「ほっ」と。キャンペーン

腸閉塞

――渥美病院で救急治療――

昼食を終えたとき、
胃がもたれる感じがした。

「札幌みそラーメン」に加え、
エネルギー不足を補うためにチーズケーキも食べたのだが
(ラーメンは意外に熱量が低い)〔注1〕、
上にのっているクリームがどうにも甘ったるくて仕方がない。

それでも僕は無理をして食べた。
働きはじめると吐き気が込み上げてきて、
体が思うように動かない。
それどころか、
ユラユラと地面が揺れているような感じすらする。
(かの東海地震が来たのかと思って周りを見渡したが、
 僕の他には「揺れ」を感じている人はいないようだった)。

そのうち、
どうにも吐き気が止まらなくなって、
「グエーッ!」と、
胃の奥底から音を立ててへたり込んでしまった。

僕はそのまま工場の医務室に運ばれた。
そこで「新三共胃腸薬」をもらい、
ポカリスエットを飲んだ。
これが猛烈に気持ちが悪いのだ。
「ポカリスエットの臭い」外の中に充満し、
いっこうに消化される気配がない。
僕は、
「ポカリスエットではなく水がほしい」と言い、
ウォータークーラーからガブガブと飲んだ。

しかし、いくら飲んでも体が受け付けない。
飲んだものをそのまま吐いてしまうのだ。

おなかが張ってくる。
腹痛も起こってきた。
寝ているのにちっともよくならない。
それどころか、
おなかが張って、痛くて、眠れないのだ。
それなのに、大便は全くでない。

僕は結局、
田原市の救急病院である渥美病院に、
CL(係長)の車に乗せて連れて行ってもらった。
(駐車場の入り口から、
 CLの車の置いてある場所まで歩くのがとても大変だった。
 「歩く」というのがこれほど体力を使うことだとは、
 今まで本当に思ったことがなかった。)

渥美病院は地元の農協が経営している、
この地域一の大病院である。
僕はそこで点滴を受けた。
レントゲン写真も撮られた。
その結果、
僕は腸閉塞であることがわかった。
原因はよくわからないが、
腸が機能していないようなのだ。
だから、腸にガスが溜まっておなかが張る。
しかし、腸が機能していないものだから、
溜まったものが出て行かない。
下から出て行かないで溜まっているので、
いくら上から水を飲んでも腸には届かず、
吐き出すだけだ。
おかげで脱水症状になりかかっていたという。

点滴を受け終わると随分と元気になった(気がした)。
体力が戻り、
帰りの車の中では、
僕を病院まで連れてきてくださったCL(係長)と
会話を楽しめたほどだった。
(こんな機会でもないととても話なんかできない人だ)。

しかし、甘かったのだ。
点滴を打ってもらって体力は回復したが、
「原因」は全く改善されていない。
寮に帰ってしばらくすると、
再びおなかが痛み始め、
先ほどよりももっと激しく張りはじめた。

僕は「ウー」とか「グオーッ」とか言いながら布団の上をのた打ち回り、
一睡もしないままに夜が明けた。(翌日に続く!)

〔注1〕トヨタ自動車田原工場にある生協食堂では、
料金清算の際に自分の食べたメニューのカロリー(熱量)が表示される。
立ち仕事をする場合は900~1000カロリーが目安とされているが、
ラーメン1杯では300~400カロリーぐらいにしかならないようだ。
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-10-31 20:27 | 雑記帳

『短歌研究』に2首掲載

月刊短歌雑誌『短歌研究』2006年11月号に、
短歌が2首掲載された。

●引き出してくるなよ 妙なところから変に苦しい人生訓を
●何にでもなれる気がして妄想が止まらなくなるドラッグストア
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-10-28 20:26 | 雑記帳

――「世話焼き」としての望月マユカ――

■マユカに対する一葵の第一印象は「イケスカねー女」
『少女少年II』のマユカと一葵の関係というのは、
おそらく読者の大半が、強い関心を抱く部分ではないだろうか。

最終回での描写を見る限り、
マユカの方は相当 一葵のことを意識していそうで、
けれど一葵の方は その辺のところは結構ニブそうで……という、
傍から見ていると なかなか ほほえましい感じの光景が
繰り広げられている(本書206ページ)。

