「ほっ」と。キャンペーン

――参院選:劇的な結果、「動けば変わる」を実感!――

■愛知で谷岡、東京で川田、沖縄で糸数が当選!
29日投開票の第21回参議院議員通常選挙は、
自民党が獲得議席30議席台の歴史的惨敗を喫し、
結党以来初めて、
参議院第1党の座を他党に明け渡した。
与党全体での参議院での議席数も
過半数を下回り、
今後参議院では野党側が主導権を握ることとなる。

いわゆる「消えた年金問題」では、
この国を築き支えてきた人生の大先輩たちの年金記録が
長期にわたる自民党政権の下で
実にいい加減に扱われ続けてきたことがあきらかになった。
さらに、その事実を早くから認識しながら「混乱」を恐れて
すぐには適切な対応を打とうとしなかった安倍政権への不信感が、
批判票として民主党に集中した。

愛知選挙区において僕の応援した谷岡くにこ さんも、
与党・公明党の現職議員を破ってまさかの当選。
「連合」などの組織票がもう一人の民主党候補(現職)に ほとんど回される中、
これまでのいわゆる「選挙の常識」から言えば
到底考えられない大勝利であった。
今回の選挙結果は、
相次ぐ閣僚の失言・不祥事、
格差拡大の安倍政権への有権者の明確な意思表示である。

谷岡さんには、
支持者の前で語った平和への熱い思いを絶対に忘れることなく、
国会でしっかりと活躍してもらいたい。
「タニオカクニコの政界不思議体験記」(オススメ! 第1回から読むべし)も
ガンガン更新して、政治の世界と僕たち有権者との
「架け橋」たる存在となってほしい。
僕も谷岡くにこ後援会・「みんなでいっしょに国会へ行く会」の一員として、
谷岡さんの政治活動をしっかりと支えていきたいと思っている。

比例区において僕が応援した社会民主党も、
何とか2議席を確保した。
改選議席「3」であったことを思えば一見後退したようにも見えるが、
沖縄の糸数けいこさん、
東京の川田龍平さんなど思想的立場の近い人が多数当選し、
また他にも多数の推薦候補が議席を得たことを考えると、
まずまずの善戦と言えるであろう。
(その意味でも、
 東京選挙区など全国で
 到底 身の丈に合わない独自候補擁立を強行し、
 川田龍平さんの当選を危うくしたこの党の狭量さは
 やはり批判しておかなければならないと思う。
 少なくとも東京選挙区では、
 6年後の選挙ではぜひ、
 川田陣営との大同団結を望みたい)。

■政治は、僕たちの手で変えられる!
参議院における自公与党の過半数割れは
まさに画期的な出来事である。
これで今後、
自公政府は法案を自分たちの力だけでは
参議院を通すことができなくなる。
逆に野党は共闘すれば、
多数与党によって長年封印されてきた国政調査権を
参議院において発動させ、
自公政府の行政を厳しくチェックすることが可能となる。
(「沖縄密約」問題の真相なども、
 国政調査権の発動でぜひとも明らかにしてほしい)。

今回選挙に行った人には、
「動けば変わる」ということを実感した人が
多かったのではないだろうか。
有権者は、微力ではあっても無力ではない。
政治は、僕たちの手で変えられる。
来るべき時期衆議院議員選挙にむけ、
多くの国民がそのことを実感したことの意味は大きい。

■政権交代で真の政治革新を
次は衆議院議員選挙、
いよいよ政権選択の選挙である。
弱者切り捨て・自由放任の自民党流「構造改革」路線ではなく、
弱きを助けて巨悪と闘う、
真の意味での政治革新を政権交代で実現させたい。
野党各党はここで気を抜くことなく、
結束し、全力を尽くしてさらなる前進を勝ち取るべきだ。
なおも権力の座にしがみつこうと画策する安倍首相を、
多数を与えられた参議院を舞台に、
堂々たる言論戦で 一歩一歩 追い詰め、
何としてでも早期退陣に追い込もう!
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-30 20:34 | 政治

■あれ? グッドウィルで働いたことがあったんだ
昨日、大阪の祖母から電話があり、
グッドウィルから手紙が来ている」という。
読んでもらうと、
「データ装備費を返還する」とあるという。

あれ?
グッドウィルで働いたことなんてあったっけ?

