「ほっ」と。キャンペーン

『トロツキー研究』(No.35)という雑誌を買ってきた。
副題は「トロツキーと日本」である。
実は、
『虹色のトロツキー』という漫画
(関東軍の石原莞爾が、
 ソ連の独裁者・スターリンに対立しているトロツキーと
 手を結ぼうとして何とか接触を試みようとする話)に
はまってしまい、
トロツキーが日本と手を組むという発想が
どのくらい現実性があるものだったのかを
調べてみようと思ったからだ。
それと、
全共闘運動などの
新左翼運動に興味を持っている人間のくせに
ろくにトロツキーのことを知らないのも
何とかしなければと思っていたので、
これを機会にトロツキーの論文もきちんと読んで
勉強しておこうと思ったのだ。

この本の表紙を見てまずびっくりしてしまった。
そこには一枚の写真が掲載されている。
内藤民治という日本人が、
トロツキーとスターリンとの3人で
仲良く並んで写っている。
トロツキーというのは、
「スターリンに対する最も非和解的な敵対者」
だったはずではなかったのか。
どうしてこんなに微笑みながら
スターリンと1枚の写真に写っているのか。
そもそもこの内藤民治というのは何者なのか。

このことについては、
この雑誌に掲載されている
「トロツキーと会った日本人」という論文の中で
紹介されている。
内藤民治は日本のジャーナリストで、
日ソ間の通商関係の発展に貢献した人物だという。
そして後に、
幻の「トロツキー日本亡命計画」の立案者ともなる。
彼は戦後の回顧録
(「忘れられた人物―内藤民治回顧録(上)・(下)」『論争』1962年12月号・1963年1月号)
のなかで、
トロツキーとの出会いについて次のように語っている。

彼(酒井注:=トロツキー)とわたしが
本当に心から打ち融けるようになったのは、
レストラン・イルミタージュ(?)での会食からです。
彼はタバコも酒も飲まず、
思想問題を論じているうちに、
わたしは、こんなことをいったのです。

“思想というものは、
 水の如く光の如く、空気の如きもので
 円融無碍、停滞することのないもの……”

これがいささか彼に感銘を与えたらしく、
それから共産主義のセクショナリズム論争の花が咲いて、
前のような論旨で、
共産主義必ずしも最高の理想とは思わないと
主張したわけです。
この会食ですっかり仲良くなりました。


「共産主義必ずしも最高の理想とは思わないと
 主張」してトロツキーと「仲良くな」ったと彼は言うのだ。
もし本当だとすれば、
トロツキーは僕が思ってきたよりも
度量の深い人物なのかもしれないと思った。

そして、例の写真の話が出てくる。

わたしが行くと、
(酒井注:トロツキーは)いつも先客に優先して
会ってくれました。
何回目かのときに、
偶然スターリンがやってきました。
その同じ部屋で二人の用談が終ってから、
わたしどもはセン・片山を加えて
四人で記念写真をとりました。
写真屋を呼んで取ってもらったのです。
スターリンはまだ独裁者にはならず、
二人は不仲ではなかったように見受けられましたが、
後に何かでわたしは、
このときのスターリンのトロツキー訪問は、
始めの終わりで、ただ一回だけだったと知りました。


なるほど。
それでスターリンとトロツキーとが
一緒に写っていたわけだ。
でもこの文章では
片山潜も一緒に写ったことになっているが、
この写真には写っていない。
どういうことなのだろう。

それはともかく、
「始めの終わりで、ただ一回」という
スターリンのトロツキー訪問に
日本人が立ち会っていたことは間違いない。
これはすごいことではないだろうか! 
「トロツキーと会った日本人」著者の西島栄さんも
次のように言っている。

トロツキーとスターリンが集団の一部としてではなく、
仲よく二人並んでカメラ目線で写っている写真は、
おそらく、世界でこれただ一枚だろう。
世界のどんな研究所、アルヒーフにも、
これほど二人が仲よく並んで写っている写真はあるまい。
その中に、
日本人、内藤民治がいっしょに写っているのだから、
この写真はなおさら貴重である。
ぜひとも、
各国の『トロツキー写真集』に入れるべきだろう。