しかし、よくよく思い出してみよう。
一葵がマユカに初めて会った時の第一印象は、
「なんだこの
 イケスカねー
 女はっっ!」だったのである(本書35ページ)。
それを思えば、
一葵のマユカに対する好感度というか親密度というかは、
後半で相当な急上昇があった、ということになる。
(そもそもこの2人は、
 一葵とトキオ・絵梨との関係と違い、
 作品中に、
 日常的に親しくしていることを示唆する描写がほとんどない)。

大体、転校直後にマユカの隣の席に座ることになったときなど、
せっかくマユカが気を利かせて、
授業中に教科書を見せてくれたりまでしてくれているというのに
(「なにしてるの?
  教科書ないん
  でしょ?
  ぐずぐず
  しないで
  さっさと
  みなさいよ!」)、
そのとき一葵の方は、
「こいつ
 演技の時には、
 ゆがんだ根性
 みじんもみせな
 かった」などと、
いま考えれば随分と失礼なことを
考えていたくらいだったのだ。

■意外に知られていない、マユカの「世話焼き」気質
『少女少年』シリーズの作者である
やぶうち優さんの生まれ育った関西では、
ある種の気質の人物を指して、
しばしば「世話焼き」という言葉が使われる。

あえて定義しようとすれば、
「何かにつけて他人の面倒を見ようとする人」
とでもなるのかもしれないが、
まぁ、
「おひとよし」と「おせっかい」と「仕切りたがり」を
足して3で割ったようなニュアンスの言葉だと思えばいいだろう。

『少女少年II』の望月マユカは、
僕の見るところ、
典型的な「世話焼き」である。

隣の女の子が教科書を持ってないなと思えば、
「ぐずぐず
 しないで
 さっさと
 みなさいよ」と見せてやる(本書58ページ)。

大女優・大空遥が相手であっても、
一介の子役の分際で、
息子のところへ行ってやれと説教をかましてしゃしゃり出る……(本書178~179ページ)。

かの誘拐事件の直後、
マスコミに取り囲まれてタジタジになっていたトキオを尻目に、
「ちょっと
 あなたたち
 いいかげんに…」と声を荒げたのもマユカであった(本書193ページ)。

そう考えてみれば、
初対面の際の例の水着の一件のときも、
もしこのとき絵梨が助けてくれなかったとしても、
このマユカなら、
あの「おわったわね」という一言の後、
「ったく、しょうがないわねー。
 持ってくるものくらい ちゃんと確認しときなさいよ」とか何とか言って、
勿体つけつつ結局 何とか対策を講じてくれたようにも思えてくる。
(このときマユカは絵梨に対して、
 「そんなことして
  なんになるの?
  お人よしね!」と言ったのであるが、
 その後の行動を見る限り、
 どう見てもこの言葉は
 むしろマユカの方にこそ当てはまるような気が……。
 大体、その言葉に続く
 「性格なんて
  審査の対象に
  ならないのに!」などという発言も、
 本気でそう思うのなら別に言う必要はないのである。
 それを、
 あまり芸能界になじんでなさそうな「新人さん」に
 わざわざレクチャーしてやるあたり、
 彼女こそ相当の「お人よし」なのだ)。

一葵が転入してきたとき、
先生がわざわざ
「望月さん、
 となりだから
 いろいろおしえて
 あげてね」の一言を添えてマユカの隣に座らせたのも、
この辺の「面倒見のよさ」というか、
彼女の「世話焼き」的気質を
見込んでのことだったのかもしれない。
(ちなみに、
 クラスに一人「世話焼き」がいると、
 担任の教師などは非常に重宝する。
 小学校で学級委員長などをやらされるのも、
 大抵このタイプの人間である〔注1〕。
 実際マユカは担任の教師から、
 「あっ望月さん、
  ちょっとコレ
  校長室まで
  もっていって
  くれる?」と言われては
 「おもい」本を持たされるなど〔本書108ページ〕、
 しょっちゅう担任の雑用に借り出され、
 いいように使われているような節がある)。