いまだによく思い出せないのであるが、
とりあえず
その手紙をこちらに送ってもらうことにした。

まぁ、
思い出せないということはおそらく学生時代、
働いた期間も1日か2日のことだろうから、
返還される「データ装備費」も
そう高くはないだろう。
切手代のほうが高くつくくらいである。

が、立場上、
ピンはねに泣き寝入りするわけにもいかない。
(今の今まで忘れていて、
 いまだに思い出せなかったりするのだが)。

きっちり返してもらった上で、
今回の「データ装備費返還」の実現に大きな力を発揮した
グッドウィルユニオンにカンパすることにしたい。


グッドウィルユニオンは単独の口座を持っておらず、
上部団体の派遣ユニオン全国ユニオン傘下)の口座に
振り込めばいいらしい。

郵便振替 00180-8-631548 派遣ユニオン
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-26 23:34 | 労働運動

■中越沖地震・東海4県労働相談ホットライン
東海地方の一人から入れる地域労働組合、
「名古屋ふれあいユニオン」「ユニオンみえ」の派遣スタッフらでつくる
「派遣ユニオン・東海」は、
7月26日(木)と27日(金)の2日間、
労働相談「リケン関連休業ホットライン」を開設する。

詳細は以下の通り。


《「リケン関連休業ホットライン」開設のお知らせ》

新潟県中越沖地震で被災された方々に、
心からお見舞い申し上げます。

さて今回の地震では、
自動車エンジンのピストン部品メーカー「リケン」の
新潟県・柏崎工場が被災し、
その影響が全国の自動車関連産業を直撃しています。
特に、
トヨタホンダをはじめとする
大手自動車の主要工場が集中する東海4県では、
それらの工場はもちろんのこと、
グループ・下請け・関連産業の工場なども
軒並み操業停止に追い込まれる事態となっています。

この背景には、
生産や従業員の生活の安定を軽視してでも
コスト削減のために在庫を極限まで減らし、
常にぎりぎりの状態でラインを稼動させてきた
大企業の利潤至上主義があると言わざるを得ません。

ことに、
ただでさえ低賃金にあえぐ日給・時給の非正規雇用労働者は
突然の操業停止により大幅な減給を強いられることとなり、
早くも休業中に日雇い派遣に駆け込む姿が見受けられます。
また、
「天災」を口実として休業補償すら支払われないなど
さまざまな不満が続出しています。
さらに、
今回の「遅れ」を取り戻すため、
今後さまざまな形での労働強化が行なわれたり、
中小零細の下請けへのしわ寄せが強制される事態も予想されます。

私たち「派遣ユニオン・東海」は、
東海地域で働く
派遣労働者をはじめとした非正規雇用労働者の
交流と権利向上を目的とした、
労働組合の協議体です。
これまで、
派遣法の学習会や人材派遣協会との協議、
テーマに応じた電話ホットラインなどに取り組んできました。

この度は、
今回の地震で影響を受けた、
東海地方で働く派遣労働者、業務請負企業の労働者、期間工など、
非正規労働者の苦情・相談を下記の要領で受け付け、
被害の実態の把握、及び問題の解決に取り組みます。

1.日時 7月26日(木)~27日(金) 12時~20時
2.ホットライン電話番号
   052-679-3079(名古屋ふれあいユニオン)
   059-225-4088(ユニオンみえ)
3.その他 秘密厳守・相談無料
       組合事務所にて面接による相談にも応じます。(要予約)



職場の理不尽を許さない、強く優しい地域労組の建設を!
愛知県下の未組織労働者は名古屋ふれあいユニオンに結集しよう!



