――「チェリー」にも複雑な文化的背景あり――

本書『語句ェ門777』38ページの「言語論3」で、
著者の板野博行氏は、
「アメリカ人が『チェリー』という単語を口にしても
 特別な思い入れはない。
 しかし、
 日本人が『桜』と言う時には、
 『合格』の象徴であったり、
 『同期の桜』を歌ったりと、
 特別な感情が存在する。
 これは
 英語と日本語の意味が異なっているのではなく、
 『チェリー』と『桜』の語における
 歴史や文化に根ざした意味が異なっているのだ」と
言っている。

日本語の「桜」という言葉に、
単なる植物としての「桜」を超えた
文化的なニュアンスが付随していることは
否定できない。
だが実は、
英語の「チェリー」の背後にも、
日本語の「桜」とはまた別の
独特の文化的ニュアンスが存在する。

『ジーニアス英和辞典』によると、
"cherry"は「陽気さ・純潔・豊産の象徴」であり、
"lose one's cherry"(「チェリー」を失う)で
「処女を失う」という意味を表すことすらあるという。
こうした「チェリー」の複雑怪奇なニュアンスは、
日本語の「桜」や「さくらんぼ」という言葉では
到底表現することはできない。
(そもそも英語の"cherry"は
 「桜(の木)」をあらわすと同時に
 「桜の実(さくらんぼ)」をも意味する)。

「アメリカ人が『チェリー』という単語を口にしても
 特別な思い入れはない」というのは、
日本語の「桜」の背景にある
文化的ニュアンスを強調するあまり、
英語の「チェリー」の背後にある
文化的ニュアンスを軽視する
勇み足だったのではないかと思うがどうだろう。


【戻る】
板野博行『語句ェ門777』について(その1)
板野博行『語句ェ門777』について(その2)
板野博行『語句ェ門777』について(その3)
板野博行『語句ェ門777』について(その4)
板野博行『語句ェ門777』について(その5)

板野博行『語句ナビ690』について(その1)
板野博行『語句ナビ690』について(その2)
板野博行『語句ナビ690』について(その3)
板野博行『語句ナビ690』について(その4)
板野博行『語句ナビ690』について(その5)

[PR]
by imadegawatuusin | 2011-11-30 18:07 | 日本語論

――「近い」かどうかは潜在対象との比較で決まる――

本書『語句ェ門777』36~37ページの「言語論2」で、
「言葉はあいまいだからよい」として
「近い」という言葉が取り上げられている。

以前テレビで
「駅から近い」というのは
人によってどのくらい差があるかを検証していたが、
「近い」という語の幅は
人によって100mくらいから1kmくらいまでの
広さがあることがわかった。
ここから「近い」という言葉の定義は
人によってずいぶん異なっていることがわかる。
しかし、
「近い」という語を完全に定義してしまったならば、
逆に日常生活は不便になる。
「近い」という語は
定義があいまいであるからこそ実用的なのだ。


ここでは「近い」という語の語感が
「人によって」異なっている例を挙げている。
だが、
同じ人でも時と場合によって、
「近い」という言葉が使える距離は
大きく変化するはずだ。

例えば、
日本全体を考えたときには、
千葉県や神奈川県は
(およそ1kmの距離で済むはずはないが)
「東京から近い」ということになるだろう。
世界単位で考えたときには、
たとえ物理的な距離としては
1000km以上離れていたとしても、
「中国は日本から近い国だ」と言うことに
何の躊躇もないだろう。

すなわち「近い」とは、
潜在的に「遠い」とされるものとの比較によって
決まるのであり、
「○メートル以内」などと単純な距離で定義することは
そもそも不可能な言葉なのである。


【読書案内】
現代文のキーワードを、
頻出作家の考え方などを紹介しながら
コンパクトにかつ深く解説した本としては、
河合出版の
『ことばはちからダ! 現代文キーワード』
最も優れていると思う。
本書で現代文用語の基礎力を身につけた人は、
この本に進むとよいだろう。

日本語文の構造理解についての最良の入門書は、
本多勝一『日本語の作文技術』(朝日文庫)であろう。
日本語の文章について勉強がしたい、
わかりやすい文章が書きたいという人は
ぜひ読んでみてほしい。



【戻る】
板野博行『語句ェ門777』について(その1)
板野博行『語句ェ門777』について(その2)
板野博行『語句ェ門777』について(その3)
板野博行『語句ェ門777』について(その4)

