「ほっ」と。キャンペーン

――同性愛が「障害」でないのはなぜ?――

■「医学治療を必要とする状態」が病気・障害

今日、
中京大学で
ジェンダー・セクシャリティー問題を教えている
風間孝教授と話をした。

その中で、
「『性同一性障害』は障害だから同情の目で見るけど、
 同性愛は認めない」というような意見が
自民党の一部から出ているという話が出た。
また、
「性同一性障害」という言葉が
これほど「市民権」を得ている国は珍しく、
海外では一般に
「トランスジェンダー」と呼ばれているとか、
当事者の中にも、
ただ自分らしく生きたいだけなのに
なぜそれが「障害」とされるのかという意見があるとの
話があった。

なぜ「性同一性障害」は「障害」なのか。
それに対して、
なぜ同性愛は「障害」とはされないのだろうか。

端的に言うと、
「性同一性障害」が「障害」とされるのは、
ホルモン注射や性別適合手術などの
「医学的治療」が必要だからである。
日本の「母体保護法」では、
「故なく、生殖を不能にする」ことは
犯罪とされている。
だから、
たとえ本人の同意があったとしても、
「医学的な病気治療である」という大義名分なしに
性器の構造を変える手術を行なったりすると
犯罪になってしまうし、
ホルモン注射にしても、
「医学的な病気治療である」という
大義名分があってはじめて
医者が治療として行なえる。
「性同一性障害」が「障害」であるというのは単に
「医学的治療を必要とする状態である」ということを
意味するに過ぎず、
「その状態が異常である」というような
価値判断は含まないのだ。

つまり、
同じ「トランスジェンダー」の人であっても、
「私は体は男性、
 心は女性という状態を受け入れて生きていく」
という人で、
ホルモン注射や性別適合手術などの
「医学的な治療」を受けず、
単に服装や振る舞いなどにおいてのみ
生物学的な性別とは異なる社会的振る舞いをする人は、
それが社会的にどれほど少数で
奇異な目で見られたとしても
「障害者」ではない。
「トランスジェンダーではあるが
 『性同一性障害者』ではない」ということも
ありうるのである。
本人が治療を必要とせず、
周囲にも危害を及ぼしていないのであれば、
それは「障害」ではないのである。
その状態が「障害」かどうかというのは
「異常かどうか」という価値判断ではなく、
「医学的治療を必要としているかどうか」という
ニーズの切実さで判断されるのだ。

■「性的指向同一性障害」はありうるか

同性愛が「障害」でも「病気」でもないのも
同じ理由による。
確かに同性愛者は社会的に少数であり、
社会にはまだまだ偏見が根強く残ってはいるが、
「医学的治療」を必要とするものではない。
また、
何が人の性的指向を決定し、
ある人を異性愛者にし、
ある人を同性愛者にするのかという「原因」も、
諸説あるが
決定的な学問的共通理解はまだ存在しない状態である。
したがって当然、
性的指向を人為的に変更する決定的な手段も
見つかっていない。

したがって現状では、
同性愛はいかなる意味でも
「医学的治療」の対象にはなりえないのであり、
同性愛を「病気」や「障害」とする理由は
ないことになる。

もちろん、
同性愛者であることを理由とする
社会の差別や偏見に傷つけられる人は少なくない。
心に傷を負い、
精神科の門をたたく人もいるだろう。
しかしその場合は、
あくまで同性愛者であることを理由に受けた
「心の傷」を治療するのであり、
同性愛者であること自体を治療するわけではない。
(また、その手段もない)。

ただ、
「性同一性障害」との類比でいうならば、
こういうことは考えられないだろうか。

おそらく近い未来にはありえないだろうが、
遠い将来、
人の性的指向を決定するメカニズムが解明され、
それを人為的に変更する安全な手段が確立したとしよう。
その上で、
「自分は
 生物学的には異性愛者(あるいは同性愛者)であるが、
 本当はどうしても
 同性愛者(あるいは異性愛者)になりたいのだ」と
強く主張する人間が現れたとする。
その人は、
自分の生物学的な性的指向と理想の性的指向との
同一性の乖離に悩み、
苦しんでいる。
そしてそのとき、
医学的にこれを「治療」する手段が
確立されていたとすれば、
そのとき医学は、
その人を「性的指向同一性障害」と診断し、
「性的指向適合治療」を行なうべきであるだろうか。