さて、
この内藤民治という人は
かなりミーハーな性質らしい。
彼は
トロツキーと一緒に写真を撮ってもらっただけにとどまらず、
トロツキーから直筆サイン入りのブロマイドまでもらって
大喜びするのである。

わたしは今でも、
彼の人間としての持ち味を忘れることができません。
このレーニンと並んでの十月革命の大立者が、
わたしの希望によって、
自分の写真にサインをしたとき、
何と、日本文字(漢字)で、
“日本の国友レオ・トロツキー”と
ハッキリ書くではありませんか。
わたしだけでなく、
その場に居合わせた片山もおどろいていました


内藤はこれがよほどうれしかったらしく、
多分いろんな人に吹聴したのだろう。
戦前の日本共産党最高指導者・佐野学も、
著書の中で次のように書いているという。

ある日、内藤氏は、
昨夜トロッキイに会ったが
彼は片仮名で「ニホンノトモ、トロッキイ」と書いてみせたと云って
感服していた(『スターリン主義と流血粛清』)


どうやら実は、
日本語でサインするというのはトロツキーの持ちネタであったらしく、
佐野学と共に転向した
戦前日本共産党のもう一人の最高指導者・鍋山貞親も
同じような体験をしたそうだ。
鍋山がコミンテルン第六回拡大執行委員会
(西島さんによると「第七回拡大執行委員会の間違いである」とのことだが)
に出席し、
主流派(スターリン派)と反対派(トロツキー派)の大論争を
目の当たりにしたときのことである。

休憩のとき、
廊下に出たら、
ばったりトロツキーに出会った。
初対面なのに、
彼は、ニコニコしながら、
中国の同士かネと呼びかけてくる。
いや、日本人だといったら、
いきなり私の腕をかかえ、
喫煙室に行って、
隅のソファに、わたしを座らせた。
そして、
ロシア語はわかるか、英語はどうだと、
早口に、また人なつかしげに問いかけるのである。
私は、ただ首を振って、
英語をほんのすこし、
ロシア語を二言三言と答えるよりほかなかった。
彼は、
それじゃあしょうがないという面持ちをしながら、
手帳をひろげ、
その空白に、まずい日本字で
『日本ノ友』と書いて見せるのである。

どこで、誰に教えてもらったのか知らぬが、
器用な人である。
(鍋島貞親「非合法下の共産党中央委員会」『文芸春秋・特集』1956年12月号)


「トロツキー」というと、
「良い意味でも悪い意味でも厳しい人」だという印象を抱いていたが、
案外茶目っ気のあるおじさんだったのかもしれない。

さて冒頭で触れた、
スターリンに対立したトロツキーが
「反スターリン」で日本と手を結ぶという可能性についてだが、
はっきり言ってこれはゼロだ。
これを機会にトロツキズムについても多少勉強したのだが、
トロツキーは
「労働者国家無条件擁護」という理論を唱えていたようなのだ。
これは、
『たとえスターリン方の社会主義国であっても、
 それが社会主義国である以上は、
 ファシズムの侵略に対しては
 断固としてこれを擁護する』というような考え方らしい。
日本とソ連との関係についてもトロツキーは、
『東京日日新聞』と『大阪毎日新聞』とを代表する
南条記者の質問に対して
次のように答えている。
(ちなみに、この両新聞は後に合併して今の『毎日新聞』になる)。

日本と中国との闘争において、
私は前面かつ完全に中国の側に立っています。
スターリン体制に対する私の非和解的対立にもかかわらず、
ソ連と日本とが衝突した場合には、
私はソ連が進歩を代表し、
日本が反動を代表するものであると考えています。