【進む】
板野博行『語句ェ門777』について(その6)

板野博行『語句ナビ690』について(その1)
板野博行『語句ナビ690』について(その2)
板野博行『語句ナビ690』について(その3)
板野博行『語句ナビ690』について(その4)
板野博行『語句ナビ690』について(その5)

[PR]
by imadegawatuusin | 2011-11-29 17:35 | 日本語論

――タイムカード確保、団体交渉実施などで実現――

■突然の閉店にもあきらめず


名古屋市・錦のキャバクラ「histoire」(イストワール)
突然閉店し、
従業員らに給料が支払われない状態となっていた問題で、
愛知県の個人加盟制労働組合・
名古屋ふれあいユニオンに加入した元従業員らが
国の「未払賃金立替払制度」を利用して
賃金を確保した。

イストワールは従業員らに給料を払わない状態のまま
今年5月上旬に廃業した。
従業員らは店の経営者である藤林忠之代表と
連絡がつかない状態となっていた。

元従業員3名が加入した名古屋ふれあいユニオンは
インターネットなどを通じて
広く市民から情報提供を呼びかけた。
その結果、
6月になって藤林代表から連絡があり、
7月4日に団体交渉が開催された。

しかし藤林代表は、
ただちに未払い賃金を支払うようにとの
ユニオンの要求に対し、
「払えない」・「それ無理」などと居直った。
その一方、
それでは法的な債務整理を開始して
自らの資産を責任をもって
債権者に分配せよとの要求に対しては、
「この程度の金額で破産なんかしていられない」
と言い放って拒否したのである。

その後 名古屋ふれあいユニオン側は、
藤林代表が「いま住んでいるところ」として示した住所に
再度団体交渉の申し入れを行なったが、
その後 連絡は一切なかった。

こうした事態を受けて元従業員3名は、
労働基準監督署に対して
イストワールが事実上の倒産状態にあることを申告し、
未払賃金立替払制度の利用を請求した。
この制度は、
企業の倒産によって
賃金が支払われないまま退職を余儀なくされた
労働者に対して、
厚生労働省の外郭団体・「労働者健康福祉機構」が
未払賃金の一部を立て替えて支払うという制度である。
立て替えて支払われた賃金は、
労働者健康福祉機構が使用者に請求して
支払わせることになっている。

キャバクラの元従業員らに
「未払賃金立替払制度」が適用されたのは
極めて異例だ。
元従業員らが
タイムカードをきちんと確保していたことや、
ユニオンが団体交渉の中で
労働者の時給などについての書面を経営者に提出させ、
労働債権の金額を確定させたことなどが
要因とみられている。

すべての くにの はたらたみは、
むすがろう! 


【関連記事】
錦のキャバクラ・イストワールと団交開催

労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
「コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク」加盟。
「コミュニティ・ユニオン東海ネットワーク」事務局団体。
日ごろから組合員の学習会や交流会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
 愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山303号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
[PR]
by imadegawatuusin | 2011-11-18 17:55 | 労働運動

――貧困解決へ雇用問題の重要性強調――

10月17日の「貧困撲滅のための国際デー」に
反貧困ネットワークあいちは、
名古屋市熱田区で
「ワーキングプアをなくそう~雇用から考える~」
と題する集会を開催した。

集会では経済誌・「東洋経済」記者の風間直樹さんが、
「非正規労働の最たるもの」として、
7次・8次「下請け」までザラであるという
原発労働の実態を報告した。

原発労働の現場で横行している多重「請負」の大半は、
違法な偽装請負であると風間さんは断言する。
「製造業で問題化したこうした偽装請負が、
 究極の危険業務である原発で、
 これまでいけしゃあしゃあとまかり通ってきた」と
風間さんは告発する。

「末端の労働者たちには
 そもそも雇用契約書も存在しない。
 社保もない。
 事故にあっても
 そこで働いていたことを証明するすべもない。
 求人募集を見ると、
 経験不問・年齢不問・学歴不問の不問づくし。
 『とにかく体一つで来い。被曝が仕事だ』という態度」
と風間さんは言う。
「事故のない通常の定期検査などでも、
 一定の被曝は避けられない。
 使い捨てが前提の仕事」なのだというのである。

