「ほっ」と。キャンペーン

――人権と民主主義を重んじる左派こそ改憲の提起を――

■血筋や家柄で ものを決めない国にするために  
最近、
皇室制度のあり方についての議論が盛んである。

皇室では現在、
皇太子である徳仁親王にも、
その弟の秋篠宮文仁親王にも男の子供がいない。
「天皇は男系男子に限り、
 皇族は養子を迎えることができない」という今の規定を護り続けるかぎり、
このままでは天皇の位を継ぐ人がいなくなる。
女帝の即位を認めるべきか、
それとも戦後になって民間人となった旧皇族の子孫の男子を
皇族に復帰させるべきか……、と
活発な議論が行なわれている。

確かに、
日本国憲法が国家および国民統合の象徴として
天皇の存在を規定している以上、
現憲法のもとでは、
長期にわたって天皇が不在となる事態は
法治国家として許されない。
天皇になる人が将来いなくなることが想定されるにもかかわらず、
国会が何の対策もとらず、
実際にそのような事態が起こった場合、
国会は憲法上当然取るべき措置を怠ったとして
不作為による違憲行為の責任を問われるだろう。
しかし今、
わが国最大の政党である自民党が新憲法草案を発表するなど、
その日本国憲法自体を改正する機運が高まっている。
今こそ、
憲法改正の議論の中で、
皇室制度という制度そのものの是非を問い直すべきなのではないだろうか。

そもそも僕は、
国家の象徴である「天皇」という役職を
血筋によって世襲する
皇室制度に反対である。
民主主義の世の中に、
生まれながらに法律によって
職業や身分を規定されてしまう個人がいるのはおかしいと思う。
社会学者の上野千鶴子さんは、
皇室制度(天皇制)について次のように言っている。

戸籍も住民票もなく、
参政権もなく、
そして人権さえ認められていない皇族のひとたちを、
その拘束から解放してあげることだ。
住まいと移動を制限され、
言論の自由も職業選択の自由もなく、
プライバシーをあれこれ詮索され、
つねに監視下に置かれている。
こんな人生をだれが送りたいと思うだろうか。
失声症や適応障害になるのも無理はない。

天皇制という制度を守ることで、
日本国民は、
皇族という人間を犠牲にしてきたのだ。(「朝日新聞」2005年8月17日夕刊)


僕たちはこのような非人道的な「犠牲」を、
今後も皇族の人々に強いてゆくつもりなのであろうか。
このような「犠牲」を前提とする憲法を
今後も護り続けるつもりなのだろうか。

少なくとも僕は、
自由と人権と民主主義を重んじる一人の「左派」として、
皇室制度を規定する現在の憲法の改正・皇室制度の廃止こそが、
今回の「皇位継承問題」への答えであると訴えたい。
左派陣営の中にはとかく「改憲」をタブー視する風潮もある。
だが、
人は血筋や家柄ではなくその 行ないによって評価され、
処遇されるべきだと主張してきた僕たち左派の人間にこそ、
より民主的・より平和的・より人権擁護的な改憲案を提起し、
世論を喚起してよりよい社会を築くべき責任があるのではないかと思うのだ。


【関連記事】
2人の「左翼」が僕を改憲論者に転向させた
三笠宮寛仁親王の随筆は時代錯誤だ
憲法記念日に際して
「守る」運動から「変える」運動へ
「改憲派」社民党員の提言
改憲、社民党での論議を歓迎

[PR]
by imadegawatuusin | 2005-10-29 04:13 | 政治

「空」とは何か

■「空」=「実体がない」=「絶対でない」 
「空」という仏教用語がある。
しばしば「全てのものには実体がない」という意味だと説明されるが、
僕は、この説明がかなりの誤解を生んでいるのではないかと思っている。

問題は「実体がない」という言葉の意味だ。
僕たちが普段、日常生活の中で使う「実体がない」という言葉と、
哲学・宗教用語としての「実体がない」という言葉とでは、
大きく意味が食い違っている。

普通、世間の人々は、
「実体がない」という言葉を聞けば、
「実は存在しない」とか「見せかけだけが存在する」という意味だと思ってしまう。
「○○という会社は単なるペーパーカンパニーで実体がなかった」
というような具合に使用する。

これに対し、
哲学・宗教用語としての「実体」という言葉は、
「他の何者からも完全に独立して存在する性質」という意味をあらわす。
「絶対的な性質」と言い換えることもできよう。

よって、
仏教関係の本に「実体がない」という言葉が出てきたときは、
とりあえずその部分を「絶対でない」と読み替えておくと
わかりやすくなることが多い。

より正確に説明すると、
「空」とは、
「全てのものの性質は、
 そのものの性質として他から完全に独立して存在するのではなく、
 他のものとの関係のなかで
 はじめて そのものの性質として成立する」
という考え方のことである。

「全てのものは移り変わる」との意味もあるとの主張もあるが
(日本ではむしろこちらのイメージのほうが強いが)、
これは二義的な意味に過ぎない。
全てのものの性質が、
他のものとの関係によってはじめて成立するものである以上、
他のものから何の影響も受けず、
たとえ周りが変わっても その有り様が永遠に変わらないものなど
在りうるわけがないからだ。
(詳しくは
 [白取春彦『仏教「超」入門』について(その4)]を参照のこと)

《参考サイト》
白取春彦『仏教「超」入門』について
[PR]
by imadegawatuusin | 2005-10-27 17:08 | 仏教

【今日の言葉】
テレビで使えるのは7、8秒。
その時間に、
いかに効果的な言葉を言うか、ということにかけて
(酒井注:小泉)首相は天才的だ。
民主党の話は長い。(青木吾朗「朝日新聞」10月25日)
[PR]
by imadegawatuusin | 2005-10-25 17:18 | 暮らし家庭

――最高傑作『天国へのカウントダウン』へと繋がる作品――

■劇場版『名探偵コナン』第1作
『時計じかけの摩天楼』は、
人気ミステリー『名探偵コナン』の劇場版第1作である。
よって、
現在では劇場版『コナン』の定番となっている、
いわゆる「阿笠博士の駄洒落クイズ」などの形式は
まだ完成されておらず、
他の劇場版を見慣れた方には違和感を感じさせる部分も
あるかもしれない。
(冒頭の説明に加え、
 ストーリーの中でコナンが最初に登場したときには、
 わざわざ「江戸川コナン(工藤新一)」と
 画面に表示されたりする)。

コナンの声も、
こころなし今よりも幼い感じで
何だかかわいい。

ただし、
この作品の中で言及される
工藤新一と西多摩市政との因縁については、
後の劇場版『コナン』の最高傑作・『天国へのカウントダウン』での
重要な焦点の一つとなる。

『名探偵コナン』劇場版の全体像の理解ためにも
欠かすことのできない作品だ。

《劇場版『名探偵コナン』お薦めベスト3》
第1位『天国へのカウントダウン』
第2位『14番目の標的』
第3位『瞳の中の暗殺者』

参考お勧め記事
「名探偵コナン『14番目の標的』について」
「名探偵コナン『瞳の中の暗殺者』について」
「名探偵コナン『天国へのカウントダウン』について」
「名探偵コナン『迷宮の十字路』について」
「名探偵コナン『銀翼の魔術師』について」
「名探偵コナン『水平線場の陰謀』について」
名探偵コナン『漆黒の追跡者』を見て

酒井徹「名探偵コナン『ベイカー街の亡霊』と『自己犠牲』」
[PR]
by imadegawatuusin | 2005-10-01 16:33 | 漫画・アニメ