「ほっ」と。キャンペーン

アースデイ名古屋2017なごやにせんじゅうなな顔見世会かおみせかい(全体会ぜんたいかい)
――アースデイは 名古屋なごや一番いちばん 面白おもしろい――

日時にちじ:2017年1月21日にせんじゅうななねんいちがつにじゅういちにち()午後3時ごごさんじ午後5時頃ごごごじごろ
場所ばしょ:コミュニティセンターriseライズ
(名古屋市なごやし 中区なかく さかえ 四丁目よんちょうめ 18番じゅうはちばん 16号じゅうろくごう NEWSニューズビル 3階さんがい)



4月22日しがつにじゅうににち地球ちきゅうです。」
そんな 主題しゅだいかかげて はじまった
愛知あいち名古屋なごやの アースデイ祝賀行事しゅくがぎょうじ今年ことしも また、
4月22日しがつにじゅうににち
名古屋市なごやしさかえの もちの木広場きひろばにおいて ひらかれます。

2004年にせんよねんから これまで ずっと、
かんがかた潮流ちょうりゅうちがいを かかえながらも
様様さまざまかたち継続的けいぞくてきもよおされ、
「アースデイは 名古屋なごや一番いちばん 面白おもしろい」と
一部いちぶで?) りざたされてきた
愛知あいち名古屋なごやの アースデイの 理念りねん伝統でんとうとを
ここで やすわけにはいきません。

4月22日しがつにじゅうににち地球ちきゅうです。
2009年にせんきゅうねん国連総会こくれんそうかいでは
4月22日しがつにじゅうににちを 「国際こくさいマザーアース・デー」とすることが
採択さいたくされ、
2010年にせんじゅうねんからは 国連こくれん国際こくさいデーとされている
世界的せかいてき記念日きねんびです。

そんな アースデイの 祝賀行事しゅくがぎょうじ
愛知あいち名古屋なごやおこなう 仲間なかまたちの
顔見世会かおみせかい(全体会ぜんたいかい)が、
1月21日いちがつにじゅういちにち午後3時ごごさんじから、
名古屋市なごやし 中区なかく さかえ 四丁目よんちょうめ 18番じゅうはちばん 16号じゅうろくごう
NEWSニューズビルの 3階さんがい
「コミュニティセンターriseライズ」において おこなわれます。
多様たよう』な 人人ひとびとが 『多様たよう』な ままで、
けれど ほんの すこしだけ、
たがいに おもいを って、
地球環境ちきゅうかんきょうについて ともかんがえる アースデイ。
そんな 素敵すてき愛知あいち名古屋なごやの アースデイを、
今年ことし
一緒いっしょつくっていこうという ひと(スタッフ希望者きぼうしゃ)は、
どうか ふるって おあつまりください! 

アースデイあいち2010にせんじゅうLOVE&ラブアンドビンボー春祭はるまつり 
2010年度にせんじゅうねんど実行委員長じっこういいんちょう酒井さかい=とおる


【関連記事】

メーデー&アースデイ!? 4月25日名古屋で集会

4月25日、「LOVE&ビンボー春祭り」開催

【愛知】「メーデー&アースデイ」、4/24今年も開催


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2017-01-18 01:44 | 環境

敦賀原発、即時廃炉を

(2013年2月10日掲載)

国の原子力規制委員会の評価会合が
福井県の敦賀原子力発電所について、
原子炉建屋直下の断層を
活断層の可能性が高いと判断した。
調査にあたった専門家の全員一致の見解だという
(朝日新聞12月11日)。

敦賀原発についてはすでに、
活断層である浦底断層が
敷地内を通っていることが分かっている。
原発建設の決定の過程でこうした事実が見落とされ、
活断層が走る危険な土地に
原発が建てられたこと自体が大問題だ。
建設決定に至る経緯を
深い反省の上に立って検証する必要があるだろう。

国の指針では
活断層の真上に原子炉建屋を建てることは
認められていない。
だが、
すでに完成してしまった原発で
活断層が見つかったときに
廃炉を強制する法令はないという。
これは明らかに法の不備だ。
あるべき法令がない状態で
原発行政が行なわれているのだ。

原発直下で地震が起きれば
大事故につながる可能性は高い。
福島のように広大な土地が汚染され、
故郷を奪われる人々が出る。
今度はもう、
「想定外」という言い訳は通用しない。

万に一つも原発事故があってはならない。
敦賀原発はただちに廃炉にするべきだ。
活断層の存在が見過ごされてきた事実がある以上、
現在停止中の他の原発についても
断層調査を徹底的に行ない直すべきである。
安易な再稼働は許されない。

[PR]
by imadegawatuusin | 2012-12-11 20:33 | 環境

――野田総理は再稼働を認めるな!――

■ひとたび事故起これば取り返しの付かない惨事に

運転停止中の大飯原発3・4号機の再稼動について、
野田総理は5月30日に、
「私の責任で判断する」と表明した。
私は野田総理に対し、
大飯原発3・4号機の再稼動を認めないよう強く求める。

