ブログで「知を耕す」

■ブログはストックノートだ 
『出口の現代文革命』(東進ブックス)の中で
予備校教師の出口汪先生が、
「ストックノート」というものを提唱していた(229ページ)。

僕にとってはこの「日記帳」こそ、
出口先生の言う、
「知を耕す」ための「ストックノート」なのだと思う。

出口先生は言う。

ものを考えるとはどういうことか。
僕は、
いい文章を理解することだと思います。

哲学者は、
何もないところでボーッと宙をにらんでものを考えてはいません。
先人の哲学の書物を読んで理解したときに、
それについて考えるんだ。
だから、
文章を読んで完全に理解したときに、
自然とそれについて、
いろんなことを人間は考えます。(『出口の現代文革命』234~235ページ)


哲学者もそうなのであれば、
まして僕のような凡人は、
何もないところで宙をにらんで
「ただ考える」ということはできない〔注1〕。
少なくとも僕は、
何かを読むことではじめて何かを考え、
それを書くことではじめて考えをまとめることができる。

そうした「考え」の集積が
このブログなのである。
僕は日々 本を読み、
あるいは新聞を読み、
雑誌を読み、
問題集を解く中でさまざまなことを考える。
しかし、せっかく考えたことも
放っておけば消えてしまう。
そこで、ブログに書くのである。
考えは書くことで、
まとめられ、また定着する。

個々の文章は初めは、
「ちょっとした感想」でしかない。
しかし、その「ちょっとした感想」が積み重なってくると、
その個々の「感想」がだんだん有機的につながっていく。
先月読んだあの本のあの部分と、
おととい書いたあの文章と、
今日やったこの問題の主題との関係が
次第に見えてきたりするのだ。

そうすると、それぞれの文章をリンクでつないでいく。
あるいは、
それぞれの文章に注を入れて、
どんどん解説を付け加えていく。
ブログでは、
こうして一度書いた記事を後からどんどん
「成長」・「拡充」させていくことも可能だ。

最初は本や新聞の「感想」にすぎなかったものも、
積み重なり、有機的につながっていく中で、
次第に独立した「生命」を持つようになってゆく。
「考えを記すだけだったブログ」が、
やがて自ら「考えを生み出すブログ」へと成長していく。
そうした中でおそらく、
「独創」というものも生まれてくるのではないだろうか。

〔注1〕孔子の教えを記した『論語』にも、

吾れ嘗(かつ)て
終日食らわず、終夜寝ねずして、
以って思うも益なし。
学ぶに如かざるなり。(『論語』通番409章、「衛霊公篇」30章)


つまり、
「私はかつて、
 一日中何も食べず、
 夜も寝ないで ものを考えたことがあるが、
 得るものはなかった。
 その事柄について勉強するのに越したことはない」
とある。

《参考サイト》
「『出口汪の大人のための超スピード勉強法』について」
[PR]
by imadegawatuusin | 2005-12-09 17:30 | 暮らし家庭

――根拠は「超能力者の透視」――

■「振り回されぬ姿勢」を示すことこそ真の教育 
テレビ朝日が5日、
情報番組の中で、
「超能力者の透視」をもとに、
「殺人犯が近くに潜伏している」などとして
神戸市立福地小学校の地図と校庭の映像とを放送した。

報道によるとテレビ朝日は、
5日に放送された情報番組「TVのチカラ」の中で、
「透視能力者」に1990年12月に札幌市で発生した
女性殺害事件の容疑者の潜伏先を「透視」させ、
「潜伏先はこの近く」などとして
福地小学校の名前が載った地図と
同校の校庭の映像を放送したという。

学校側は「児童や保護者の不安をあおる内容」と
テレビ朝日に抗議する一方、
保護者から不安の声が上がったため、
1週間、児童を集団下校させることを決めたという(「朝日新聞」12月7日)。

学校側の言うとおり、
テレビ朝日の放送は
「児童や保護者の不安をあおる」ものであり、
悪質であると僕も思う。
だが、学校側も情けない。
このような胡散臭い放送に「あお」られた「不安の声」に対して
どうして毅然とした対処ができないのか。

おそらく、
「何かあったとき、
 責任が取れない」という事なかれ主義が
学校関係者の心を支配してしまったに違いない。
「何かある」可能性は、
確かに「ゼロ」ではないだろう。
「女性殺害事件の容疑者」とやらが本当に近くに潜伏している可能性も、
まったく「ゼロ」とは言い切れない。
しかしそれは、
どの町・どの学校でも同じことであり、
テレビ朝日の放送がある前もあった後も
何ら変わりのないことである。

