インド:ムンバイで無差別テロ

――不特定民衆を標的とした無差別テロを糾弾する――

■ラッシュ時狙う卑劣な犯行
インドの都市ムンバイで11日、
夕方の帰宅ラッシュ時に列車と駅の鉄道施設8ヶ所で
連続爆破事件が起きた。
報道によると180人以上が死亡し、
700人以上の負傷者が出ているとのことだ。

今回の列車・駅連続爆破事件は、
不特定民衆を標的とした完全な無差別テロである。
僕は、このような卑劣な犯罪を断じて容認することはできない。

■民衆を敵に回す勢力は敗北する
この犯行がいかなる勢力によって
いかなる目的で行なわれたのであれ、
無差別テロは民衆解放の闘争手段とは
断じて異なるものである。
社会の変革は、
決して一握りの少数者の秘密行動によってではなく、
広く大衆の力を結集することによってのみ成功する。

民衆を敵に回した勢力は
必ず敗北するだろうと僕は断言してもいい。
民衆に依拠し、
民衆と共に歩む社会変革を目指す僕たち左派は、
不特定民衆を標的にした無差別テロを
強く糾弾しなければならない。
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-07-14 16:51 | 国際