その上で風間さんは、
「政権交代があろうと何があろうと、
 派遣法は一文字も変わっていない」と発言した。
「先日、
 政府が正社員雇用を増やした企業に補助をする
 雇用促進税制が
 ほとんど活用されていないことが報道された。
 一部からは、
 『行政が雇用に介入しても意味はない。
  無駄だった』などという人もいる。
 けれど、そうではない。
 正社員雇用の促進は、
 派遣や有期雇用といった不安定な雇用の規制と
 同時に行なわなければ、
 いくら政府が補助金を出すと言っても
 企業はそれだけでは動かない」と、
風間さんは雇用政策の立て直しには
体系的な視点が必要なことを強調した。

続いて講演した名古屋大学法学研究科の和田肇教授も、
「日本は1980年代から、
 男性正社員中心の雇用政策が変わっていない。
 新しい雇用問題に対応する手だてが講じられないまま、
 非正規雇用労働者が急増している」と
危機感を表明した。

「最低賃金でフルタイムで働いても、
 ワーキングプアにしかならない。
 日本ではこの問題に立法対策が取られてこなかった」
という和田教授は、
「お隣の韓国で非正規職保護法が制定され、
 画期的な判決も相次いでいる。
 ニューヨーク発の反格差・反貧困の運動も
 広がっている」と世界の流れを紹介し、
貧困問題の解決における雇用問題の重要性を指摘した。


【参考記事】
10・17 名古屋 貧困撲滅のための国際デー集会へ



「反貧困ネットワークあいち」

会費額等(年額)
・会員 会費 一口1000 円。 ・サポーター 賛助金 一口1000 円。
*ただし、月収(手取り)が生活保護基準額と同等と認められる場合には、
 会費・賛助金を免除する。

反貧困ネットワークあいち事務局
〒453-0014 名古屋市中村区則武一丁目10 番6 号 名古屋法律事務所内
Email: info@hanhinkon-aichi.net
WEB:http://hanhinkon-aichi.net/
FAX:052-451-7749、TEL:052-451-7746
郵便振替 00800-6-190393 口座名義 反貧困ネットワークあいち

[PR]
by imadegawatuusin | 2011-11-06 12:34 | 経済

――各宗教の基本構造、わかりやすく解説した好著――

■宗教を学ぶ上での基本書

どんな分野にも、
その世界を知るにあたって大前提となる知識を
ざっとまとめた基本書がある。
私は仮にこうした本を
「教科書」と呼んでみたいと思うが、
「宗教」という分野における絶好の教科書が
本書・『世界がわかる宗教社会学入門』である。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教・
仏教・儒教に関する知識が
実にわかりやすくまとめられている。
特に、
各宗教の基本構造や主要な論点を
大づかみに理解するには
本書ほどよい教科書はない。

めっぽう面白い宗教入門書である
『完全教祖マニュアル』の著者・架神恭介氏も、
「各宗教についての知識をコンパクトにまとめた本」
として本書を推奨している。
「全くの初心者は
へらへらっと『教祖マニュアル』を読んで
軽く体を慣らしてから、
『宗教社会学入門』を読むと楽かな、と思います。
この2冊だけでも
社会に出てから宗教関係は
90%まではいけると思います」と述べており、
本書との併読は必須である。

ただ本書について一つだけ残念なことは、
現代日本で実際に最も力強く活動している
新宗教についての言及がないことだ。
この点は、
島田裕巳の『日本の10大新宗教』で補うのがよい。
「橋爪大三郎『世界がわかる宗教学社会学入門』を読む」に進む→

橋爪大三郎『世界がわかる宗教学社会学入門』
評価:4(おすすめ)



【参考記事】
橋爪大三郎『世界がわかる宗教学社会学入門』を読む

書評:『完全教祖マニュアル』(架神恭介・辰巳一世)

[PR]
by imadegawatuusin | 2011-11-05 08:37 | 宗教

――「憲法九条を守ろう 県民のつどい」で――

■「守る運動」で守りきれるのか

日本国憲法の交付から65年目となる11月3日に、
「あいち九条の会」の主催する
「憲法九条を守ろう 2011愛知県民のつどい」で
貧困問題活動家の雨宮処凛さんと
対談させていただいた。

雨宮さんは僕がホームレスになったとき、
社会民主党の機関紙・「社会新報」や
雑誌・『学習の友』などで
僕の問題を唯一報道して下さった方だ。

昔、右翼をやっていた雨宮さんは、
読みもせずに憲法を毛嫌いしていたらしいけど、
どうも左翼の中には
読みもせずに憲法を
やたらあがめ奉っている人が少なくないんじゃないかと
思うことがしばしばある。