異性愛者が
同性愛者にどうしてもなりたいのだという場合には
さして問題はないように思われる。
しかし、
その時代にも
同性愛者に対する差別・偏見が残っていた場合、
そうした差別・偏見から逃れる手段として
当事者がこうした治療を強いられるということは
ありえないことではない。
本来
同性愛者が同性愛者として
尊重されるべきであるにもかかわらず、
「治療を受ければ治るのに、
 あいつらは好きでやってるんだから
 同情に値しない」と
筋違いな批判を生む危険性もある。

しかし一方で、
社会的にそうした立場にいない人間の側が、
「それは差別・偏見に負けることだ。
 同性愛者としての誇りを持って闘え、がんばれ」と
押し付けることもまた傲慢というものであろう。
「安全な治療を受けるだけで
 そうした苦しみから解放されるにもかかわらず、
 どうしてあなたに
 そんなことを言われなければいけないんだ」
と言われてしまえば返す言葉はない。

もちろん、
これはあくまで空想未来小説風の妄想なのだが、
風間さんと話をしていてふとそんなことを考えた。

[PR]
by imadegawatuusin | 2012-12-25 21:44 | 差別問題

――聖書には、「誕生日の夜、羊飼いが野宿」と記述――

■イエスの誕生が冬であった可能性は低い

12月9日の『中日新聞』読書欄に、
随筆家の酒井順子さんが
「聖書を開くクリスマス」と題する文章を寄せていた。
「クリスマス間近。
 いまや万人にとっての楽しい行事ですが、
 本来はイエスの誕生日ということで、
 これはキリスト教のお祝いです」と書かれている。
そして、
「クリスマスくらい
 聖書をひもといてみようか、という方に」
新共同訳聖書を読むことを勧めている。
「クリスマスには
 なぜ三人の博士や羊飼いが登場するのかも、
 理解できることでしょう」というのである。

しかし、
実際に酒井さんの薦める新共同訳聖書を開いてみると、
イエスを訪ねてきた「博士」が「三人」であるなどとは
実はどこにも書かれていないことが分かる。

『新約聖書』の「マタイによる福音書」には
この挿話について次のように書かれている。

イエスは、
ヘロデ王の時代に
ユダヤのベツレヘムでお生まれになった。
そのとき、
占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、
言った。
「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、
 どこにおられますか。
 わたしたちは東方でその方の星を見たので、
 拝みに来たのです。」……
王は民の祭祀長たちや律法学者たちを皆集めて、
メシアはどこに生まれることになっているのかと
問いただした。
彼らは言った。
「ユダヤのベツレヘムです。……」

そこで、
ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、
……ベツレヘムへ送り出した。
彼らが王の言葉を聞いて出かけると、
東方で見た星が先立って進み、
ついに幼子のいる場所の上に止まった。
……家に入ってみると、
幼子は母マリアと共におられた。
彼らは……宝の箱を開けて、
黄金、乳香、没薬(もつやく)を
贈り物として献(ささ)げた。(「マタイによる福音書」2・1~11)


このように『聖書』には、
「占星術の学者たち」が三人だったとは
どこにも書かれていない。
「彼らは……宝の箱を開けて、
 黄金、乳香、没薬(もつやく)を
 贈り物として献(ささ)げた」と書いてあるので、
三つの贈り物を
一人が一つずつ三人で持っていたようにすると
絵などに描きやすいという都合で
「三人の博士」ということになったのかもしれない。
だが、
少なくとも聖書本文からは
「占星術の学者たち」が三人だったとは
断定できないのである。

それどころか、
酒井さんが紹介する「羊飼いが登場する」挿話を読むと、
イエスが生まれたのが
本当に12月25日だったのかどうか、
そのこと自体が疑わしく思えてしまうのである。

そもそも『聖書』には、
イエスが生まれたのが12月25日だったとは
どこにも書かれていない。
それどころか『新約聖書』の「ルカによる福音書」には、
イエスが生まれたその日の夜、
近くで羊飼いたちが
野宿をしていたと書かれているのである。
果たしてパレスチナの地で
12月25日の極寒の冬のさなか、
テントの外で野宿などできるものなのであろうか。

「ルカによる福音書」の記述は次のとおりだ。

皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、
登録をせよとの勅令が出た。
これは、
キリニウスがシリア州の総督であったときに
行われた
最初の住民登録である。
人々は皆、
登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。
ヨセフもダビデの家に属し、
その血筋であったので、
ガラリアの町ナザレから、
ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ
上って行った。
身ごもっていたいいなずけのマリアと一緒に
登録するためである。
ところが、
彼らがベツレヘムにいるうちに、
マリアは月が満ちて、
初めての子を産み、
布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。
宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。