労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第9回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約190名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-24 23:23 | 労働運動

――思考停止の「ご冥福をお祈りする」――

■「不屈の唯物論者」の死
日本共産党の宮本顕治元議長が亡くなった。
98歳。
工場に向かうバスの中で、
ラジオのニュースでその死を知った。
「約半世紀にわたり日本共産党の指導的地位にあった
 宮本顕治氏が……」とラジオから流れる放送を聞き、
(良くも悪くも)そのすごさを改めて実感する。

戦前日本共産党の最後の中央委員、
獄中非転向12年、
そして、戦後第六回全国協議会から90年代の引退まで、
一貫して党の最高指導者の地位にあった。
「ついにこの時がきたんだなぁ」と感慨深いものがある。

これを受けて
今朝の「朝日新聞」の政治面には、
「与野党から悼む声」というコーナーが設けられ、
各党代表らのコメントが掲載されていた。
ただ、読んでいてどうしても違和感がぬぐえないのが、
ほとんど決まり文句的に多用されている
「ご冥福(=冥界での幸福)をお祈りいたします」というフレーズだ。
これは、
死者の魂や天国の存在を断じて信じることのない
「不屈の唯物論者」であった故人に対し、
かえって失礼な物言いではないだろうか。

ざっと抜粋してみると……

安倍首相
故人のご冥福をお祈りいたします

自民党 丹羽総務会長
「自ら信じる道を歩んでこられた方で、
 主義主張は異なるが、
 その一貫した考えを持ち続け、
 生涯を終えたことに心から敬意を表し、
 ご冥福をお祈りしたい

自民党 中川幹事長
謹んでご冥福をお祈りしたい

民主党 小沢代表
「立場や考え方もまったく違うが、
 ご冥福をお祈りしたい

国民新党 綿貫代表
心からご冥福をお祈り申し上げます

公明党 太田代表
「激動の時代を生きてこられた方ですが、
 心からご冥福をお祈りしたい


コメントを求められたどの政治家も、
異口同音に「ご冥福をお祈りする」と回答する。
まるでテープレコーダーのようである。
これはほとんど条件反射の世界であって、
個性も思想信条も
何もあったものでない。
死んだ本人が冥界の存在など信じていなかったというのに、
その人が死んだとたんに「ご冥福」「ご冥福」と言われたのでは、
ほとんど嫌がらせのようにすら思えてくる。

■ただ一人異彩を放つ福島氏のコメント
その中で、ただ一人、
「心からお悔やみを申し上げます」とのみ述べ、
宮本元議長の「ご冥福」を祈らなかった政党代表がいる。
社民党福島みずほ党首である。
短いコメントであったが、
あくまで「ご冥福」を祈らない福島党首の姿勢は、
並み居る政治家の中でひときわ異彩を放っている。
(他の新聞を見ても、
 多くの政治家が「ご冥福をお祈り」する中、
 福島党首だけは「お悔やみを申し上げます」として、
 「冥福」を祈らない姿勢を鮮明にしている)。

僕も、
死後の魂も天国の存在も信じない唯物論者として、
故人の冥福(=冥界での幸福)は祈らない。
ただ、お悔やみを申し上げるだけである。
これは別に、
僕が特別 冷たい人間であるからではない。
信じてもいないものを祈ることはできない、という
ごくごく当たり前の話をしているだけだ。
僕が死んだときにも、
できれば「冥福」は祈ってもらいたくないと思っている。

人が死んだとき、
とりあえず「ご冥福をお祈りいたします」と、
意味も考えずに言っておけばいいと考えるのは
単なる思考停止である。
世の中には、
死後の魂とか死後の世界といったものを
信じない、信じられない人もいる〔注1〕。
そのことを一人でも多くの人に、
頭の片隅にでも置いておいてもらいたい。

〔注1〕他にも、
極楽往生の可否は
阿弥陀さまの一存によってのみ決まることであるので
他の人間が「祈」っても意味がないとし、
凡夫にできることはあくまで極楽往生を「願う」ことだけであるとする
一部の浄土真宗信者など、
死後の世界の存在を信じる宗教人であっても
「ご冥福」を祈らない人は存在する。
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-19 07:29 | 政治

富は蔵でなく、心に積め

――日蓮とキリストの財産観――

■蔵の宝より身の宝、身の宝より心の宝
仏教・日蓮宗の創始者である
鎌倉時代の僧・日蓮の言葉に、
「蔵の財(たから)より身の財(たから)すぐれたり
 身の財(たから)より心の財(たから)第一なり」
(「蔵の宝」より「身の宝」の方が優れており、
 「身の宝」より「心の宝」こそが第一である)
という言葉がある(「崇峻天皇御書」『新編日蓮大聖人御書全集』1173ページ)。