またトロツキーは、
「大東亜共栄圏」や「八紘一宇」といった思想に対しても、
心情的には一定の理解を示しながらも
次のようにたしなめている。

日本の若者が東方の非抑圧民族に同情しているということ、
このことは完全に理解できるし、
自然なことであり、喜ばしいことです。
しかし、
この同情が無定形で、無規定で、
センチメンタルなままであるならば、
それは、
抑圧された植民地人民にとって
ほとんど利益とならないでしょう。
それどころか、
ある条件においては、
日本の帝国主義者たちを
無意識的に助けることになるかもしれません。
一見したところ、
こういうことはありそうにもないように見えます。
しかしながら、そうなのです。
……(中略)……日本帝国主義のお気にいりは
「アジア人のためのアジア」という定式です。
しかし、
日本帝国主義はこの定式を、
アジアの各民族が独立する権利を有しているという意味にではなく、
アジアの勤労大衆を搾取する権利を有しているのは
アジアのブルジョアジーだけであり、
その中でも、
最も豊かで強力な
日本のブルジョアジーだけであるという意味に
理解しています。
……(中略)……外見上解放的なスローガンである
「アジア人のためのアジア」は、
「アメリカ人のためのアメリカ」というスローガンが
アメリカ帝国主義の武器になっていったのと全く同じ程度に、
日本帝国主義の武器となってしまっている、ということです。
(「ソヴィエト・ロシアと日本」)


このように「労働者国家無条件擁護」を掲げていたにもかかわらず、
スターリンによって「裏切り者」のレッテルを貼られたトロツキーは
トルコ・フランス・ノルウェーと「旅券のない旅」を続け、
1937年にはメキシコに亡命せざるをえなかった。

しかしそんななかでも、
彼と文通を続けた人物が日本にいた。
先ほどから登場している内藤民治である。
内藤は当時のことをこのように語っている。

トロツキーがわたしに
“JAPAN WILL COMITT SUICIDE”
(日本軍国主義自壊論)というパンフレットを、
亡命先のコンスタンチノープルから送ってよこしたのは、
あれは満州事変のあと一両年たった頃だったでしょうか。
この本がきっかけになって、
彼と私との間に、
手紙の往復が長く続きました。
……(中略)……トロツキーはこの本で、
日本の八紘一宇の思想を強く批判しています。
……(中略)……しかしわたしは、
アメリカの経済封鎖に対しては、
彼の所論に強く反論したのです。
そこで勢い海山幾千里を隔てて、
理論闘争が続けられた次第です。
その間に世界情勢は残念ながら、
トロツキーが予見したように発展していきました。
なにぶん、航空機のない時代、
相手は亡命革命家、
こちらは信書の検閲のきびしい日本のこと、
手紙が相手につく頃には、
情勢が一変しているのです。
間の抜けた論争をやったものだと思います。


そこで内藤は、
トロツキーに次のような提案をした。

わたしは、トロツキーに
一つ日本へ来てみる気にはなれませんか、
日本はそれほど軍国主義で熱狂している人ばかりでは
ありませんよ、と誘ったのです。
何ヶ月かたって
行っていいというメキシコからの返事です


この返事に内藤民治は喜んだ。
彼はトロツキーの受け入れ態勢・
「輸送方法」・住む場所の手配などの準備を整えていく。
西島さんによると内藤は、
トロツキーの住む地域として、
ロシアと気候や風土の似た樺太を
候補として考えていたという。
ジャーナリストとはいえ、
かつては日ソ間の通商関係を動かしたほどの実力者である内藤は
海軍とも話をつけ、
メキシコからの石油タンカーを利用して
トロツキーを日本に運ぶことまで話を進めた。
あとは内藤がタンカーに乗り込み、
トロツキーをメキシコから連れてくるだけのはずだった。

いよいよわたしは
粟林汽船のタンカーに乗り込むチャンスを
待っていたのです。
問題はメキシコにいるトロツキーとの連絡です。

ところが向うの事情は早急に変わってきました。
トロツキー身辺の危険は、
昭和十五年に入って日に日に悪化してきたのです。
……(中略)……五月には二十名の赤色テロ隊が、
メキシコ警察隊の警備するトロツキー邸を襲った。
彼らは巧みに侵入して、
トロツキー夫妻とお孫さんの部屋を外から軽機関銃で乱射した。
幸い三人は助かったが、
八月二十日、
とうとうラモンという青年刺客によって暗殺されました。
わたしはその前年からヤキモキしていたが、
どうにも連絡がチグハグになって、
わたしの乗船が遅れたのです。
トロツキーの暗殺は私の生涯の痛恨事でした。
もう少し早く何とかしておればと、
幾度悔いの涙を流したか知れません