その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、
夜通し羊の群れの番をしていた。
すると、
主の天使が近づき、
主の栄光が周りを照らしたので、
彼らは非常に恐れた。
天使は言った。
「恐れるな。
 わたしは、
 民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
 今日ダビデの町で、
 あなたがたのために救い主がお生まれになった。
 この方こそ主メシアである。
 あなた方は、
 布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている
 乳飲み子を見つけるであろう。……」
すると、
突然、
この天使に天の大軍が加わり、
神を賛美して言った。

「いと高きところには栄光、神にあれ、
 地には平和、御心に適(かな)う人にあれ。」

天使たちが離れて天に去ったとき、
羊飼いたちは、
「さあ、
 ベツレヘムへ行こう。
 主が知らせてくださったその出来事を
 見ようではないか」と話し合った。
そして急いで行って、
マリアとヨセフ、
また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を
探し当てた。(ルカによる福音書2・1~16)


イエスが生まれたその日、
近くにいた羊飼いたちは「野宿をしながら、
夜通し羊の群れの番をしていた」のである。
到底寒い12月のこととは思えない。
当時この地方の羊飼いたちは、
春から秋にかけては屋外で羊を放牧し、
12月や1月には
羊たちを寒さや雨をしのげる場所で
飼育していたと言われている。
当時、パレスチナでは、
12月ごろは寒い上に雨も多かったからである。

ユダヤの暦では今の暦の12月ごろは
「第九の月」(9月)に相当する。
『旧約聖書』の「エズラ記」には、
この「第九の月」の「二十日」に
イスラエルの民が
エルサレムの神殿の広場に集められた際、
「民は皆、
 ……雨が降っていたために震えていた」と
記されている。
そして集められた群衆の側も、
「雨の季節でもあって外に立っている力はありません」
と言ったと記されているのである(「エズラ記」10・9~13)。
また『旧約聖書』の「エレミア書」にも、
現在の12月に相当する
ユダヤ暦の「九月」のできごととして、
「王は宮殿の冬の家にいた。
 時は九月で暖炉の日は王の前で赤々と燃えていた」と
書かれている(「エレミア書」36・22)。

昼間でさえこうなのである。
まして寒くて雨の多い12月の夜に、
羊飼いたちが「野宿をしながら、
夜通し羊の群れの番をしていた」とは到底思えない。

そもそもイエスの父母であるヨセフやマリアが、
出産も近いというのに
「宿屋には彼らの泊まる場所がなかった」からといって
あっさりあきらめて馬宿に泊まったりしていたのも、
寒い冬の日のできごとではなかったからだと思うと
しっくりとくる。

以上の理由から、
聖書を素直に読む限り、
イエスが生まれたのが寒い冬、
まして雨の多い12月であった可能性は
限りなく低いと言わざるをえないのである。

実際、
イエスの直弟子であるペテロや
キリスト教の基礎を築いたパウロなどが
クリスマスを祝ったという記録はどこにもない。
歴史的には、
12月25を「クリスマス」として祝うようになったのは、
イエスが生まれてから
300年以上あとになってからだという。
17世紀半ばには、
政権を握った
急進派のキリスト教徒である
清教徒(ピューリタン)たちが
議会において
クリスマスを禁止する法令を制定したこともあるらしい。
アメリカのマサチューセッツ州議会でも
同じくクリスマス禁止の法案が
可決されたことがあるという。
『聖書』を大切にする清教徒たちにとって、
クリスマスは
『聖書』に何らの根拠もない異教の祭りに
他ならなかったのである。

■キリスト教で大切なのはイエスが「死んだ日」

そもそも『聖書』では、
イエスは自分の誕生日を祝えなどとは
一言も言っていない。
イエスが記念するようにと命じた日は
自分が生まれた日ではなく、
自分が死んだ日なのである。

聖書によると、
イエスは官憲に引き渡され処刑された日の夜
(現在の感覚では「前夜」であるが、
 当時のユダヤでは
 日没から新しい日が始まり
 翌日の日没で一日が終わると考えられていたから、
 処刑の前夜が「処刑された日の夜」となる)、
イエスは「主の晩餐」と呼ばれる
記念の式典を制定したことになっている。