キリスト教の教主・イエスは
「富は、天に積みなさい」と言ったが〔注1〕、
いわゆる「天国」の存在を信じない唯物論者である僕には、
『富は心に積みなさい』の日蓮の言葉の方が
よりしっくりくる感じがする。
〔注1〕キリスト教の聖典・『新約聖書』の
「マタイによる福音書」に、次のようにある。
「富は、天に積みなさい。
 そこでは、
 虫が食うことも、
 さびが付くこともなく、
 また、
 盗人が忍び込むことも
 盗み出すこともない。
 あなたの富のあるところに、
 あなたの心もあるのだ」(「マタイによる福音書」6:20~21)。
本文では日蓮の言葉を引き合いに出して少し否定的に扱ったが、
「あなたの富のあるところに、
 あなたの心もある」というのは
非常に鋭い人間観察であると思う。
確かに、
限られた収入をその人が一体何に使うのかということは、
その人の心の置き所を如実に映し出すものだ。
もしその人が、
収入の大きな部分を労働組合へのカンパにあてているとすれば、
その人の心は労働運動の前進にある。
慈善活動への寄付にあてているとすれば、
その人の心は社会福祉にある。
美食に巨額の金をつぎ込んでいるとすれば、
その人の心は食欲にあり、
パチンコに大金をつぎ込んでいるとすれば、
その人の心はギャンブルにある。
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-16 22:39 | 仏教

――「参院選、格差問題も焦点」と訴え――

■「労働者を守ることは社会の安定につながる」
愛知県の、
一人から入れる地域労働組合
「名古屋ふれあいユニオン」浅野文秀委員長が
7月12日の「朝日新聞」夕刊に登場した。
この中で浅野委員長は、
「派遣労働者が増えるに従って
 様々な格差が広がっている。
 この点も(参院選の)争点にしてほしい」
とコメントしている。

名古屋ふれあいユニオンは今から9年前に、
「不安定雇用労働者の拠り所」となることを目指し、
国籍や雇用形態にかかわりなく
誰でも一人から入れるコミュニティユニオンとして誕生した。
今や組合員の8割が
非正規雇用労働者となっている。

記事は、

寄せられた相談からは、
事業者が経費削減のために、
従業員を社会保険に加入させないという
不当な実態も浮かぶ。


とする。

浅野委員長は記事の最後で、
「正規雇用を増やし、
 労働者を守ることは
 社会の安定につながる」と語り、
弱肉強食・規制緩和一本やりの
「構造改革」路線の転換を訴えた。


職場の理不尽を許さない、強く優しい地域労組の建設を!
愛知県下の未組織労働者は名古屋ふれあいユニオンに結集しよう!



労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第9回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約190名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-12 22:28 | 労働運動

――「微力の結集」で国政を変えよう!――

■有権者は、微力ではあっても無力ではない
反戦平和と人権擁護、
社会のあらゆる領域における民主主義の徹底を目指す社会民主主義者として、
私は、
7月12日公示、29日投開票の第21回参議院議員通常選挙において、
以下のとおり投票します。

1.比例区は社民党(個人名:戸田二郎)
比例区では、
社会民主主義政党の国際的な連合体である社会主義インターナショナルの
日本唯一の加盟政党である社会民主党に投票します。
投票に当たっては、
社民党比例区から立候補する候補者の中から、
東海4県を重点地域として活動する「戸田二郎」さんの名を
投票用紙に記入します。

2.愛知選挙区は谷岡くにこ(民主党)
「与野党逆転の天王山」とされる愛知選挙区(定数3)では、
最大野党・民主党公認の2候補のうち、
憲法・教育などの問題で比較的意見の近い谷岡くにこ さんに投票します。
また、谷岡くにこさんの後援会である
「みんなでいっしょに国会へ行く会」に入会し、
その政治活動を支えます。


有権者は、微力では会っても無力ではありません。
この国の政治は、私たちの手で変えられます。
[PR]
by imadegawatuusin | 2007-07-10 22:49 | 政治