――全国、地域とのつながりについての提案――

■全国:「全国ユニオン」への参加を

「職場で1人」の組合員が多い
名古屋ふれあいユニオンは、
既存の社内労組のようには
ストライキを背景にして会社と交渉することが困難です。
法律を盾に取り、
行政機関に働きかけを行ないながら交渉をします。
つまり、
国の法律や行政機関の出す通達などの法令が
ユニオンの主要な「武器」となっているわけです。

ですから、
ユニオンがその力を存分に発揮するには、
法令そのものを
労働者にとって使いやすいものにしていかなければ
なりません。

ですが、
法律や法令を作る国会や省庁は
東京にありますので、
そうした活動をすることは
名古屋ふれあいユニオンだけの力では
限界があります。
個人加盟制労組の全国連合組織・
全国ユニオンに加入して、
東京・中央での交渉力を強化し、
私たちの要求を
制度・政策に反映させる必要があります。

また、
全国ユニオンは
日本最大の労働組合中央組織・
日本労働組合総連合(連合)に加入しています。
全国ユニオンに加入することで、
私たちは600万人の仲間を持つ
全国的な労働運動の一翼を担うことになります。
しかも「連合」は
政府とも各省庁とも日常的に交渉を行ない、
各種審議会にも委員を輩出するなどして、
労働行政に大きな影響力を持っています。
大企業や公務員中心の「連合」の中で、
非正規、
あるいは個人加盟組合員の多い
全国ユニオンの発言力を強化しなければ、
私たちの声を
そうした場に反映させることはできません。
また全国ユニオンはマスコミからの注目も高く、
高い情報発信力を持っています。

さらに「連合」は、
労働組合の国際組織・
国際労働組合総連合に加入しています。
全国ユニオンに加入することで
私たちは世界の労働者たちと結合し、
国際労働運動の一翼を
この愛知県で担うことができるようになるわけです。

一人では弱い労働者も
みんなで集まれば力が発揮できるように、
労働組合も
全国的・国際的に力を結集すれば
ますます力が強まります。
経営者の勝手気ままが横行する今こそ、
個別の労働組合の枠を超えた
全国的・国際的な
労働戦線の統一と団結が求められているのです。

現在名古屋ふれあいユニオンは、
全国ユニオン加盟のユニオンの大半も参加し、
その結成の土台となった
「コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク」
(全国ネット)には参加しています。
ただ、
全国ネットは現在のところ
連絡・交流を主とした協議会であり、
制度・政策要求の取り組みも
年に1回の厚生労働省交渉程度にとどまっています。
労働政策の決定や労働運動全体の動向に
大きな影響力を持つ「連合」にも
加盟していません。
また「全国ネット」はあくまでネットワークであり、
名古屋ふれあいユニオンには
きちんとした上部団体もない状態です。
多くの大企業にも労組を持つ
「連合」の一員となることで
社会的な信用は間違いなく高まります。
経営側の
「正体がわからない」という警戒を和らげるには
有効です。

労働者が職場で生き生きと働くためには、
問題が起きてから交渉するだけでなく、
社会の仕組みそのものを
経営者に有利なものから
労働者に温かいものへと変えていかなければなりません。
現在参加している
「全国ネット」への参加・連携・協力を
今後ますます深めて
政策要求を実現できる組織に強化してゆくことは
もちろんのこと、
その「全国ネット」を土台として設立された
「連合」産別組織である全国ユニオンへの
加入についても
次年度は積極的に討議の機会を設け、
来年の大会では組合員にその賛否を問う投票を行なって
全国ユニオンへの加入を実現するよう提案します。