『新約聖書』の「コリントの信徒への手紙 一」には
次のように書いてある。

主イエスは、
引き渡される夜、
パンを取り、
感謝の祈りをささげてそれを裂き、
「これは、
 あなたがたのためのわたしの体である。
 わたしの記念としてこのように行いなさい」と
言われました。
また、
食事の後で、
杯(さかずき)も同じようにして、
「この杯は、
 私の血によって立てられる新しい契約である。
 飲む度(たび)に、
 私の記念としてこのように行いなさい」と
言われました。(「コリントの信徒への手紙 一」11・23~25)


キリスト教では、
イエスが全人類の罪を背負って
人類の代わりに殺された結果、
人類は罪が許されて救済されたと説いている。
人類の先祖であるアダムが犯した罪を清算するためには、
アダムに代わって
罪のない(アダムの血を引いていない)イエスが
殺される必要があったのだというのである(「ローマの信徒への手紙」3・23~25、5・12~19、「コリントの信徒への手紙 一」15・21~22、「テモテへの手紙 一」2・6、「ヘブライ人への手紙」10・10)。

したがって、
キリスト教の教義から言えば、
人類はイエスが生まれたことによってではなく
死ぬことによって救われたのだから、
イエスの誕生日よりも
処刑された日のほうが大切なことは明らかである。
イエス自身も自分の死を記念するようにとは言ったが、
自分の誕生日を記念しろとは言わなかった。
イエスが
「私の記念としてこのように行いなさい」と言ったのは、
自分の誕生日ではなく、
死の日の夜のことだった(「ルカによる福音書」22・19)。
イエスが弟子たちに行うように命じたのは、
イエスの誕生ではなく、
死を記念することだったのだ。

また、
『新約聖書』に収録された
イエスの伝記である四つの「福音書」の中で、
イエスの死について触れていないものは一つもないが、
イエスの誕生について触れているのは
「マタイによる福音書」と「ルカによる福音書」の
二つだけである。
「マルコによる福音書」と「ヨハネによる福音書」は、
イエスの誕生について何も語っていない。

そして何より、
『聖書』には
イエスの誕生日がいつであるかは書かれていないが、
イエスが処刑された日がいつであったかは
はっきりと書かれている。
それは
ユダヤ暦1月14日(現在の3月から4月ごろ)に
行なわれる
「過越」の日(「過越の小羊を屠る日」・「過越祭の日」)
である(「マルコによる福音書」14・12、15・6~9、「マタイによる福音書」26・17~19、27・15~17、「ルカによる福音書」22・7~16、「ヨハネによる福音書」13・1、13・29、18・39)。

『旧約聖書』の「コヘレトの言葉」にも、
「死ぬ日は生まれる日にまさる」とある(「コヘレトの言葉」7・1)。

「クリスマス」はイエスの誕生日ではない。
そしてそもそもイエスの誕生日自体が
キリスト教の教義からすれば
さして重要なものとはいえない。
「死ぬ日」の方が「生まれる日にまさる」のである。
イエスの死んだユダヤ暦1月14日を祝わずに、
イエスの誕生日かどうかもはなはだ疑わしい
「クリスマス」を祝ったりするのは
明らかにキリスト教の本旨を履き違えたものなのだ。
そして、
キリスト教的にさえこの「クリスマス」なるものに
大した根拠がないことを知れば、
ましてキリスト教徒でもない人間が
クリスマスだクリスマスだと言って
乱痴気騒ぎをすることが
いかに愚かなことであるかも
自然にわかるはずである。

[PR]
by imadegawatuusin | 2012-12-24 16:00 | キリスト教

東京アカデミー事件・和解報告 名古屋ふれあいユニオン

降格・賃下げ・職場のパワハラ等をめぐり、
株式会社東京アカデミーと
当労組組合員K及び当労組元役員酒井徹との間で
争われてきた事件は、
愛知県弁護士会のあっせん仲裁手続きにより、
以下の通り和解が成立しましたので
ご報告します。

(和解要旨)

1.会社は
  Kが適正な職場環境の下で
  就労する権利のあることに配慮し、
  従業員間の挨拶等良好な職場環境の形成に努め、
  Kは他の従業員と融和を図り、
  誠実に業務を遂行して
  正常な職場の秩序回復に協力する。
2.Kは当分の間、
  関連会社に在籍出向し、
  添削業務等につく。
3.Kは
  平成23年2月の降格処分と
  役付手当引き下げについて争わず、
  会社は平成25年2月のKの出向に際し
  役付手当を引き上げる。
4.会社はKに和解金を支払う。
5.職場環境及び就労条件等に関しては、
  会社と組合との誠実な団体交渉の場で協議し
  解決を図る。
6.K及び酒井並びに会社は、互いに
  その信用・名誉を毀損するような行為は
  行わないことを約し、
  Kと酒井は、
  会社が裁判上で指摘した記事を
  速やかに削除する。
7.会社とK及び酒井は、
  三つの裁判を取り下げる。