今回の集会でも生存権の大切さが強調されていたが、
今の憲法で生存権が保障されているのは日本人だけ。
憲法第25条に
「すべて国民は、
 健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」
とあるとおり、
生存権の主体はあくまで「国民」であり、
日本に何年(生まれたときから)住んでいようと
外国人住民は一切蚊帳の外なのだ。

参政権などについて、
国籍によって一定の差別があることはまだ理解できる。
だが、
生存権に差別があっていいのだろうか。
生存権は日本に住む人間である限り、
日本人だろうと外国人だろうと
当然保障されるべきではないのだろうか。

実際、
生活保護を申請したとき、
もしも間違った審査がされて不支給扱いになった場合も、
外国人住民には不服申立の権利さえない。
生存権は日本人にとっては権利だが、
外国人にとっては恩恵であり、
もらえなかったときに文句を言う権利は
ないというわけだ。

税金は同じように取るくせに、
これはちょっと酷いのではないか。

憲法第24条
「婚姻は、
 両性の合意のみに基いて成立し……」も変な規程だ。
両性、
つまり男と女の合意によっては婚姻は成立するが、
男と男、女と女では
結婚はできないというのである。
誰と誰とが結婚するかなんて、
そんなのは人の勝手だろう。
何で憲法でそんなことが決められなければならないのか。
はっきり言って大きなお世話だ。

国の象徴を血筋で決める、
封建的な血族世襲の天皇条項(1条~8条)も
おかしいし、
他にもよくわからない規程は色々ある。
こういうところを見て見ぬふりして
「憲法を守ろう」はないんじゃないの? と
僕は思うのである。

そんな「改憲論者」の僕を対談に呼んでくれた
「あいち九条の会」も懐が深い。
本当はもっとそんな話がしたかったのだが、
他にも対談者がたくさんいたので、
さらりと触れるだけにしておいた。
(ただし意外なことに、
 会場ではこうした僕の発言に
 拍手をしてくれた人もいた。
 社民党の某議員さんの前でこの話をしたときは
 こっぴどく怒られたけど)。

現実に今すぐ、
僕の望むような方向で憲法を変えられる可能性が
ほぼゼロなのは事実である。
だから、
「じゃぁとりあえず『憲法を守ろう』でいいじゃないか」
とよく言われる。

今の日本国憲法が、
外国人住民とか同性愛者とかを
抑圧している側面があることを
きちんと理解した上で、
「とりあえず、
 現時点においては戦略的に『護憲』と言っているんだ」
という自覚があるのなら、
まぁ、
それはそれでいいのかもしれない。

が、
どうも左翼の中には、
個別の条文をきちんと読みもしないまま、
「日本の憲法はすばらしい」・「憲法を守れ」と
言葉だけが上滑りする傾向が
なきにしもあらずではないかと危惧するのである。
右翼時代の雨宮さんが、
憲法も読まずに
憲法を「諸悪の根源」だと思っていたのと同じように、
だ。

できあいの憲法に寄りかかって
ものを言っていていいのか。
それで人々の共感が得られるのなら、
(戦術的には)それもありかもしれないが、
正直、難しいのではないかと僕は思う。

本当に九条を守りたいと思うなら、
むしろ一人一人が自分の言葉で
「自分が理想とする憲法はこうだ」ときちんと打ち出し、
その中に九条を
積極的に位置づけ直す取り組みをしていくべきでは
ないだろうか。

脱原発の運動がこれほど盛り上がっているのは、
癒着・腐敗の今の原発体制を
「変えよう」という意識があるからだ。
大阪の橋本や名古屋の河村が
これほど人気を集めているのも、
(方向性はともかくとして)
具体的に現状を「変えよう」としているからだと
僕は思う。
小泉が
「自民党をぶっこわす」と旋風を巻き起こしたのも、
民主党が「政権交代」を唱えて大勝利したのも、
そうした国民の「変革願望」のあらわれではないか。

そんな中、
「憲法を守ろう」という「守る運動」で、
本当に大切なものが守りきれるのか。
僕は疑問を持っている。

むしろ革新陣営の側こそが、
「今の憲法をこう変えよう」と積極的にぶちあげる。
そのくらいの発想の転換が
必要とされているのではないかと思うのである。


【参考記事】
「守る」運動から「変える」運動へ

2人の「左翼」が僕を改憲論者に転向させた
憲法記念日に際して
左からの改憲提言はタブーか

[PR]
by imadegawatuusin | 2011-11-03 20:22 | 政治