――労災など、命に関わる事項も――

■「文句は個人で苦情処理機関へ行け」!?
トヨタグループの鋼材メーカー・愛知製鋼(旧豊田製鋼)による
団体交渉拒絶をめぐる、
愛知県の個人加盟制労働組合名古屋ふれあいユニオン
労働委員会闘争
いよいよ佳境を迎えつつある。
愛知製鋼側は5月26日付の「準備書面」において、
「下請」会社から愛知製鋼に「出向」と告げられていた
組合員・Kさんについて、
「下請」会社から愛知製鋼に派遣されている
「派遣労働者」であると強弁した。
しかしKさんはこれまで、
派遣法で労働者派遣の際に必要とされている書面などを
一切交付されておらず、
自分が「派遣労働者」であること自体、
これまで全く知らなかった。

愛知製鋼構内では今年に入り、
労働者が死亡するなどの死亡災害も報告されており、
名古屋ふれあいユニオン
愛知製鋼の指揮命令下で働くKさんについて、
職場の安全や労災などの命に関わる切実な問題について
団体交渉を行ないたいと考えていた。
ところが愛知製鋼は
この「準備書面」において以下のように述べ、
派遣労働者の労働組合には派遣先との団体交渉権はなく、
文句があるなら社内の苦情処理機関に
労働者が個人的に相談に来いと言い放ったのである。

要するに、
派遣法では、
派遣労働者の派遣先企業での
具体的就業に関する事項に関する苦情については、
団体交渉という手段ではなく、
苦情処理という方法による解決を
図ることとしているのであるから、
この事項に関して
団体交渉の義務的対象事項とはならない。(愛知製鋼「準備書面(3)」4~5ページ、平成20年5月26日)


これは非常に恐ろしい見解である。
直接雇用の正社員ですら、
労働組合を結成し、
徒党を組んで集団でモノを申さなければ、
使用者側と対等な形で
労働条件を決定することは不可能なのだ。
まして、
立場の弱い派遣社員が、
自らの命に関わる職場の安全・労災の問題で
使用者側と対等な交渉を行なうためには、
労働者自身が
使用者側と対抗できる力量を
職場の内外で確立すること、
すなわち、
団結権・団体交渉権・団体行動権を持つ
労働組合を組織し、
職場内外の仲間とともに使用者側と対峙し、
相手と対等な交渉力を築いた上で
成果を勝ち取る以外にはない。
それを愛知製鋼は、
労働者自身の命に関わる
職場の安全・労災の問題を、
全くの個人として分断された形のままで、
苦情処理機関に「お願い」に来いと
派遣労働者には言うのである。
(大体、
 「出向」と言われ、
 「就業条件明示書」すらもらえなかったKさんは、
 派遣先の苦情処理責任者の名前さえ
 知らなかったのだ。
 一体どこに相談に行けばいいのか)。

■豊田スチールセンター・ジェイテクトでも団交拒絶・引き延ばし
愛知製鋼だけではない。
最近の、
トヨタグループ企業による
我が名古屋ふれあいユニオンへの不当労働行為は
目に余るものがある。

まず、
トヨタグループの総合商社・豊田通商の子会社である
豊田スチールセンターが、
現役社員(ふれあいユニオン組合員)への
パワハラ問題に関する団体交渉を拒絶した。
豊田スチールセンター側は、
名古屋ふれあいユニオンとの団体交渉を
一度も開かないままに、
ふれあいユニオン組合員・Tさんの訴える、
親会社・豊田通商の意向で会社に送り込まれてきた
専務(トヨタ自動車出身)によるパワハラを
「存在しない事実」と決めつけ、
これを「前提とする要求」は
「いずれも認められない」として
団体交渉を拒否したのである。
パワハラの存否自体については、
ユニオン側が団体交渉において
当事者であるTさん本人を同席させ、
当人の言い分と会社側の調査結果とを厳しく付き合わせる
真摯な話合いの中で
埋めてゆく努力が可能である。
豊田スチールセンターが、
ユニオンの主張に事実誤認が含まれていると考えるのであれば、
正々堂々と団体交渉のテーブルに付き、
その場において様々な事実や状況証拠などを挙げて
私たちの事実認識の誤りを
厳しく指摘すればよいことである。
それを、
会社側の言い分を書面で一方的に述べるだけで、
団体交渉という労働組合法で定められた労使交渉の場から
逃亡しようと図るとは、
一体どういう了見なのか。

