――「空白の一行」に隠された物語――

■スワは父親から強姦された?
一読して
「訳のわからない話だ」という印象を受けた。
いや、もっと正確に言うと、
「話になっていない」のである。
スワの生活ぶりが描かれる前半と、
突然滝に飛び込む後半との間に
飛躍がありすぎる。
全く訳がわからない。

そこでよくよく読み返してみると、
三章の中に一カ所、
章が変わっているわけでもないのに
一行、空白になっている部分がある。
「初雪だ! と夢心地ながらうきうきした。」
という部分と、
「疼痛。
 からだがしびれるほど重かった。
 ついであのくさい呼吸を聞いた。」
(太宰治「魚服記」『晩年』新潮文庫版93ページ)
という部分との間の、
一行の空白である。
ここに、物語の断絶がある。

「魚服記」にはここ以外に、
章が変わったわけでもないのに
「一行空け」されているようなところはない。
だからここに、
「何か」があるのだ。
作品には明示されていない物語が、
この一行の空白の間で
展開されたのだ。
そう考える他はない。

本来あるべき物語が、
一行の空白を持って抜け落ちている。
このことが、
この「魚服記」という作品を
訳のわからないものにしている。
では、
そこに本来あった物語は
どういったものだったのか。

通説はどうやら、
「スワが父親によって強姦された」
というものらしい。
確かに、
「空白の一行」の後に突然現れる
「疼痛。」という一節は、
スワが単に精神的にだけでなく
肉体的にも傷つけられた事を示唆するし、
その後の「ついであのくさい呼吸を聞いた」という言葉も、
それが
「炭でも茸でもそれがいい値で売れると、
 きまって酒くさいいきをしてかえった」父親(前掲書92ページ)
によるものであることを示している。
(「『あの』くさい呼吸」とある以上、
 それが既に作品中で明示されている、
 父親の「酒くさいいき」のことであるのは
 明らかだ)。
「からだがしびれるほど重かった」というのは、
自分よりはるかに重い
大人の男性(=父親)に のしかかられたことを
意味するのだろう。
スワはそのショックで、
「阿呆」と叫んで
「ものもわからず外へはしって出」て、
最後は滝に飛び込むまで
追いつめられたのだ……と考えると
話は通る(前掲書93ページ)。

……とはいえ、だ。
だとすればスワが滝に飛び込む直前に発した言葉、
「おど!(筆者注:=お父!)」というのは
何だったのかということになる
(前掲書94ページ)〔注1〕。

おそらく死ぬ覚悟で滝に飛び込む寸前、
最後の最後に叫んだ言葉が、
自分を強姦した父親だというようなことが
ありうるだろうか。

ところが、だ。
スワは滝に飛び込むと
鮒になる(前掲書94~95ページ)。
そしてそのとき、
一番に思い浮かんだことが、
「うれしいな、
 もう小屋へ帰れないのだ」だったというのである。
だとすると、
スワはやはり父親の待つ小屋には
帰りたくなかった、ということになる。
乙女心は複雑……というような
ありふれた言葉で片づけてしまっていいのか。
僕は今でも、
この「魚服記」がわからない。
〔注1〕この点に関し、
「Yahoo!知恵袋」の中でthe18percentgrayさんが、
〈滝に飛び込む場面で
 「『おど!』とひくく言って飛び込んだ。」とありますが、
 「ひくく」という部分に
 父親への恨みの響きを感じます。
 滝の中にいる父親に会いに行く、
 というのでもなく
 (実際父親は滝の中にいない)、
 別れの言葉というよりは
 「あんたのせいで
 私は滝に身を投げるんだ」という
 決意のように聞こえます。〉
と、優れた考察を発表している↓。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311813498?fr=rcmd_chie_detail
なるほど、そういうことなら筋が通ると
ようやく理解することができた。




【参考記事】
太宰治『人間失格』について

太宰治「葉」について
太宰治「思い出」について
太宰治「列車」について
太宰治「地球図」について
太宰治「猿ヶ島」について



..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2009-05-25 23:07 | 文芸

昨年11月末の「派遣切りラッシュ」から
約半年がたちました。
クビを切られた労働者たちが
ついに雇用保険も切れはじめ、
生活は困窮の度を増しています。

労働者の生活をかえりみず、
目先の利益確保のみを追求して強行された
派遣切りの嵐に対し、
昨年12月23日、
ユニオンみえ連合全国ユニオン加盟)、
JMIU愛知地本(全労連愛労連加盟)、
管理職ユニオン東海(愛知全労協加盟)、
名古屋ふれあいユニオン(独立系)などの諸団体は
ナショナルセンターの枠を越え、
一致結束して
「クビ切るな! 生きさせろ」12・23緊急行動
決行しました。

