NHK、夫婦別姓の 世論調査の 選択肢が おかしい

――つりいが ()れぬ (かた)では 民意みんい)(はか)れぬ――

わが もとくに日本にほん公共放送局こうきょうほうそうきょくである
日本放送協会にほんほうそうきょうかいNHKエヌエイチケイ)は、
あきふかまり さむさに かう
11月じゅういちがつ21日はつかあまりひとひ()から
3日みっかを かけて、
おっとつまとの うじことなったままでも
夫婦めおとに なりうるという
夫婦別姓選択制度ふうふべっせいせんたくせいどについて、
人人ひとびとが どう かんがえているのかを 調(しら)べる
世論調査(よろんちょうさ)おこなった↓。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151207/k10010332071000.html

けれども、
この 世論調査(よろんちょうさ)において 日本放送協会(にほんほうそうきょうかい)は、
どちらも ともちうる
2つの かんがえを げておきながら、
われた ひとに、
その どちらか 1つだけを えらべと いる、
愚怪おかしな たずかたを していたのである。
よって、
この 世論調査よろんちょうさに よって みちびされた こたえは、
なか人人ひとびとかんがえを
ただしく うつしたものには なっていない おそれが ある。

そもそも この 世論調査よろんちょうさは、
わが もとくに最高裁判所さいこうさいばんしょ来週らいしゅうに、
つまかならおっとおなうじ(=名字みょうじ)を
名乗なのらなければならないとしている
いま民法みんぽうにおける くにまりが
たして ただしいのか いなかについての さばきを
わたすことを けて
おこなわれたものである。
よって、
いま まさに 人人ひとびとうべき 事柄ことがらは、
いまくにまりのまま、
これからも 「おっとつまとは かならおなうじ
名乗なのらなければならない」と し つづけけるのか、
それとも これからは、
おっとつまとが それぞれ おやから いだ
 うじの ままにて 夫婦めおととなっても
 かまわない」と するのかということで
あるはずである。
にも かかわらず 日本放送協会にほんほうそうきょうかいは ただ、
夫婦ふうふおな名字みょうじ名乗なのるべきだ」と
おな名字みょうじべつ名字みょうじえらべるようにするべきだ」との
2つの 選択肢せんたくしだけを しめしたうえで、
その どちらかを えらべと、
われた ひとたちに せまったのである。
そして、
夫婦ふうふおな名字みょうじ名乗なのるべきだ」の がわを 選んだ 人が
5割ごわり(50パーセント)、
おな名字みょうじべつ名字みょうじえらべるように
 するべきだ」の がわえらんだ 人が
4割6分よんわりろくぶ(46パーセント)であったと
電視でんし(テレビジョン:=テレビ)放送ほうそう
網際網絡もうさいもうらく(インターネット)に よって
ひろ人人ひとびとらせたのである。

あとに げられた、
おな名字みょうじべつ名字みょうじえらべるように
 するべきだ」の がわこれ
くにまりの しについての かんがかたである。
けれども、
さきげられた、
夫婦ふうふおな名字みょうじ名乗なのるべきだ」の がわは、
くにまりの しについてだけではなく、
そのひと そのひと結婚けっこん家族かぞくについての
個人的こじんてき見方みかたとも とらえられうる。
つまり、
「(個人的こじんてきには) 夫婦ふうふおな名字みょうじ名乗なのるべきだと
 おもうけれども、
 (法律的ほうりつてきには) おな名字みょうじべつ名字みょうじ
 えらべるように するべきだ」という 立場たちば
おおいに ありうるはずなのに、
そうしたことは まったくもって 
かんがえに れられていない
かたよった かた
なってしまっているのである。
そもそも、
「べき」という言端ことばこれ
「する ほうが よろしい (よろしく ~するべき)」 および、
「するのが 適切てきせつである (まさに ~するべき)」 および、
かなら
 しなければらない (すべからく ~するべき)」の
3つの むね (=意味いみ)を しめ言端ことばである。
よって、
夫婦ふうふおな名字みょうじ名乗なのるべきだ」と
こたえた ひとなかには、
夫婦ふうふおな名字みょうじ名乗なのほうが よい。
 (けれども べつ名字みょうじ名乗なの夫婦ふうふが あっても
  かまわない)」というひとや、
夫婦ふうふおな名字みょうじ名乗なのるのが 適当てきとうである。
 (けれども べつ名字みょうじ名乗なの夫婦ふうふが あっても
  仕方しかたい)」というひと
いたはずなのである。
にもかかわらず、
日本放送協会の調べ方では、
そうした 人人ひとびと をも 含めて べて
「夫婦は同じ名字を名乗るべきだ」派に
まとめて 入れられてしまいかねない。
そしてそれを、
「同じ名字か別の名字か選べるようにするべきだ」派と
互いに 比べ合うかの 形で 並べてしまうと、
「夫婦は同じ名字を名乗るべきだ」と答えた
5割の人びとが べて、
あたかも さながら 夫婦別姓選択制度に
反対しているかのごとく 思われてしまう。

日本放送協会においては どうか、
これからの 世論調査においては
片側の 選択肢が
もう 片側の 選択肢の 考えを 持つ人の 一部をも
含みうるといった かたちの、
片側に 偏った 答えが 出やすくなる
つり合いの 取れない世論調査は
これを ゆめゆめ 行なわなくしてほしいと
強く 願うものである。
2つの 選択肢の うちの 
どちらかを 選ばせようとするときには どうか、
その 2つの 選択肢が
必ず キッパリと 分かたれる かたちの 問い方をして、
世論を 正しく 計ってほしいと
望んでやまない。



..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2015-12-08 19:32