また組合員・Tさんは
ユニオンを通じてのパワハラ告発の後、
今までとは全く別の部署に配転させられてしまった。
これについての団体交渉要求についても、
ただ
「就業規則第22条にもとづく
 当社の従業員T氏に対する
 配置命令に関するもの」であるので
「団体交渉の対象になりえない」という
意味不明な論拠で団体交渉を拒絶している。
どこの世界でそんな身勝手な理屈が通用するのか。

さらに、
トヨタグループの工作機械メーカー・ジェイテクト(旧豊田工機)も
名古屋ふれあいユニオンの団体交渉要求を
いたずらに引き延ばしている。
ふれあいユニオン組合員の日系ブラジル人・Iさんは、
「生産減に伴う人員調整のため」、
「平成20年5月31日付をもって」の「解雇」が
書面で「予告」されている。
我が名古屋ふれあいユニオンは、
5月15日にジェイテクトに団体交渉の申し入れを行ない、
5月20日までの回答を求めたが、
ジェイテクト側は
「急な要請でもあり、
 ……5月28日迄に改めて文書にて回答いたします」と回答。
(重ねて言うが、
 「解雇予告」日は5月31日なのだ!)。
しかし、
この度ようやく寄せられた回答においても、
自社の一方的な主張を述べるにとどまり、
団体交渉開催については明確な回答をせず、
引き延ばしに終始している。
(連絡は「郵送による文書にて行う」と宣言し、
 「架電や面談の申入れについては
 当面一切お断りいたします」という徹底ぶりだ)。
「解雇予告」日の5月31日は
時々刻々と迫っている。
一刻も早い団体交渉の開催が必要なのだ。
何を悠長なことを言っているのか。

トヨタグループの不当労働行為三兄弟、
愛知製鋼・豊田スチールセンター・ジェイテクト糾弾!
団交拒絶・引き延ばしは許さないぞ!


【関連記事】
トヨタ系「愛知製鋼」下請、従業員らが地位保全請求
愛知製鋼株主総会:労組が会場前抗議行動
愛知製鋼:偽装請負告発2名の「解雇」撤回
愛知製鋼:構内下請け労組、不当労働行為救済申立
愛知製鋼:労災隠しの実態
愛知製鋼問題:二次「下請」を解雇不当で提訴
愛知製鋼下請・三築裁判続報
愛知製鋼下請・三築:裁判所に「準備書面」を提出
トヨタ系ジェイテクトに4回目の団交申し入れ
偽装請負を正当化する愛知製鋼の「言い分」
労働局:派遣法違反で愛知製鋼に文書指導
偽装請負・労災隠しもう許さない
愛知製鋼が不正告発の「派遣社員」切り捨て
9月24日、愛知県労働委員会傍聴へ!
愛知製鋼不当労働行為事件、和解成立
愛知製鋼事件和解の意義(弁護士 中谷雄二)


職場の理不尽を許さない、強く優しい地域労組の建設を!
愛知県下の未組織労働者は名古屋ふれあいユニオンに結集し、
愛知県に人権労働運動の灯をともそう!



労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第10回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2008-05-29 22:16 | 労働運動

愛知県の個人加盟制労働組合名古屋ふれあいユニオンは、
5月24日、
名古屋市女性会館(地下鉄東別院駅下車)にて、
第5回の労働者派遣法の学習会を
参加者10名で開催した。

■あなたは本当に派遣社員?
まずはじめに、
派遣社員であれば必ず渡されるはずの
「派遣労働者就業条件明示書」の大切さを学習。
派遣労働者の就業条件明示書には、
必ず
「苦情処理に関する派遣先責任者・派遣元責任者」
といった記述がある。
就業条件明示書にそういった記述がない場合、
本人が「派遣社員」と思っていても、
実は偽装「請負」や偽装「個人事業主」といった形態で
働かされている場合が多い。
参加者からも、
「以前働いていた派遣会社では
 そうした物はもらわなかった。
 『請負』とも言われていたが、
 偽装請負だったのではないか」などの声が挙がった。