トヨタ・ミッドランドスクエアに向けて
「トヨタは内部留保13兆円をはき出せ!」と迫った
私たちの行動は大きな反響を呼びました。

それから5ヶ月。
「クビ切るな! 生きさせろ」12・23緊急行動に
結集した諸団体が、
働く者の「生きる権利」を求めて
再び行動に立ち上がります。

5月25日17時、
名古屋駅前西柳公園(通称:オケラ公園)に
圧倒的な結集を実現し、
働く者の団結の力でこの難局を跳ね返しましょう!

5月25日(月)
17:00 名古屋駅前西柳公園(通称:オケラ公園)で決起集会
17:30 トヨタ・ミッドランドスクエアに向けてデモ出発
18:30 解散


なお当日、
ユニオンみえ・管理職ユニオン東海・
名古屋ふれあいユニオンなどが
下記の前段行動を予定しておりますので、
よろしければこちらの行動にもご参加下さい。

14:00 トヨタ・ミッドランドスクエア前行動
      (名古屋駅桜通口出てすぐ)
14:30 トヨタ関連各社へ申し入れ行動



【関連記事】
5月25日「生きさせろ!名古屋大行動」


労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第11回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2009-05-21 23:23 | 労働運動

――団結の力で時給100円アップまで獲得――

■トヨタの足下で、直接雇用実現!
トヨタ自動車のマフラー製造メーカー・フタバ産業で、
古い者では1996年から働いてきた、
派遣会社・ネクロスグループの外国人労働者たちが、
雇用保険もないままに
「派遣切り」されようとしていた問題で、
名古屋ふれあいユニオンは団体交渉の結果、
組合員17人全員を雇用保険に遡及加入させ、
8人のフタバ産業への直接雇用を勝ち取った。
派遣会社のピンハネが無くなった結果、
時給も100円アップの1400円となり、
派遣時代にはなかった社会保険・雇用保険も完備である。
派遣切りの嵐が吹き荒れる中、
雇用を守る闘いを労働条件向上にまでつなげた
ネクロス=フタバ産業闘争の意義は大きい。

■「合法的」社会保険逃れの手口!
これまでネクロスの労働者たちは、
実体としては一貫して
ネクロスからフタバ産業に「派遣」されながら、
形式的には以下のような
ネクロス系列の会社を転々とさせられることによって
雇用保険や社会保険への加入の機会が奪われてきた
(下記の表を参照)。
またフタバ産業も、
こうした手口をとるネクロスから
労働者の供給を受けることによって、
事故の指揮命令下で働く労働者に
有給休暇の使用権を与えなくてすむなどの恩恵を
被ってきた。

労働者たちが転々とさせられてきた「会社」は、
ネーミングからして同一系列なのがわかる。
社会保険や有給休暇の加入権・使用権が、
「一定期間の雇用見込み」または
「一定期間の雇用後」に発生することを
逆手に取ったやり方だ。

こんな小手先のやり方で
雇用保険への加入すら免れてしまう制度は
明らかにおかしい。
すべての労働者に雇用保険の適用を!


ネクロスの労働者が転々とさせられた系列会社一覧

2004年1月~4月 有限会社スウテ
         (ポルトガル語で「南」の意味)
2004年5月    有限会社オエステ
         (ポルトガル語で「西」の意味)
2004年6月~7月 有限会社レステ
         (ポルトガル語で「東」の意味)
2004年8月~9月 有限会社スウテ
         (ポルトガル語で「南」の意味)
2004年10月~11月 有限会社ノルテ
         (ポルトガル語で「北」の意味)
2004年12月    有限会社ブランカ
         (ポルトガル語で「白」の意味)
2005年1月~6月 有限会社ジャストワーク
2005年7月~12月 有限会社中部技術サービス
2006年1月~6月 有限会社ジャストワーク
2006年7月~12月 有限会社中部技術サービス
2007年1月~6月 有限会社ジャストワーク
2007年7月~12月 有限会社中部技術サービス
2008年1月~6月 有限会社ジャストワーク
2008年7月~12月 有限会社中部技術サービス
2009年1月~   有限会社ジャストワーク

[PR]
by imadegawatuusin | 2009-05-10 17:26 | 労働運動

TSS訴訟、勝利和解!

