が自分のことをわかってくれなくてもうっぷんを抱かない。
 それができる人は、立派な人格者と言うべきではないだろうか。)
とある。

僕たちはついつい、
他人に対して何かにつけて、
「何でわかってくれないんだ!」という心の声をあげてしまう。
そして、
必要以上に自らを悲劇の主人公に見立て、
どんどん「うつ状態」に陥ってゆく。
(例:「何でわかってくれないんだ!
    何でわかってくれないんだ!
    こんなに頑張ってるのに、
    こんなに頑張ってるのに、
    どんなに頑張ってもできないのだということを、
    何で誰もわかってくれないんだ……」。
 人は一度こういう状態に陥ると、
 「本当にそこまで言うほど頑張っているのか?」
 という冷静な突っ込みは
 自分では入れられなくなってしまう)。

しかし、
心の中で嘆き、うっぷんを抱くだけでは、
問題は何も解決しない。

「他人が自分のことをわかってくれなくてもうっぷんを抱かない」。
それができる人を、
儒教の祖・孔子は「君子」と呼んでいる。
「君子」とは、
「身分のある男子が原義であるが、
 そこから立派な人格者を意味するようになった。
 ただし君子は
 努力すれば何人も到達しうる境地で、
 孔子の教育において一応の目標となっている」(宮崎市定『現代語訳論語』岩波現代文庫、3ページ)。

孔子という人はは人々に対して、
超絶的な聖人・超人になることを求めたわけでは決してなかった。
「孔子の教育において一応の目標と」されたのは「君子」であり、
それは「努力すれば何人も到達しうる境地」なのである。
具体的には、
「他人が自分のことをわかってくれなくてもうっぷんを抱かない」
といった、
ちょっとした日々の心がまえで達成できる徳目が
実践できるようになることだ。

この程度のことなら、
確かにちょっと努力すれば誰にでも到達可能に見えてくる。
そして実際、
この境地に達して日々の生活を送っている人も、
決して少なくはないのだろう。

しかし、
僕のような未熟な人間には、
意外にこれが難しい。
思い返せば僕はいつも、
「どうして誰も、
 僕のことをわかってくれないんだよーッ!」と、
憤り、うっぷんを抱き、
自分を悲劇のヒロイン(?)に仕立ててしまう癖を持っている。
そして自らを「うつ状態」に追い込んでしまい、
やるべきことを こなさなくなってしまうのだ。
(そう。
 ぼくの「失敗パターン」はいつもいつも
 判で押したように決まりきっている)。

「他人が自分のことをわかってくれなくてもうっぷんを抱かない」。
それさえできれば、
僕は「君子」=「立派な人格者」になることができる。
たった「それだけのこと」なのだ。

「君子」は決して一部の限られた超人のみが到達しうる境地ではなく、
「努力すれば何人も到達しうる境地」なのだ。

簡単そうに見えていざ実践してみると、
これがなかなか難しい。
これが「君子」への道である。
しかしそれでも、
これは「努力すれば何人も到達しうる境地」なのだ。

信じよう。
信じよう。

自分を信じて、
今日から僕は、
「他人が自分のことをわかってくれなくてもうっぷんを抱かない」人間になることを
ここに誓う。
これが達成できたとき、
僕は「君子」=「立派な人格者」となれるのだ。
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-02-12 17:47 | 儒教