共産党 宮本元議長死去:安易に「冥福」を祈るな

――思考停止の「ご冥福をお祈りする」――

■「不屈の唯物論者」の死
日本共産党の宮本顕治元議長が亡くなった。
98歳。
工場に向かうバスの中で、
ラジオのニュースでその死を知った。
「約半世紀にわたり日本共産党の指導的地位にあった
 宮本顕治氏が……」とラジオから流れる放送を聞き、
(良くも悪くも)そのすごさを改めて実感する。

戦前日本共産党の最後の中央委員、
獄中非転向12年、
そして、戦後第六回全国協議会から90年代の引退まで、
一貫して党の最高指導者の地位にあった。
「ついにこの時がきたんだなぁ」と感慨深いものがある。

これを受けて
今朝の「朝日新聞」の政治面には、
「与野党から悼む声」というコーナーが設けられ、
各党代表らのコメントが掲載されていた。
ただ、読んでいてどうしても違和感がぬぐえないのが、
ほとんど決まり文句的に多用されている
「ご冥福(=冥界での幸福)をお祈りいたします」というフレーズだ。
これは、
死者の魂や天国の存在を断じて信じることのない
「不屈の唯物論者」であった故人に対し、
かえって失礼な物言いではないだろうか。

ざっと抜粋してみると……

安倍首相
故人のご冥福をお祈りいたします

自民党 丹羽総務会長
「自ら信じる道を歩んでこられた方で、
 主義主張は異なるが、
 その一貫した考えを持ち続け、
 生涯を終えたことに心から敬意を表し、
 ご冥福をお祈りしたい

自民党 中川幹事長
謹んでご冥福をお祈りしたい

民主党 小沢代表
「立場や考え方もまったく違うが、
 ご冥福をお祈りしたい

国民新党 綿貫代表
心からご冥福をお祈り申し上げます

公明党 太田代表
「激動の時代を生きてこられた方ですが、
 心からご冥福をお祈りしたい


コメントを求められたどの政治家も、
異口同音に「ご冥福をお祈りする」と回答する。
まるでテープレコーダーのようである。
これはほとんど条件反射の世界であって、
個性も思想信条も
何もあったものでない。
死んだ本人が冥界の存在など信じていなかったというのに、
その人が死んだとたんに「ご冥福」「ご冥福」と言われたのでは、
ほとんど嫌がらせのようにすら思えてくる。

■ただ一人異彩を放つ福島氏のコメント
その中で、ただ一人、
「心からお悔やみを申し上げます」とのみ述べ、
宮本元議長の「ご冥福」を祈らなかった政党代表がいる。
社民党福島みずほ党首である。
短いコメントであったが、
あくまで「ご冥福」を祈らない福島党首の姿勢は、
並み居る政治家の中でひときわ異彩を放っている。
(他の新聞を見ても、
 多くの政治家が「ご冥福をお祈り」する中、
 福島党首だけは「お悔やみを申し上げます」として、
 「冥福」を祈らない姿勢を鮮明にしている)。

僕も、
死後の魂も天国の存在も信じない唯物論者として、
故人の冥福(=冥界での幸福)は祈らない。
ただ、お悔やみを申し上げるだけである。
これは別に、
僕が特別 冷たい人間であるからではない。
信じてもいないものを祈ることはできない、という
ごくごく当たり前の話をしているだけだ。
僕が死んだときにも、
できれば「冥福」は祈ってもらいたくないと思っている。

人が死んだとき、
とりあえず「ご冥福をお祈りいたします」と、
意味も考えずに言っておけばいいと考えるのは
単なる思考停止である。
世の中には、
死後の魂とか死後の世界といったものを
信じない、信じられない人もいる〔注1〕。
そのことを一人でも多くの人に、
頭の片隅にでも置いておいてもらいたい。

〔注1〕他にも、
極楽往生の可否は
阿弥陀さまの一存によってのみ決まることであるので
他の人間が「祈」っても意味がないとし、
凡夫にできることはあくまで極楽往生を「願う」ことだけであるとする
一部の浄土真宗信者など、
死後の世界の存在を信じる宗教人であっても
「ご冥福」を祈らない人は存在する。
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-19 07:29 | 政治