改憲、社民党での論議を歓迎

――「護憲」か「憲法改悪反対」か――

■党首候補、進歩的な憲法改正論議を提起
先日の社民党党首選挙に立候補者した
同党豊島区議の石川大我氏が、
「僕は必ずしも憲法改正に反対ではない。
 同性婚の容認や環境権など
 新しい権利を加える改正論議なら賛成だ」と述べ、
憲法改正についての議論を提起した。

■同性婚を禁止する現行憲法の差別性
石川氏は
日本で初めて同性愛者であることを公言した上で
当選を果たした地方議員だ〔注1〕。
豊島区議になる前から
『ボクの彼氏はどこにいる』という本を出版するなど
同性愛者解放運動に積極的にたずさわってきた。
だが現行の日本国憲法はその第24条で、
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し……」と定め、
同性同士の結婚を禁じている。
護憲論者の多い社民党の党首選挙の中で、
石川氏が勇気を持って
あえて改憲に踏み込む発言を行なったのは
決して軽はずみな思い付きなどではない。
自らの性的指向のゆえに
現行憲法の排他的側面と向き合わざるをえなかった
石川氏自身の切実な実感が
その背景にあったのだと思われる。
現行憲法は完全無欠の「理想の憲法」では決してない。

同性愛者の存在を無視・排除して
婚姻を
異性間の(「両性の合意……に基」く)もの のみに限定し、
同性愛者には愛する人との結婚を許さない
現行憲法24条の規定は
客観的に考えれば極めて差別的なものである。
私も社民党の党員であるが、
社民党がよって立つ、
個人の尊厳を最大限に尊重する
社会民主主義の理念に照らせば本来、
こうした理不尽で一方的な条文については
少数者の立場を考慮したものに変えていこうと
声を挙げるのが筋というものだと考える。

〔注1〕先に同性愛者であることを公言した
地方議員としては
元堺市議の尾辻かな子氏がいた。
だが、
尾辻氏が自らの性的指向を公言したのは
市議に当選した後のことである。

■社民党の党是は「護憲」ではない
石川氏の発言に党内では、
「『護憲の党』である社民党の議員でありながら
 改憲を唱えるのはいかがなものか」と
首をかしげる向きもあった。
だが
社民党の綱領である『社会民主党宣言』には、
「憲法の理念」の「実現」や
「憲法の前文と9条を指針にした平和外交」という
文言はあるが
「護憲」という文言はない。
「護憲」は社民党の綱領的な党是ではないのだ。
社民党員は、
法の下の平等や基本的人権の尊重といった
現行憲法の基本理念を
より発展させる方向の憲法構想については
自由に論じ合えるのである。
社民党が立脚すべき党是は「護憲」ではなく、
不断の進歩と改革を旨とする
国際的な「社会民主主義」の理念である。
67年前の時代的制約の中で生まれた
現行憲法の全条文を一字一句固守し、
現行憲法を理想化して崇め奉る立場であってはならない。
そうした保守的な態度は
真の社民主義の進歩的精神に反する。
歴史の進歩と発展を信じる社会民主主義者こそが、
現行憲法体制のその先にある未来を
もっと語っていくべきだ。

■革新陣営こそ天皇制・同性婚禁止条項の見直し提起を
党首選で石川氏を破った吉田忠智氏は
石川氏との間に
「対立する争点があるわけではない」と言っていた
(朝日新聞10月10日)。
だが党首選の公約で社民党を
「護憲……勢力」と位置づけた吉田氏と
石川氏との間には
憲法観に違いがある(社会新報10月9日)。
家柄によって人を規定してしまう天皇制や
同性婚禁止条項も含む
現行憲法の全条文をどこまでも護る「護憲」か、
変えるべき点は変えろと言いつつ
護るべき点は護る「憲法改悪反対」か。
国権主義的改憲勢力の台頭を前に、
社会の進歩を担う革新陣営の側もまた
真剣に議論するべきだ。

【関連記事】
2人の「左翼」が僕を改憲論者に転向させた
憲法改正で皇室制度を廃止しよう
左からの改憲提言はタブーか
「守る」運動から「変える」運動へ
「改憲派」社民党員の提言


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-10-11 17:48 | 政治