■契約内容と違う仕事をやらされる!
特に、
「専門26業種」の枠で派遣されている人は
この問題に注意が必要。

「専門26業種」の人たちは、
「専門26業種」の仕事をするという契約で
派遣先への直接雇用権などが剥奪されているのだから、
本来はそれ以外の仕事をさせられる筋合いはない。
こうした点がごまかされて派遣されている場合は、
ユニオンに相談が必要だ。

■労働相談で最も多い「契約期間中の中途解雇」
労働契約法の第17条・
「使用者は、
 期間の定めのある労働契約について、
 やむを得ない事由がある場合でなければ、
 その契約期間が満了するまでの間において、
 労働者を解雇することができない」とある。
実は、
有期雇用の派遣社員や期間社員を
期間途中にクビにすることは、
期間の定めのない正社員をクビにするより
はるかに難しい。

「他の派遣先で働くように言われた」という事例では、
労働者が名古屋ふれあいユニオンに結集して、
先日 職場復帰を勝ち取ったばかりの
「浜富士事件」を中心に学習。
「紹介された仕事の業務内容や
 労働条件がこれまでと大きく違うときは、
 これを理由に断っても
 派遣会社はスタッフを解雇することはできません」という
テキストの言葉を引き、
当該労働者の「あきらめない」姿勢や
派遣先も視野に入れたユニオンの取り組みが、
職場復帰・休業中賃金の一定額補償という成果を
引き寄せたことが報告された。

次回からはテキストを
「労働関係法のポイント(愛知県労働局発行/無料)」に変え、
労働法の基礎を学習してゆく。
ぜひご参加を!


【関連記事】
労働者派遣法の学習会(第4回)開催


職場の理不尽を許さない、強く優しい地域労組の建設を!
愛知県下の未組織労働者は名古屋ふれあいユニオンに結集しよう!



労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第10回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2008-05-24 22:58 | 労働運動

――「オールトヨタは一つ!」世界の労働者と共に――

■足下・愛知から、トヨタの国際的不当労働行為を糾弾する 
愛知県の
個人加盟制労働組合名古屋ふれあいユニオン
17日、運営委員会を開き、
フィリピントヨタ労働組合および
フィリピントヨタ労組を支援する会
対トヨタ世界キャンペーンの呼びかけに応え、
日本のトヨタ自動車などに
「フィリピントヨタ労組問題の早期解決などを求める要請書」を
送ることを決定した。

トヨタグループの本拠地である愛知県を
活動範囲としている名古屋ふれあいユニオンには、
多くのトヨタ系労働者が加盟しており、
争議状態にある案件も多い。
トヨタグループの鋼材メーカー・愛知製鋼による
団体交渉拒否や、
同社における偽装請負の実態を告発した
ふれあいユニオン組合員に対する就労拒否に対しては、
愛知県労働委員会に
不当労働行為救済申立を行なっている。
またトヨタグループの総合商社・豊田通商の
子会社である豊田スチールセンターにおいても、
現役社員(ふれあいユニオン組合員)への
パワハラ問題に関する会社側の団体交渉拒否に対し、
強く抗議をしているところだ。
こうした問題を抱える名古屋ふれあいユニオンにとって、
トヨタのフィリピン現地法人・フィリピントヨタ社による、
フィリピントヨタ労働組合(TMPCWA)への団体交渉拒否や
組合員・233名の解雇をはじめとする不当労働行為は、
とても他人事として見過ごすことはできない。
現在、フィリピン警察当局や軍による介入が強まりつつある
ラグナ州のサンタロサ工業団地には、
愛知製鋼の現地法人・
アイチ フォージング カンパニーオブ アジア㈱も工場を構え、
フィリピントヨタ社の生産を支えている。

名古屋ふれあいユニオンは、
団交開始・解雇撤回を求めるTMPCWAの闘いを支援し、
全世界の労働者の闘いと連帯しつつ、
愛知県労働運動の発展に尽力してゆきたいと考えている。

フィリピントヨタ社は、
2003年9月のフィリピン最高裁の判決に従い、
フィリピントヨタ労働組合との団体交渉を直ちに行なえ!
国連国際労働機関の勧告や
国際金属労働組合連盟の求めに応じ、
フィリピントヨタ労働組合組合員の解雇を撤回せよ!
サンタロサ工場内のラグナ工業団地警察支援グループ本部を撤去させ、
工場への軍隊の出入りも止めさせろ!
オールトヨタは一つだ!
愛知製鋼はふれあいユニオン組合員の
構内就労を認め、
団体交渉に応じよ!
豊田スチールセンターも団体交渉を開催せよ!
名古屋ふれあいユニオンはトヨタの本拠地・愛知から、
国際的不当労働行為を糾弾するぞ!

