障害者施設襲撃:偏見に 基づく 差別虐殺を 糾弾する

――もと 施設労働者しせつろうどうしゃ犯行はんこうみみうたがう――

障害者しょうがいしゃインター日本にほん、「つよいかり」と 抗議声明こうぎせいめい

26日にじゅうろくにちの、
けきらぬ うしどきに、
神奈川県かながわけん 相模原市さがみはらし県立知的障害者施設けんりつちてきしょうがいしゃしせつ
津久井つくいやまゆりえん」が
刃物はものった おとこおそわれた。
ここにおいて、
その おとこによって
19人じゅうくにんとお あまり ここのたりの 人人ひとびと)が
ころされた。
さらに そのうえ、
26人にじゅうろくにん(はたち あまり ゆたりの 人人ひとびと)が
おとこ手傷てきずわされたのだ。
日本にっぽんもと大和やまとくに)の 全国ぜんこく日刊にっかん新聞しんぶんである
毎日新聞まいにちしんぶんわく、
被害者(ひがいしゃ)重度(じゅうど)障害(しょうがい)(かか)
 介護(かいご)必要(ひつよう)(ひと)たちだ。
 夜間(やかん)でもあり
 無防備(むぼうび)無抵抗(むていこう)だっただろう。
 あまりに残忍(ざんにん)冷酷(れいこく)というほかない」と しかじか
っている(毎日新聞まいにちしんぶん7月しちがつ27日にじゅうしちにち)。

くわえて、
施設しせつおそった この おとこ
県立けんりつ・「津久井つくいやまゆりえん」の もと 職員しょくいんであった。
そして、
この おとこ警察けいさつ調しらべに こたえて わく、
障害者(しょうがいしゃ)なんていなくなればいい」うんぬんと
はなしているというのである。

ところで、
おとこ今年ことしふゆ
2月にがつ 15日じゅうごにち2月にがつ十日とおか あまり 五日いつか)に
衆議院しゅうぎいん議長ぎちょういえたずねていた。
その ときおとこは、
土下座どげざたのんだうえで
衆議院しゅうぎいん議長ぎちょうてた 手紙てがみわたしていたのだ。
そして、
その 手紙てがみには わく、
(わたし)目標(もくひょう)は……
 重度障害(じゅうどしょうがい)(かた)
 家庭内(かていない)での生活(せいかつ)(およ)社会的活動(しゃかいてきかつどう)
 (きわ)めて困難(こんなん)場合(ばあい)
 保護者(ほごしゃ)同意(どうい)(え)安楽死(あんらくし)できる世界(せかい)です」と
しかじか かれていたのである
朝日新聞あさひしんぶん7月しちがつ27日にじゅうしちにち)。

それにしても、
障害者本人しょうがいしゃほんにんではなく、
保護者ほごしゃなど
まわりの ひと都合つごうでもって
障害者しょうがいしゃ勝手かってころしても よいなどという かんがかたは、
きわめて おそろしいものである。
そもそも、
障害しょうがいものも また 健常者けんじょうしゃおなじく、
ほかの だれでもない、
ただ 一人ひとりだけの ひととして
なかる。
しかるに、
この おとこかんがえは、
その ことを あまりにも かろんじた、
はなはだ あさはかなものである。
そして なにより、
そうした かんがえが、
だれよりも 障害者しょうがいしゃ身近みぢかってきたはずの
知的障害者施設ちてきしょうがいしゃしせつもと 職員しょくいんから
した ことには
おどろきを おぼえる。
こうした かんがえの ぬし
障害者しょうがいしゃ介護かいごに あたっていたのかと おもうと、
背筋せすじさむくなるばかりだ。

くに地方自治体ちほうじちたいは、
こうした いたましい 出来事できごとふたたこるのを
ふせいでいかなければならない。
およそ
たか人権意識じんけんいしきもとめられる、
障害者施設しょうがいしゃしせつにおいて つとめる ものについては まさに、
かなら定期的ていきてき
人権研修じんけんけんしゅうけさせるべきだ。
ゆえくに地方自治体ちほうじちたいは、
障害者施設しょうがいしゃしせつ職員しょくいんへの
人権研修じんけんけんしゅう受講義務化じゅこうぎむか
すべからく みきるべきである。

おとこは、
みずからの ゆがんだ おもいの ままに、
障害者しょうがいしゃいのちしいままに あそんだ。
こうした 身勝手みがってな ふるまいを、
わたしは ゆめゆめ みとめない。
このたびくだんの 出来事できごとは、
障害者しょうがいしゃへの ゆがんだ 見方みかたもとづいた
おそるべき 憎悪犯罪ぞうおはんざいほかならない。

障害者しょうがいしゃインターナショナル(DPI)日本会議にほんかいぎ
27日にじゅうしちにちに、
相模原市障害者殺傷事件(さがみはらししょうがいしゃさっしょうじけん)(たい)する抗議声明(こうぎせいめい)」を
おおやけにした。
この なかで DPI日本会議にほんかいぎ
このたびくだんの 出来事できごとについて わく、
障害者(しょうがいしゃ)を『あってはならない存在(そんざい)』とする
 優生思想(ゆうせいしそう)(もと)づく行為(こうい)(ほか)ならず、
 (わたし)たちDPI日本会議(にほんかいぎ)
 ここに(つよ)(いか)りと(ふか)(かな)しみを(こ)めて
 断固(だんこ)として
 優生思想(ゆうせいしそう)(たたか)っていくことを
 (あらた)めて(ちか)う」と しかじか べている。

わたしも また、
精神障害せいしんしょうがいわずら障害者しょうがいしゃである。
そうした 立場たちばにある ものとして わたしも また、
津久井つくいやまゆりえん」の 人人ひとびとうでって

このたびくだんの 出来事できごと糺弾きゅうだんする(ただす)。
そして、
おとこに むごたらしくも ころされた 障害者しょうがいしゃたちに
おもいを はせ、
のこされた 遺族いぞく施設しせつはたら人人ひとびと
こころから おやみを もうしあげる。
また
おとこによって
手傷てきずわされた 人人ひとびとについては、
一日いちにちはやく その きずが いえることを
のぞむばかりだ。

..... Ads by Excite 広告 .....

[PR]
by imadegawatuusin | 2016-07-28 16:03 | 差別問題