東日本大震災でも明らかとなったように、
原発はひとたび事故が起これば
取り返しのつかない事態を招いてしまう。
そして、
再び原子力発電所で事故を起こさないように
今年4月にも設置されるはずだった「原子力規制庁」は
いまだに設置されていないのである。
大飯原発再稼動の是非の基準となる
「安全基準」を作ったのはこの原子力規制庁ではない。
この「安全基準」は閣僚会議で決めた
「暫定的なもの」に過ぎないというのだから
あきれる(朝日新聞5月31日)。

■まだ原子力規制庁もできていないのに

少なくとも原子力発電所の再稼動の是非を
検討するにあたっては、
最低限、
政治的な圧力から独立した
中立的な原子力規制庁の設置を待ち、
東日本大震災以降の新しい知見を踏まえた
厳しい安全基準を策定した上でのことであるべきだ。
また、
電力需要の逼迫を再稼働の理由とするのであれば、
稼働期間も夏のピーク時など必要最小限に抑えるのが
論理的帰結となるはずである。

■脱原発への期間を区切った工程表を!

そもそも、
今後わが国が
いかに原発から脱却していくかという道筋も
明らかにされていない中で原発再稼動を強行すれば、
原発依存の状況をなし崩し的に
国民に追認させようとしているのではないかと
疑わざるをえない。
原発の稼動・非稼動は、
まずはいつまでにどういった形で
原発依存から脱却するかという
明確な工程表を示した上で、
完全な脱原発依存までの間、
既存の原発をその大きな枠組みの中で
どう位置づけるのかを明らかにするのが
議論の筋道ではないだろうか。

どの原発をいつまで稼動させ、
いつまでに脱原発を実現するのか、
その筋道が見えない中での原発再稼動には
私は断固として反対する。

[PR]
by imadegawatuusin | 2012-06-04 17:52 | 環境

――講師はチェルノブイリ救援中部・河田昌東氏――

■午後1時30分から名古屋市女性会館で■
率直に言って私は、
原発問題について
これまで特段の発言をしてこなかった。
と言うより、
「特段の意見がなかった」と言った方が
実態に近い。

原発について
「賛成ですか? 反対ですか?」と言われれば、
所属政党の社会民主党が「脱原発」を掲げているため、
「あえて言うなら反対」と言ってきたが、
「理由は?」と言われると答えられない、という
情けないありさまであった。
(「いやー、うちの党が反対してますんで」などというのは
 到底「理由」とは言えないだろう)。

その根底には私の中で、
「地震で潰れるような原発なら、
 誰もこの国で建設を推進するはずがない」という
大前提があったのだ。

だから、
3月11日の東日本大震災と、
その後の福島第一原子力発電所の事故は
ある種の「カルチャーショック」であった。
長年反原発運動をしてきた人に言わせると
笑われるような感想かも知れないが、
「原発って、
 地震や津波で壊れるんだ」ということに
ものすごく素朴な驚きを覚えたのだ。

福島第一原子力発電所では、
地震と津波の直撃の結果、
6機ある原発のうち
1号機から4号機が制御不能となった。

これがまだ、
6機あるうちの1機が潰れたということであれば、
これほどのショックは受けなかったと思う。
「普通に点検やメンテナンスをしていれば壊れない」
ということを前提に、
「まったく東京電力は……。
 ちゃんとメンテナンスを徹底して
 安全性を確保しろよな」と思って
それで終わりであったのではないか。

けれど現実には地震がくると、
6機ある原発のうちの4機が
制御不能になったのだ。
つまり、
原子力発電所というものは、
「地震や津波があれば
 壊れてしまうものなのではないか」と
思いはじめたのである。

そして、
地震大国であるこの日本に
50機以上の原発があるということが
初めて恐ろしく感じられた。
これが現時点での
原発に関する率直な心境である。

名古屋ふれあいユニオンではこのたび、
広く市民にも参加を呼びかけて
「原発を考える公開学習会」を開催することとなった。
「チェルノブイリ救援・中部」で
原発事故被災者の支援に長年取り組んできた
河田昌東さん(四日市大学講師)を講師として招き、
「福島第一原発事故は何をもたらしているか
 ~フクシマから私たちが学ぶべきこと~」と題して
7月30日(土)午後1時30分から4時50分までの
予定である。

ぜひ、
多くの方々の参加を呼びかけ、
これを機会に原発問題を
共に学んでいきたいと思う。



名古屋ふれあいユニオン公開学習会のお知らせ

福島第一原発事故は何をもたらしているか(仮)
~フクシマから私たちが学ぶべきこと~


日時:2011年7月30日(土) 13:30~
場所:名古屋市女性会館 (地下鉄東別院駅から東へ徒歩5分)
講師:河田昌東さん(四日市大学講師・チェルノブイリ救援中部)
   森みゆき名古屋ふれあいユニオン委員長(現地報告)
資料代:300円(資料代として余剰金が出た場合は全額、
        チェルノブイリ救援中部にカンパします)

[PR]
by imadegawatuusin | 2011-06-12 19:44 | 環境