フィリピントヨタ労組問題の
早期解決などを求める要請書

私たちは愛知県の個人加盟制労働組合で、
名古屋ふれあいユニオンと申します
(現在、組合員数 約200人)。
当労組は現在、
トヨタグループの鋼材メーカー・愛知製鋼による
団体交渉拒否や、
同社における偽装請負の実態を告発した当労組組合員に対する
就労拒否に対し、
愛知県労働委員会に
不当労働行為救済申立を行なっております。
またトヨタグループの総合商社・豊田通商の
子会社である豊田スチールセンターにおいても、
現役社員(当労組組合員)へのパワハラ問題に関する
会社側の団体交渉拒否に対し、
強く抗議しております。
このような立場から当労組は、
グローバルトヨタの中核企業である貴社の
フィリピンにおける現地法人であるフィリピントヨタ社による、
フィリピントヨタ労働組合(TMPCWA)への団体交渉拒否や
組合員・233名の解雇をはじめとする不当労働行為を
見過ごすことができません。

当労組は
フィリピントヨタ労働組合および
フィリピントヨタ労組を支援する会の
対トヨタ世界キャンペーンの呼びかけに応え、
貴社に対して、
グローバルトヨタの中核企業として
フィリピントヨタ社に以下の事項を実施させるよう
指導力を発揮していただけますよう、
心より要請いたします。

1.2003年9月のフィリピン最高裁の判決に従い、
  フィリピントヨタ労働組合との団体交渉を直ちに行なうこと。
2.国連・国際労働機関の勧告や
  国際金属労働組合連盟の求めに応じ、
  フィリピントヨタ労働組合組合員の解雇を撤回すること。
3.サンタロサ工場内の
  ラグナ工業団地警察支援グループ本部を撤去させ、
  工場への軍隊の出入りも止めさせること。

当労組は、
団交開始・解雇撤回を求めるTMPCWAの闘いを支援し、
全世界の労働者の闘いと連帯しつつ、
愛知県労働運動の発展に尽力して参ります。


【参考記事】
「オールトヨタは一つ」
フィリピントヨタ労組連帯行動
フィリピン労組支援者:名古屋モーターショーで宣伝
フィリピントヨタ労組を支援する愛知の会第5回総会
愛知製鋼:構内下請労組、不当労働行為救済申立
フィリピントヨタ労組エド=クベロ委員長と交流
フィリピントヨタ労組連帯、トヨタ本社前行動
フィリピントヨタ労組、今年も来日
フィリピントヨタ労組連帯行動に参加!


市民団体フィリピントヨタ労組を支援する会
住所:〒237-0063 神奈川県横須賀市追浜東町3-63-901
TEL / FAX: 046-866-4930
電子メール:protest-toyota@list.jca.apc.org
ホームページ:http://www.green.dti.ne.jp/protest_toyota/
年会費
 個人: 一口 5000円
 団体: 原則として二口 10000円
(会費は、フィリピンに送金され、
 現地の裁判闘争費用、保釈金、
 組合事務所の経費、組合の行動費等に使われます)。
郵便振替口座: 00290-7-60036
加入者名: 「フィリピントヨタ労組を支援する会」

[PR]
by imadegawatuusin | 2008-05-17 21:43 | 労働運動

――日系ブラジル人組合員2名の解雇は「無効」――

■ティムスの組合つぶしを断罪 
2006年にプレス機による死亡事故を出した
トヨタ下請企業・ティムス(立松賢社長)で
職場の安全や社会保険への加入・
有給休暇の取得などを求めて労働組合を結成した
日系ブラジル人労働者たちが解雇された問題で、
名古屋地裁は4月24日、
会社側の不当労働行為を認定し、
解雇無効の決定を言い渡した。

以下は、
JMIU愛知支部ティムス分会が4月25日付で発行した、
『ティムス分会ニュース』第4号からの転載である。


ティムス解雇事件仮処分裁判
名古屋地裁・決定出る
会社の不当労働行為意思を認定
カマルゴ、ダ・シルバ両氏の解雇は無効!