マユカという女の子は意外に「わかりやすい」キャラクターであり、
作品を読んでゆけば一葵に対する感情の変化が
手にとるようによくわかる。
(この作品の連載当時にそうした言葉はなかったが、
 近年流行の言葉で言うところの、
 典型的な「ツンデレ」キャラだ)。
ところがもう一方の一葵の方はというと、
一体どこからどうなって、
「イケスカねー女」・「演技の時には、ゆがんだ根性みじんも云々」が
こういう風に変わったのか、
何度読んでも 正直よくわからない部分が残るのだ〔注2〕。
(繰り返して言うが、
 一葵とマユカとは決して日常的に親しい間柄ではない)。
〔注1〕校外学習の際もマユカは、
一葵によれば「班行動
みだすな」などと言っていたということであり(本書88ページ)、
おそらく班長か何かの役職を務めていたものと思われる。
そういえば、
部屋のみんなで風呂に行こうとしたときに、
一葵が一人だけ一緒に行こうとしていないのに真っ先に気がついて、
「…あら?
 星河さんは?」と声をかけたのも
やはりマユカだったのだ(本書74ページ)。

〔注2〕マユカが一葵の正体を知って
「だまってて
 あげる」と言ったとき(本書137ページ)に、
一葵はマユカに対する認識を改めたのではないかとの考えもある。
その後マユカが
「あなた
 なんかに、
 絶対に
 負けない
 から…!」と言って走り去ってゆくのを
一葵がじっと見つめるシーンがあるからだ(本書137ページ)。
ただ、
「だまってて
 あげる」とマユカが発言した際には、
一葵は「えっ。」と少し驚いた様子を見せただけであり、
むしろ次の、
「あなたに
 『本当の女のコ』の
 気持ちがわかる
 わけないもの!」という言葉の方に
大きなショックを受けたことがうかがえる。
実際 一葵はこの言葉を
大きく目を見開き、衝撃をもって受け止めているし、
マユカが走り去った後も
この言葉の意味について考えている(本書137~138ページ)。
してみれば、
一葵がマユカと別れる際に
走り去るマユカを見つめていたのは、
「マユカを見直したから」というよりも、
やはりマユカの言った
「あなたに
 『本当の女のコ』の
 気持ちがわかる
 わけない」という言葉を
深く受け止めていたからだと考える方が
妥当なのではないかと僕は思う。


■共に一葵の無事を願い、喜んだ「他人同士」3人の絆
今、この点に関して僕が注目しているのは、
一葵が誘拐犯・西村から解放された直後、
大空遥・星河鉄郎と並んでマユカが彼を迎えたシーンである。
本書190ページ上段の一コマに、
3人がそろって解放された一葵を迎える様子が描かれている。

よくよく考えてみれば、
このとき一葵を迎える役割を演じたこの3人同士は
相当に奇妙な取り合わせである。
おたがいに、血縁関係もなければ、
恋愛関係にもない、
女優と、その娘役と、元マネージャーにすぎないはずだ。

ところが僕には、
このときの3人が、
一種の「家族」のように見えてならないのである〔注3〕。
いや、「家族」という言葉は適切ではないかもしれない。
「家族」とか「恋人」とかいう言葉では表現できない
(一葵の言葉を借りれば「形じゃない」)、
強い絆を、
僕はこのときの3人に感じる。

