「恥を知らない」橋下氏の心理

(2013年8月29日掲載)

旧日本軍の慰安婦だった韓国人女性2人と支援団体が、
いったん申し入れていた
日本維新の会の橋下徹代表との面談を中止した。
支援団体側(がわ)はその理由について、
「(2女性とも)
 橋下氏とは会いたくないと言っている」・
「政治利用される心配もある」と言う
(朝日新聞5月24日)。

橋下氏は最近、
「戦時慰安婦必要論」や
在日米軍への「風俗業活用推奨論」などをぶち上げ、
国内外から非難を浴びていた。
橋下氏がどういう人かは
始めから分かりきっていることだった。
元慰安婦らが面会すれば
「和解」の演出に利用されうることも
当然分かっていたはずだ。
面会を申し入れた側から
面会を拒否する理由としては弱い。
こうした発言をしておいて、
まさか橋下氏には
当事者に合わせる顔があるはずがないという思い込みが
支援者側にあったのではないか。
だとすると、
橋下氏の「恥を知る心」に期待した作戦は
失敗したことになる。

そもそも橋下氏は、
慰安婦は「必要」であり、
今後も「活用」されるべきだと考えている。
つまり、
元慰安婦らの「働き」に意義を認めているのである。
その点で、
最近問題になっている憎悪演説にあるような、
元「慰安婦」を見下し、
さげすむがごとき悪意が
橋下発言には決定的に欠けている。
だから橋下氏は、
元慰安婦らと面会し、
戦時中の彼女らの働きに感謝するつもりだったのか、
ねぎらいの言葉をかけるつもりだったのか、
とにかく
彼女らと顔を合わせたくないという心理を
一切持ち合わせていないのである。
この「恥を知らない」橋下氏の心理を
理解しておかないと、
彼への批判は全て空回りに終わる。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-05-25 14:45 | 政治