4月24日、
名古屋地裁はティムスの解雇事件で
カマルゴさんとダ・シルバさんの二人について
「解雇は無効、
 賃金を支払え」との決定を出しました。
この事件は昨年9月30日付で
4名の人が雇い止めにされた事件で、
組合は
「4人が社会保険への加入や有給休暇の自由取得など
 安定した生活と労働災害のない安全な職場を求めて
 JMIUに加入し、組合を作ったことに対する報復であり、
 不当労働行為だ」として訴えていたものです。

決定では、
会社が解雇の理由としてあげた全てを
「採用できない」として退けた上で
「組合を嫌悪し、
 その活動を妨害する意図を有していた」と
認定しています。

この裁判では
カマルゴさんらの雇用形態が「有期雇用契約」であるため、
はじめにカマルゴさんらの有期雇用契約に
解雇権乱用法理が類推適用されるかどうかが
検討されました。
その過程で、
カマルゴ、ダ・シルバ両氏は
6ヶ月間の雇用契約が繰り返されていることから
類推適用され、
オガタ氏は初めての雇用契約であったため
適用されないことが予測されました。
よって、
いまの裁判所では
「期間満了による雇い止め」が認められかねないと判断し、
訴えを取り下げていました。

4人のうち、
「一松」所属のデ・ソウザさんは
派遣会社である「一松」に解決する術がないことから
和解で合意していました。
内容は
組合とティムスとの間で
「ティムスに戻す」との合意ができたときは、
「一松」はあらためてティムスにデ・ソウザさんを
派遣するというものです。

裁判の決定が出たことを報告する本社前宣伝行動を
5月7日(水)に行います。

ぜひ、ご協力をお願いします。


地裁の決定報告
ティムス前宣伝行動

とき:5月7日(水)昼12時~午後1時
ところ:ティムス本社工場門前にて
    豊田市深見町岩花1067-17
    (現地は歩いて出勤する人はいません。
     宣伝カーと横断幕、ブラスターで宣伝します)


【参考記事】
トヨタ下請・ティムス本社前抗議行動に参加


労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第10回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2008-05-06 23:39 | 労働運動

――名古屋市白川公園で「格差・貧困NO」――

■全労連・全労協系、中立・独立系労組など幅広く結集 
愛労連加盟の労組や、
国労愛知・管理職ユニオン東海など全労協系、
東海私大教連全損保東海地協など中立系、
我が名古屋ふれあいユニオン全港湾東海地本をはじめとする
独立系など、
さまざまな潮流の労働組合が幅広く参加する
第79回愛知県中央メーデーが1日、
名古屋市中区の白川公園で開催され、
連合愛知が4月26日に
日本ガイシフォーラムで開催した
メーデー式典参加者(1000人)を上回る4000人が
集会・デモに参加した。

開会宣言の中で安藤満寿江副実行委員長は、
トヨタ過労死内野判決自衛隊イラク派遣違憲判決などで、
 いま全国を励ましている愛知です!」と高らかに挨拶。
主催者を代表して羽根克明実行委員長も、
「格差と貧困をなくし、
 働くルールの確立を」と訴えた。

集会では
当ユニオンが愛知製鋼闘争などで
日頃からお世話になっている森弘典弁護士が
東海生活保護利用支援ネットワークを代表して挨拶に立ち、
「労働と貧困」の問題に、
弁護士会も労組などと協力して
取り組んでゆく決意を強調。
全体として、
「格差と貧困」の問題が前面に押し出されたメーデーとなった。

集会は最後に、
世界労働者と連帯し、
 憲法を守り・生かし、
 労働者・国民の生活改善など諸要求を実現するために
 意気高く前進しましょう」とする
メーデー宣言を採択。
団結ガンバローで締めくくった後、
三コースに分かれてデモ行進を行なった。

私たち名古屋ふれあいユニオンは、
メーデー集会に先立ち、
愛知製鋼闘争やムサシ鉄工闘争
イナテック闘争の三争議解決などを訴えるビラを
メーデー参加者らに配布。
デモ行進終了後は
東海労働弁護団自由法曹団とが共同で開催した
新人歓迎会にもぐりこみ、
愛知県下の人権派・労働弁護士の方々と懇親を深めた。

