国際交流:「交流」と「友好」と「平和」

「平和のために国際交流の推進を」とよく言われる。
国際交流によって友好がはぐくまれ、
それが平和に結びつくというのである。

私は、
交流も友好も平和も大切だと思う。
しかし、
国際交流が必ずしも友好につながらない場合も
あると思うし、
友好と平和とは
次元の違う問題ではないかと思うのである。

私は前に、
地域の個人加盟制労働組合の運営委員長をしていた。
多くの外国人労働者の労働相談にも乗ってきた。
外国人と じかに接した経験は多い方だろう。
もちろん、
そうした経験を通じて
その労働者の母国に対して親しみを覚えたことは
確かに多い。
しかし同時に、
彼らの母国のあり方がいかにひどいかということを
目の当たりにせざるをえなかったり〔注1〕、
国民性の違いに
どうしてもついていけないものを感じたことも
率直に言ってある。
(さらに、
 お国の料理をご馳走になると、
 たいてい口に合わずに気まずい思いになる)。
こうした外国への負の印象は、
外国人との直接の交流がなければ
生まれえなかったものである。

これからのグローバル社会の中で、
外国人との交流は
ますます避けられないものとなるだろう。
だが、
そのことが即 国際的な友好をはぐくむとのイメージは
楽観的すぎる。
同じ国の人同士であっても、
気の合う人と合わない人がいるというのが世の常だ。
まして、
言葉も文化も違う人との交流が
必ずしも友好をはぐくむとは限らない。
むしろ国際交流というものは、
互いに我慢や妥協を重ねる中で
折り合いをつけていくものであると考えるべきだ。

そして「友好」と「平和」である。
どちらもすばらしいものであることに異存はない。
しかし私に言わせれば、
仲の悪い国、
とても親しみの持てない国とも共存していくのが
真の「平和」というものではないかと思うのである。

太平洋戦争が始まったとき、
「相手がアメリカなら
 負けたってひどいことはするまい」と言った人が
いたという話を聞いたことがある。
これは、
なまじ「友好」・「信頼」があったために
戦争を容認してしまった事例であると言えるだろう。

平和とは、
仲のいい国と仲良くするということではなく、
たとえ互いに利害や感情の衝突があっても、
それを武力では解決しないということである。
そうした意味で平和は、
感情面での「好き嫌い」の問題ではなく、
極めて理性的な営みなのだ。

交流を深めれば友好がはぐくまれ、
それが平和に結びつくとのイメージは
必ずしも実態にそぐわない。
私たちはその事実を直視しつつ、
交流・友好・平和を深めてゆくべきだ。

〔注1〕外国人「実習生」が労働組合に加入したところ、
送り出し機関が母国の政府とつながっており、
母国の家族に圧力がかかったその組合員は
労働組合を辞めざるをえなかった件など。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-11-07 18:06 | 国際