内藤民治の計画は、
わずかの時差でスターリンの放った刺客に
惜しくも先を越されてしまったのである。
もし成功していれば、
それこそ歴史が変わったかもしれない。

しかし、
これが事実とすればすごいことだ。
たとえ失敗であったとしても
歴史に残る出来事だ。
どうしてこの出来事が
世間ではあまり知られていないのだろうか。

それは、
これらの出来事が事実であることを示す史料が
実は何もないからだ。
いや、正確に言うと、
「現時点では何もない」ということになるだろうか。
 
藤は、この出来事に関する史料について
次のように述べている。

とにかく、
トロツキーの日本亡命工作には、
私は数年間、打ちこみ、
見事に失敗しました。
私とトロツキーとの往復の手紙や、
この亡命工作に関する秘密文献は、
一括して長野県の蓼科にある
“百年間秘密史料埋蔵の塔”の地下に
追加の分として埋蔵しました


ちなみに、
この塔の史料が公開されるのは
2032年とのことである。
そのとき、
トロツキーと日本をつなぐもう一つの「虹」が
浮かび上がってくるのかもしれない。
『鈴木邦男をぶっ飛ばせ!』「酒井徹の今週の裏主張」No.14より転載)
[PR]
by imadegawatuusin | 2002-11-25 02:58 | 歴史

『憲法は9条から始めればよい』。
そう主張したのは、
あの辻元清美前議員であった。
辻本前議員のこの文章を読んだとき、
僕は正直 かなりの衝撃を受けた。
つまり彼女は「憲法改正」を主張しているのだ。
「改憲論者」なのだ。

当時の僕は「護憲派」だった。
日本国憲法は理想の憲法だと信じていた。
それなのに、
「平和主義者」であるはずの彼女が
どうしてこんなことを言うのか。
こんなことを言うと、
右翼の改憲論者どもを利するだけではないか……。
そう思った。

しかし当時、
僕は反天皇論者だった。
天皇制は打倒されなければならないと考えていた。
そして、
あと10年もすれば
おそらく天皇制は潰れるだろうと
(何の根拠もなく)かなり虫のいい期待を抱いていた。

冷静に考えれば奇妙な話だ。
天皇制をつぶすには、
その法的根拠である日本国憲法を叩き潰さない限り
どうにもならない。
少し考えればすぐにわかる話である。
しかし当時の僕の心の中では、
「護憲論」と「反天皇論」とが
何の矛盾もなく同居していた。

そんなときに、
辻元前議員の
『憲法は9条から始めればよい』という意見を読んだのだ。
はっきり言って、
僕の心の平穏がぶち壊された思いがした。
僕の心の中にごく当たり前に共存してきた「護憲論」と「反天皇論」とが、
急に相容れないものに見えてきた。
「護憲論者・酒井徹」と「反天皇論者・酒井徹」とが
僕の右手と左手に縄をくくりつけ、
それぞれその両端を引き合って綱引きをしているような
妄想を見た。
本当に、
僕が2つに引き裂かれるような思いがした。

このままでは、
僕の心の健康が危うい。
こんなケシカラン意見は
なんとしてでも論破しなければならない。
僕はそう決意した。
頭の中で何度も僕は、
「辻元改憲案」を攻撃した。
何度も何度も攻撃を挑んだ。
しかし、
ついに勝利することはできなかった。
僕はついに、
「護憲論」と「反天皇論」を、
自分が納得いくように心の中で両立させることが
できないことに気付いてしまったのだ。