そのことは、
人一倍「絆」を感じる能力に優れた一葵が、
誰よりも強く感じ取ったのではないだろうか。

一葵の無事を共に願い、そして共に喜んだ3人。
そして、そのことを誰よりも強く感じた一葵は、
母・大空遥や父・星河鉄郎に感じたのと同じ「絆」を、
このときマユカにも感じたのではないだろうか。
〔注3〕特に、
大空遥と望月マユカのコンビを見て、
「まるで本当の親子みたい」と感じた人は
少なくないはずだ。
2人は映画・『砂の嵐』で親子役を演じているが、
実生活においても
(他のキャラクターたちと違って)
マユカは遥に結構 気軽に話しかけることができるようであるし(本書123~125、177~179ページ)、
そもそも、
今「あの大空遥」(本書197ページ)をしかりつけることができるのは
マユカくらいのものだろう(本書178~179ページ)。
逆に、
例の誘拐事件の解決後、
子供たちがマスコミに囲まれていたとき、
遥がとっさに身を挺してかばったのは、
実の息子である一葵と、
マユカの2人だったという点も
注目に値する(本書193ページ)。
絵梨の言葉を借りれば大空遥は、
『マユカの
 ことはなんだか
 特別ってかんじ』なのだ。


《戻る》
やぶうち優『少女少年II―KAZUKI―』解説(その1)

《進む》
やぶうち優『少女少年II―KAZUKI―』解説(その3)
やぶうち優『少女少年II―KAZUKI―』解説(その4)
やぶうち優『少女少年II―KAZUKI―』解説(その5)

やぶうち優『少女少年II』各話解説


参考お勧め記事
やぶうち優『少女少年』第一期解説

やぶうち優「少女少年 0話」解説

「マンガ・アニメに女装少年」 『朝日新聞』が報道


酒井徹お薦めの女装漫画》
1.やぶうち優『少女少年』シリーズ(Ⅰ~Ⅶ)、小学館てんとう虫コミックススペシャル
2.吉住渉『ミントな僕ら』全6巻、集英社リボンマスコットコミックス
3.志村貴子『放浪息子』エンターブレイン
4.なるもみずほ『少年ヴィーナス』全4巻、角川書店あすかコミックス
5.松本トモキ『プラナス・ガール』ガンガンコミックスJOKER

女装漫画に関する関連記事
『アイドルマスター Neue Green』(黒瀬浩介)について
片山こずえ『女のコで正解!』について
筒井旭『CHERRY』について
篠塚ひろむ『ちぇんじ!』について
林みかせ『君とひみつの花園』について
富所和子『ないしょのココナッツ』について
水内繭子『恋する子どもたち』について
『かしまし』漫画版について



..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-10-20 20:23 | 漫画・アニメ

吉胡寮は「当たり」

――親に感謝?――
僕の配属された吉胡寮は、
田原の市街地のちょうど端にあり、
田原のトヨタの寮の中では最も街に近い寮だ。
大きい本屋が近くに2件もある。

ちなみに寮の決定方法は適性もへったくれもなく、
単にあいうえお順に新入者を並べて
上から ぶつ切りにしただけであった。
一緒になった経験者のおじいさんが、
「これはいいところに当たったよ。
 今回ばかりは(名前をくれた)親に感謝しないとね」と言っていた。
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-10-04 19:05 | 雑記帳

田原工場に配属決定

今日、
愛知県渥美半島にある
トヨタ自動車 田原工場への配属が決定した。
寮は吉胡寮の1206号室。
すなわち住所は、
〒441-3402
愛知県田原市吉胡町木綿畑43-1 吉胡寮1206号
である。
(寮の部屋までわかったのは翌日のこと)。

田原は、
名古屋まで電車でも2時間ほどかかる場所にある。
東三河の中心地である豊橋までが、
豊橋鉄道で大体50分くらいとのことだ。

聞くところによるとこの豊橋鉄道は、
昔は渥美半島の先にある伊良湖まで続いていたらしい。
それが、豊橋からトヨタの工場のある田原までになっている。
まさにトヨタのためにあるような鉄道である。

聖書には、復活したイエスが、
「あなた方は行って、
 すべての民をわたしの弟子にしなさい」と言ったとある(マタイ28:19)。

「すべての民を……弟子に」する悲願の達成のために、
まさに「地の果てまでも」おもむくクリスチャンに比べれば、
田原への赴任など何ということはない。
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-10-03 19:04 | 雑記帳

7時30分に寮の1階に集合の後、
トヨタ健康保険会館に健康診断に行く。
とはいえ、
実際には健康診断を受けている時間より、
待ち時間のほうが はるかに長い。
本か雑誌を持っていっておかないと、
本当にすることがない。