「超能力者の透視」などという怪しげなものに
踊らされるのは愚かなことだと
きっぱり態度で示すのも、
教育のうちだと僕は思う。
情報の質と真偽をきちんと見極め、
いいかげんな情報に振り回されず、流されず、
主体的な判断を行なえる子供を育てることは、
情報化社会における非常に重要な課題でもある。

テレビ朝日側は
「小学校を訪れて番組の製作意図を説明」したいとしているが、
「透視能力者」なるものを担ぎ出して
不用意に人々の不安を煽り立てるこの放送に
いかなる「製作意図」があったというのか。
きちんと説明できるものなら
してもらいたいものである。
[PR]
by imadegawatuusin | 2005-12-07 04:19 | その他

――女児殺害事件関連の質疑で――

■失礼だ! 市議にも、今市にも、遺族にも 
和歌山市の大橋建一市長が、
広島や栃木で相次いだ女児殺害事件に関連する市議会質疑の中で、
「(事件のあった)栃木の今市もいまいちのまち」などと
答弁していたことが明らかになった(「朝日新聞」12月6日)。

報道によると、
12月5日、和歌山市議会本会議で ある市議が、
相次ぐ女児殺害事件を受けて、
和歌山市における子供の安全対策について
大橋市長に質問した。
これに対して大橋市長は、
「(事件のあった)広島もかなり郊外ですし、
 栃木の今市もいまいちのまちであります。
 そういうところで事件が相次いで起こる。
 我々のまちもまったくひとごとではない」などと答弁したという。

質問した市議の側はまじめに訊いているのである。
それに対して、
「今市はいまいち」などと下らないダジャレでごまかそうとするとは、
あまりにも失礼ではないだろうか。
議会で質問した市議にも、
今市市に住む市民にも、
そして何より、被害者遺族に対しても。

大橋市長は、
「まちの規模を表現したつもりが、
 つい口が滑った」などと釈明しているという。
土地柄などについて差別したわけではないと言いたいのだろうが、
規模が大きくないことをもって
そのまちを「いまいち」などと評価する感性自体、
そもそも問題とされてしかるべきであろう。

第一、意味不明な発言である。
どういう脈絡で、
事件があったのが広島の「かなり郊外」であったことと、
栃木の今市が「いまいちのまち」であることと、
「我々のまちもまったくひとごとではない」こととが
つながっているのか。
「和歌山にも
 広島と同じく郊外があり(当たり前だ!)、
 和歌山も今市と同じく(規模が?)いまいちなまちなので、
 まったくひとごとではない」という意味だろうか。
だとしたら、
自分が市長を務める和歌山の人々に対しても、
随分と失礼な発言に聞こえる。

■問題発言は「議事録から削除」でいいのか 
大橋市長は6日の市議会本会議の冒頭、
「昨日、
 不適切な発言がありました。
 こころからおわびします」と謝罪し、
市議会は議事録から、
当該発言の部分を削除することを決めたという(「朝日新聞」12月6日夕刊)。
市長の言う通りこの発言は明らかに「不適切」であり、
謝罪するのは当然だ。
しかし、
議事録から当該発言を削除するというのは
いかがなものであろうか。

もちろん、
問題発言をした事実そのものを消し去ることはできない。
しかし、議事録から発言が削除されるということは、
公的な記録からその発言が抹消されるということであり、
公にはその発言が「なかったこと」にされるということだ。

確かに、
発言を議事録から削除する方が
適切な場合というものもあるだろう。
例えば、
議員や首長が質疑の中で、
私人のプライバシーや個人情報に関わる発言を
うっかりしてしまった場合などである。
このような場合には、
発言者の同意を得た上で、
その発言を議事録から削除した方がいいと思う。
発言を議事録に残したままだと、
その情報が公的な記録としてそのまま公開されてしまい、
一般の目に触れてしまうことになるからだ。

しかし、
今回の件はそのようなケースには当たらない。
何か問題発言をしたときに、
すぐその発言を議事録から削除し、
そのことをもって反省の証とするかのような傾向が日本にはあるが、
これは間違いだと僕は思う。
むしろそのような問題発言こそ、
市民の判断の材料として、
また後世への検証の材料として、
つつみ隠さず きちんと公に記録して
残しておくべきではないだろうか。

問題発言をしてしまったときに、
それを反省して謝罪するのはいいことだ。
しかし、
その発言を「なかったことにする」のは間違っている。
問題のある発言をしてしまったときは、
問題のある発言をしてしまった事実を背負った上で、
反省し、謝罪するのが筋だと思う。
[PR]
by imadegawatuusin | 2005-12-06 04:21 | 政治