気付いてはいけないことに気付いてしまった……。
当時の僕はそう思った。
だって、
このことに気付いてしまった以上、
僕は「護憲論者」か「反天皇論者」かのどちらかを
やめなければならない。
僕には、
「護憲論者としての誇り」があった。
「反天皇論者としての誇り」もあった。
どちらも、
絶対に譲れない僕の思想だと信じていた。
「ガキのくせに何をえらそうな」と思われるかもしれないし、
事実いま僕も自分で書いておきながら
そう思ったりしているのだが、
当時の僕にしてみれば、
「護憲論」も「反天皇論」も
僕の大事な「拠り所」だと思っていたのだ。
そして、
僕が「左の人間」であることの一種の「証明書」だとも思っていた。
そのどちらかを、
僕は捨てなければならない……。

それもこれも、
辻元清美が余計なことを書くからだ。
こんな本、
読まなければよかったのだ。
そうとも。
読まなかったことにしてしまおう!

こうして僕は、
自分の出した結論に
「気付かなかったふりをする」ことにした。
このことについては、
今後一切考えないことにした。
思い出しそうになったら目をそらすことにした。

こうした態度を僕はかなり長い間続けていた。
僕が改憲論者に転向したのは、
つい最近のことである。

そのきっかけとなったのは、
鈴木先生の『闘う日本語』という本を読んだときのことだ。
この本に収録されている
「愛欲戦争の最前線レポート」という文章の中で
鈴木先生は、
『遠藤誠の知らなきゃ損する男と女の法律相談』(21世紀書院)
という本の書評をやっている。
その書評の中に、
こんな部分があったのだ。

この本で一番面白かったのは
「男と男、女と女の結婚は可能か」とあるところ。
ある日、
オカマの東郷健が主催する
月刊誌『ザ・ゲイ』の記者の取材を受けたそうだ。
その記者に開口一番
「男と男、女と女が結婚してはならないという規定は、
 何という法律の何条に書いてあるのですか?」と聞かれ
ハテと返事に窮したらしい。
……(中略)……
ズバリ「同姓は結婚しちゃいけない」と書いてる条文はないが
憲法第二十四条には
「婚姻は、
 両性の合意のみに基づいて成立し、
 夫婦が同等の権利を有することを……」と書いてある。
この両性、夫婦はどうみても男と女だろう。
他に民法にもそういうふうな表現がある。


「理想の憲法」であると信じてきた日本国憲法が、
実は同性愛者を差別している……。
この事実を知って僕は愕然とした。
僕は、
民法とその周辺の諸法さえ改正すれば、
同性結婚の実現は可能であると信じていた。
事実、
月刊『創』2001年10月の投書欄に載せていただいた
「同性愛結婚の承認を」という投書のなかで僕は、
このようなことを書いていたのだ。

我が国では数年前から民法改正が議論されているが、
議論の対象に「同性愛結婚の法的承認」を
ぜひとも加えていただきたい。


民法とその関係の諸法さえ改正すれば
同性結婚は可能であると、
当時の僕(といっても、つい1年ほど前の僕だけれど)は
固く信じこんでいた。
けれど、それは違うのだ。
日本国憲法自身が明白に
同性結婚を禁止している。
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」するということは当然、
同性間の合意によっては成立しないということだ。
国の最高法規である憲法が禁止している以上、
いくら民法を改正しても、
同性結婚は実現しない。
憲法に反する法律はすべて無効であるからだ。

どうしてこんな当たり前のことに
今まで気付かなかったのだろう。
僕は、
この憲法第24条を知らなかったわけではない。
それまでも何度も読んできたはずだ。
けれど、
この条文の差別性に
僕は全く気づくことができなかった。
それどころか僕は、
この憲法第24条を
「性差別から人々を解放する条文である」とまで思っていたのだ。

もちろん、
おそらくこの条文を書いた人も、
同性愛者を差別しようと思ってこんな文章を書いたわけではないだろう。
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」するというのも、
「結婚に関しては本人たちの合意が大切であって、
 親が勝手に本人たちの意思を無視して
 無理やり結婚させたりしてはいけない」
という意味だったのだと思う。
この条文は、
おそらく「善意」で書かれたものであったと
僕は信じたい。
当時としては画期的な条文であったとは思うのだ。