長期の裁判闘争を厳しい職場環境の中で
頑張り通したKさん、
本当にご苦労様でした。
今後より快適な職場環境のなかで働くことができるよう、
労働組合として支援を続けていきたいと思います。


【参考記事】
ユニオンにおけるインターネットの重要性

[PR]
by imadegawatuusin | 2012-12-21 14:45 | 労働運動

敦賀原発、即時廃炉を

(2013年2月10日掲載)

国の原子力規制委員会の評価会合が
福井県の敦賀原子力発電所について、
原子炉建屋直下の断層を
活断層の可能性が高いと判断した。
調査にあたった専門家の全員一致の見解だという
(朝日新聞12月11日)。

敦賀原発についてはすでに、
活断層である浦底断層が
敷地内を通っていることが分かっている。
原発建設の決定の過程でこうした事実が見落とされ、
活断層が走る危険な土地に
原発が建てられたこと自体が大問題だ。
建設決定に至る経緯を
深い反省の上に立って検証する必要があるだろう。

国の指針では
活断層の真上に原子炉建屋を建てることは
認められていない。
だが、
すでに完成してしまった原発で
活断層が見つかったときに
廃炉を強制する法令はないという。
これは明らかに法の不備だ。
あるべき法令がない状態で
原発行政が行なわれているのだ。

原発直下で地震が起きれば
大事故につながる可能性は高い。
福島のように広大な土地が汚染され、
故郷を奪われる人々が出る。
今度はもう、
「想定外」という言い訳は通用しない。

万に一つも原発事故があってはならない。
敦賀原発はただちに廃炉にするべきだ。
活断層の存在が見過ごされてきた事実がある以上、
現在停止中の他の原発についても
断層調査を徹底的に行ない直すべきである。
安易な再稼働は許されない。

[PR]
by imadegawatuusin | 2012-12-11 20:33 | 環境

比例区は社会民主党、
愛知1区は佐藤ゆうこさん(未来)に
投票します


11月16日に
民主党の野田総理大臣は衆議院を解散した。
総選挙は12月4日に公示され、
12月16日が投票日となる。

私は、
比例区においては
社会のあらゆる領域における民主主義の拡充を求める
社会民主主義勢力の国際組織・
社会主義インターナショナルに日本で唯一加盟する
社会民主党に投票する。
そして愛知1区においては、
保守的な価値観を持つ自民党や維新の会に比べて
リベラルな立場に立つ野党第二党・日本未来の党の
佐藤ゆうこさんに投票する。

確かに政権交代後の3年間は、
民主党が本来の支持基盤であるはずの
働く者の立場に立ちきることができず、
増え続ける国の莫大な借金に圧迫され、
やがては自民党に妥協に妥協を重ねていった
3年であった。
民主党がこの間、
労働者・国民の期待に
十分こたえきれてこなかったことは間違いない。
だがそれでも、
守旧的な自民党や
維新の会などの極右的「第三極」勢力と
同列に論じることはできない。

野田総理は解散にあたり、
「今回の総選挙の意義は
 『2013年以降の日本の舵取りを
  どの方向感で進めていくのか』ということ。
 前に進めるのか、
 政権交代の前に時計の針を戻して旧い政治に戻るのか、
 前に進むか後ろに戻るかが問われる選挙だ」と語った。

低所得者ほど相対的に負担が重くなる
消費税の増税まで行なっておきながら、
自民党は向こう10年間で
200兆円規模の公共事業を行なうとする
「国土強靭化計画」を発表。
従来型のバラマキ政治から一歩も出ていない実態を
暴露している。
危険な原発を廃止し、
自然エネルギーへの投資などで
雇用を生み出していこうとする方向性に
真っ向から背を向けているのが彼らである。

脱原発、脱格差・反貧困、
そして反戦平和の方向に政治を推し進めてゆくために、
社会民主党や日本未来の党、
日本共産党の躍進が必要だ。
そしてさらに小選挙区において、
社民党・未来の党・共産党の議席獲得が
見込めない場合、
自民党や維新の会の攻勢から
民主党がその議席を守り抜くことが求められる。

私は以上のような観点に立ち、
比例区は社会民主党、
愛知1区では
前職議員である未来の党の佐藤ゆうこさんに
投票する。

[PR]
by imadegawatuusin | 2012-12-03 19:09 | 政治