「なくせ貧困」のスローガンの下、
今回、
闘う4000人の戦線に合流できたことは、
名古屋ふれあいユニオンの誇りである。
ナショナルセンターの枠を越え、
要求実現の一点で
全ての労働者が結集できる年に一度の祭典を
今後も一層発展させ、
さらに広汎な結集と
労働戦線の統一とを
意気高く勝ち取ってゆきたいものだ。


第79回愛知県中央メーデー宣言
私たちは本日、
たたかうメーデーの歴史と伝統を引き継ぎ、
国民総決起の場として
第79回愛知県中央メーデーを大きく成功させました。

すべての労働者・県民のみなさん!

大企業は、史上空前の利益をあげ、
90年のバブル期と比べても
経常利益を1.75倍に増やしています。
これらの利益を役員・株主配当や設備投資にまわす一方で、
労働者の賃金を9年連続で下げ続け、
「ワーキングプア」といわれる年収200万円以下の労働者は
1024万人、5人に1人に至っています。
とくに青年労働者においては、
非正規労働者が半数を占め、
定まった住居がない「ネットカフェ難民」が急増し、
大きな社会問題となっています。
また、
この間進められてきた「構造改革」路線による
医療や教育などの格差拡大は、
労働者・国民の中に「二極化」をもたらし、
地域間格差を拡大しました。

構造改革によって進められた
「貧困と格差」拡大政策は、
青年からまともな職を奪い、
農民に米作りをあきらめさせ、
医療制度からお年寄りを排除して
生きる希望を奪っています。

こうしたなか、
私たちは08春闘で
「なくせ貧困」を最重点課題に掲げ、
国民的共同のたたかいを進めています。

すべての労働者・県民のみなさん!

福田内閣は暫定税率問題や
年金記録問題、4月からの「後期高齢者医療制度」の実施など、
国民に混乱と不安、政治に対する不信を与えています。

また「九条の会」を敵視した
一部野党議員を含む改憲議連の動きや
米軍再編・強化、
自衛隊の海外派兵恒久法制定を目指すなど
改憲策動の動きが顕著となっています。

こうした大企業優先、対米重視の政策を進める一方で、
中小・零細企業を倒産に追い込み、
労働者・国民には医療改悪や増税、
生活必需品の軒並み値上げで
家計を圧迫しています。
困窮する国民生活を前に
何ら有効な手立てを打たない福田政権に対し、
国民の不満と批判は日増しに大きくなり、
内閣支持率はついに20パーセント台に急落し、
多くの国民が
解散総選挙と政治の転換を強く求めています。

すべての労働者・県民のみなさん!

この間、「貧困と格差」解消を求めて、
「時給1000円以上」をスローガンに
最低賃金の大幅引き上げの取り組みを
前進させてきました。
また、
「偽装請負」の社会的告発を通じて、
「日雇い派遣」の廃止や
正規雇用を求める国会内外のたたかいを進め、
キャノンやいすゞなど大企業での直接雇用を
実現させました。
いま、
労働者派遣法の抜本改正を求める労働界や超党派の動きは
大きな流れになっています。

第79回愛知県中央メーデーの成功を力に、
世界の労働者と連帯し、
憲法を守り・生かし、
労働者・国民の生活改善など
諸要求を実現するために意気高く前進しましょう。

働くものの団結万歳!
第79回メーデー万歳!

2008年5月1日
第79回愛知県中央メーデー


【参考記事】
名古屋ふれあいユニオン、メーデー初参加の方針
メーデーに参加しました
第80回愛知県中央メーデーへ!
メーデー&アースデイ!? 4月25日名古屋で集会
4月25日、「LOVE&ビンボー春祭り」開催
5月1日、第81回愛知県中央メーデーへ
愛知県中央メーデーに4500人
【愛知】「メーデー&アースデイ」、4/24今年も開催 2011-04-21
5/1(日)、第82回愛知県中央メーデーへ! 2011-04-29
愛知県中央メーデーに4000人 2011-05-03


労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第10回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2008-05-01 23:02 | 労働運動