けれど、
たとえ「善意」で書かれていたとしても、
たとえ同性愛者を差別する意図はなかったのだとしても、
この条文が明らかに同性同士の結婚を禁止していることには
変わりはない。
僕は絶対にこのような差別的な条文を
認めるわけにはいかない。

こうして僕は改憲論者となった。
言ってみれば、
辻元清美前議員と遠藤誠弁護士という
二人の「左翼」が僕を改憲論者に転向させたのだ。

いったん日本国憲法に疑問を持ち始めると、
他にも問題点が目に付いてくる。
たとえば憲法第96条。
この条文がある限り、
日本国憲法は「押し付け憲法」だと言われても仕方がないと思う。
ここで「押し付け憲法」と言ったのは、
「アメリカをはじめとする戦勝国に憲法を押し付けられた」
という意味ではない。
もちろんそういう面があったことも否定はしないが、
それ以上に、
55年前の人たちが現代を生きる僕たちに
憲法を「押し付けている」のではないかと思うのだ。
僕は、
法律とか憲法というものは、
「その時代を生きる人」の過半数の意思によって
成立すべきものであると思う。
ところが、憲法第96条によると、
憲法を改正するには
「各議員の総議員の3分の2以上の賛成で、
 国会が、これを発議」しなければならないことになっている。
つまり、
現代の人間の66%がおかしいと思っている条項であっても、
残り34パーセントが反対すれば
改正は不可能となってしまうのだ。
(もちろん、
 現在の小選挙区制中心の選挙制度では
 必ずしも議会の成員割合が
 民意を正確に反映しているわけではないのだが)。
これはやはりおかしいと思う。
憲法にしても法律にしても、
「その時代を生きる人間の過半数」によって
改正されるべきである。

まとめて見ると、僕の改憲論は次のようなものとなる。

1.憲法に出てくる「天皇」または「皇室」という言葉を
  「大統領」という言葉に置き換え、
  憲法第2条を
  「大統領は、
   国会の議決した大統領選挙法に基づいて
   国民投票により選出される。」と改正する。
  また、
  憲法第88条(皇室財産と費用)を削除する。
2.憲法第24条第1項を
  「婚姻は、両者の合意のみに基づいて成立し、
   両者が同等の権利を有することを基本として、
   相互の協力により維持されなければならない。」
  と改正する。
3.憲法第96条第1項を
  「この憲法の改正は、
   各議員の総議員の過半数の賛成で国会がこれを発議し、
   国民に提案してその承認を経なければならない。
   この承認には、
   特別の国民投票または国会の定める選挙の際行なわれる投票において、
   その過半数の賛成を必要とする。」と改正する。
4.旧仮名は新仮名に改め、
  送り仮名もわかりやすいものとする。
  (例:「行う」→「行なう」 「基く」→「基づく」)。
5.参議院が成立していないことを前提とする
  第100条第2項から第102条までは削除する。

細かく見ていけば
他にも改正の必要なところはあるかもしれないが、
とりあえず今考えているのはこんなところだ。
僕たち「左の人間」も、
「憲法を守れ」と言っているだけでは
どんどん「保守派」・「守旧派」になってしまう。
僕の改正案には、
おそらくほとんどの左翼の人たちは
賛成してくれるのではないだろうか。
スローガン的に「憲法を守れ」と言っているだけでは
政治は何も変わらない。
これからは左の勢力こそが、
より民主的・より人権的・より平和的な憲法を創り出すために
闘っていかなければならないのではないかと思うのだ。
『鈴木邦男をぶっ飛ばせ!』「酒井徹の今週の裏主張」No.13より転載)


【参考記事】
憲法記念日に際して
左からの改憲提言はタブーか
「守る」運動から「変える」運動へ
「九条の会」で雨宮処凛さんと対談
「改憲派」社民党員の提言
改憲、社民党での論議を歓迎

[PR]
by imadegawatuusin | 2002-11-18 20:00 | 政治