会社の方でもそれがわかっているのか、
健康診断の間を見ては、
ときどき従業員登録証の記入をさせたりする。
(僕は「保証人」の名前を書くところに自分の名前を書いてしまったり、
 実家の住所を書くところに祖母の住所の番地を書いてしまったりして、
 合計9つも訂正印を押すことになった)。

正午ごろに いったん寮に帰って食事をする。
しかし、皆さん食べるのが早い。
10分ほどの時間があれば当たり前のように平らげてしまう。

午後は元町工場で検診である。
ここは日本で歴史上初めての一貫性の自動車工場
(鉄板と部品を持ってくれば、
 ここだけで自動車の完成品が作れてしまう工場)だそうで、
見学者も多い。
社会見学の小学生たちが、
バスの中から僕たちを見て手を振ったりする。
(なお、どうでもいいことであるが、
 僕たちが検診を受けた元町工場の建物は、
 防火責任者として建物の入り口に「金一成」と書いてあった。
 「キム=イルソン」と読むのだろうか)。

すべての検診が終わり、
最後に「再検査」者の名前が読み上げられて終了である。
献身結果が産業医さんから知らされるまでの間、
担当の係の人は僕たちを大きな部屋に集めて雑談の中で、
「まぁ毎回このくらいの人数ですと、
 60人くらいの再検査者が出るものですが……」などと言っていたが、
実際、読み上げられた再検査者の数が58人だったのには
正直驚いた。
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-10-02 19:01 | 雑記帳

入寮に先立ち、
まずは豊田市に住民登録をするために市役所に向かった。
だが、
今日は日曜日であったので、
市役所は閉まっていた。

守衛さんに聞くと、
土曜日・日曜日は受け付けていないとのことだ。
とはいえ、月曜日から金曜日までには仕事がある。
隙を見て住民票を出しに行くしかないのか。

重い荷物を抱えて豊田市駅に向かう帰り道、
スギ薬局を発見した。
これで、
なくなりかけていたルミンAを補充できる。

薬局の入り口には
「頑張れドラゴンズ」の垂れ幕があった。
やはり愛知県である。

電車に乗る前に、
豊田市駅前にある「札幌ラーメン」の店に入った。
ここは ハズレだった。
僕が席に座ったというのに、
前のお客さんが残していったどんぶりが
いつまでもそのままにされている。
注文していた しょうゆラーメン(ネギ抜き)も
なかなかでてこない。
やっとおばちゃんが
「ネギなしの方ねー」と言って持ってきた。

豊田市駅で電車に乗る。
駅のホームは大変長いにもかかわらず、
そこに着く肝心の電車がかなり小型で、
しかも2両しかない。
駅のホームの端のほうで電車を待っていると、
車両が自分の前まで来ないのである。
重い荷物を引っさげて、
慌てて走っていかなければならなかった。

土橋の駅で電車を降りて、
バスで「田中和風寮」に入る。
入り口のところでいくつつかの書類と封筒・食券をもらう。
要注意なのは食券である。

書類や封筒はある程度の大きさがある。
だが、食券は本当に
電車のきっぷほどの大きさしかない。
書類や封筒と一緒に「持っていた」つもりでも、
いつの間にか落としてしまう。
かくいう僕も実際に食券を失って、
入寮そうそう恥をかいた。

食事は道路を渡った向かい側の量の1階にある。
翌日の尿検査で糖分や蛋白が下りることを心配してか、
入寮の説明の際にも寮の人たちは
「今日は肉類は控えめに」などと言っていたが、
実際、メニューは「豆腐のハンバーグ」と言うようなもので、
正直、おいしくはなかった。

寮の部屋は、
アパートの1区画に3つの部屋があり、
1人にそれぞれ1部屋ずつあてがわれる。
部屋割りに当たっては、
喫煙者と非喫煙者とが区別される。
(「非喫煙者」と申請すると、
 比較的若い人と当たる傾向があるように思われる)。


明日は健康診断のため、
7時30分に集合である。
[PR]
by imadegawatuusin | 2006-10-01 18:59 | 雑記帳