――「私はあきらめない」思い実る――

■フランクリンさん、おめでとう!
名古屋ふれあいユニオンの日系ブラジル人組合員・
デ=モラエス=フランクリン=アキヒトさんが、
雇用期間途中に解雇されたとして
人材派遣会社・トータルサービスシステムズを
訴えていた事件の裁判で、
5月8日、
名古屋地方裁判所岡崎支部で和解が成立しました。
フランクリンさんもユニオンも、
納得できる水準での和解です。

フランクリンさんのどこまでも「あきらめない」ねばり強い姿勢と、
労働組合のバックアップ、
そして、本件にご支持・ご注目下さった
市民のみなさまの力の結合が引き寄せた
勝利和解であったと考えます。

ご支援・ご注目くださったみなさまに
心からお礼申し上げます。
本当に、ありがとうございました!


【参考記事】
NFU組合員、角文グループTSSを提訴方針
NFU組合員、不当解雇で角文系TSSを提訴
トータルサービスシステムズ準備書面の支離滅裂


職場の理不尽を許さない、強く優しい地域労組の建設を!
愛知県下の未組織労働者は名古屋ふれあいユニオンに結集し、
全ての職場に人権労働運動の灯をともそう!



労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第11回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2009-05-08 18:27 | 労働運動

憲法記念日に際して

筆者はいわゆる「護憲論者」ではない。
憲法第1条から第8条の天皇条項に
反対である。
24条の、
「婚姻は、
 両性の合意のみに基いて成立し……」、
つまり「両性=男と女」の合意によってしか婚姻は成立せず、
男同士、女同士の合意によっては
婚姻が成立する余地がないとする条項などは、
即時改正が必要であるとすら考えている。

天皇条項のような「生まれ」による差別、
24条のような性的指向による差別……。
一面において、
こうした理不尽で残酷な側面を併せ持つ
現行の日本国憲法は、
本来、僕たち左派の目から見ても
決して「ベストな憲法」ではないはずだ。

だから、
例えば社会民主党が「護憲」を掲げたり、
あるいは日本共産党が「守ろう憲法」を
旗印にしなければならない状況というのは、
それ自体が不幸な事態だと筆者は思う。
本当なら、
もっと民主的な、もっと人権擁護的な、
そしてもっと平和的な憲法への旗振り役を
務めるべき勢力が、
防戦一方の状態に追い込まれていることを
意味するからだ。
憲法を巡る状況はそこまで深刻であるということだ。

憲法がこの国の最高法規であるという
最低限の規範性すら
もはや忘れられてしまったかのように、
当時 米英軍の占領中であったイラクに、
日本の自衛隊はあっさりと出ていって
その一翼を担ってしまった。

「すべて国民は、
 健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」。
とかく「押しつけ憲法」と批判されがちな日本国憲法であるが、
この憲法第25条は、
当初のGHQ案にはなく、
日本初の男女普通選挙で選出された
議員が集う衆議院において、
独自に追加された条項である。
だが現実はどうか。

名古屋ふれあいユニオンにはこの間、
派遣切り・非正規切りによって職を奪われた
多くの人々が押し掛けている。
中には岡崎から2日間かけて、
歩いてやって来た相談者もいた。
岡崎から名古屋までの電車賃すら
彼は持っていなかったのだ。
彼はトヨタ系企業に派遣されていた時、
ずっと雇用保険に入っていた。
なのに派遣会社の社長は離職票すら発行しない。
お金がなくなって市役所に助けを求めても、
「まずは雇用保険をもらってから」と
相手にしてもらえない。
ハローワークに行くと
「労基署に行け」と言われ、
労基署に行くと
「うちじゃ何もできんで、
 ここにでも相談してみたら」と
名古屋ふれあいユニオンを紹介されたのだという。

今日の寝るところはもちろん、
食費すら持っていない人間を目の前にして、
どの役所も一体何をやっているのだろうか。
それが「すべて国民」に、
「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障する
行政のやることなのか。

日本国憲法の積極的な側面が、
足下で全く生かされていない現実を目の当たりにした時、
自衛隊のイラク派遣だ、ソマリア沖で国際貢献だといった
威勢ばかりのよい議論はそれ自体空しく映る昨今である。


【参考記事】
2人の「左翼」が僕を改憲論者に転向させた
左からの改憲提言はタブーか
「守る」運動から「変える」運動へ
「九条の会」で雨宮処凛さんと対談
「改憲派」社民党員の提言

[PR]
by imadegawatuusin | 2009-05-03 23:15 | 政治