■地域:ユニオン共同行動への参加の強化を

この愛知県には、
名古屋ふれあいユニオンの他にも
少しずつ性格の違う個人加盟制の労組が存在しています。
全日建連帯加盟の愛知連帯ユニオンや、
愛知全労協加盟のANUなどです。
上部団体や組織対象者が違っても、
同じ個人加盟制労組として
似たような課題に直面しています。
そうしたユニオンが一緒になって、
月に1回「ユニオン共同行動」が取り組まれおり、
互いの争議先への抗議行動や
宣伝活動などを共同で行なっています。

ですがこの1年間、
名古屋ふれあいユニオンは
多くの争議や裁判を抱えながら
この絶好の機会を
十分に活用できてこなかったのではないでしょうか。
争議や裁判状態となった案件については
抗議・宣伝行動をもっと積極的に行なって、
事件の早期解決を
促進してゆく必要があると思います。
抗議・宣伝行動は
ユニオンの社会的認知や注目も高めます。

争議権の行使を背景としなければ、
せっかくの団体交渉も
「ただの交渉」となってしまい、
会社側の譲歩や歩み寄りを引き出すことは困難です。
結果、
一つ一つの事件が長引き、
解決が滞れば、
事務局は多忙を極め、
新規案件への着手や組織拡大が難しくなってしまいます。
せっかく組織が拡大しても、
「組合員が増える→新規交渉事案が増える→
 事務局が多忙になる→組合活動が停滞する」という
負のスパイラルを招く結果になりかねません。
新規加入者を中心に
組合員を抗議・宣伝行動にどしどし結集することで、
「組合員が増える→争議動員力が高まる→
 事件解決力が高まり、組合が強化される→
 ますます組合員が増える」という
正のスパイラルに転換してゆく必要があります。
その繰り返しを重ねれば、
いずれは専従スタッフを増やすことも可能となり、
ユニオンのさらなる発展も可能となります。

行動への参加で
新規加入者も組合員としての自覚が高まり、
他の組合員との連帯意識も生まれます。
単に事件解決を促進するだけでなく、
解決後の定着率も向上します。
また、
行動への参加こそは最大の組合員教育でもあり、
次代を担う人材養成にもつながります。

私は、
月に1回の「ユニオン共同行動」を
未解決の争議案件の解決に向けて
地域の友好団体と共同で積極的に取り組むとともに、
現在2名いる専従スタッフのうち
最低1名は
月1回のこの日は予定を空けて
必ず組合責任者として行動に参加する体制を
確立すること、
争議・交渉中の当該組合員
(特に解雇・休職中の新入組合員)を積極的に動員し、
実地の相互支援を通して
組合員間の連帯を強めることを
来期の方針とするよう提案します。

すべての くにの はたらたみは、
むすがりましょう! 


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-01-31 18:05 | 労働運動

(2013年8月29日掲載)

東日本大震災の義援金として
社民党が集めたお金の4割にあたる
約1100万円が
今も使い道が決まらないままとの報道があった。
「事務作業が遅れた」とのことであるが、
党は「こうした事実を公表してこなかった」と
厳しく批判されている(朝日新聞1月28日夕刊)。

いわゆる「ネット右翼」などが
「義援金詐欺」などと
いわれのない中傷を行なう口実とされるのではないかと
危惧されてならない。

本来であれば、
党の理念に添った活動をしている団体を
きちんと選定するなどして
寄付することが考えられていたのであろう。
だが、
「義援金を身内に回した」などとの批判を
さらに招かないためにも、
全額を日本赤十字社に寄付するなどして
速やかに処理するべきだ。

〈追記 3月18日〉
社民党、東日本大震災救援募金の未寄託分の配分を決定

社民党全国連合常任幹事会は(酒井注:3月)7日、
党が募った東日本大震災救援募金の未寄託分など
(配分先が未決定だった約1090万円プラス
 千代田区を通じて交付された
 社会文化会館耐震診断費用助成金のうち
 国の復興予算を原資とする約280万円)の届け先の
5団体を決定した。
被災地の子ども支援を重視する観点から
検討していたもの。

配分先は、
①子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
②福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク
③あしなが育英会
④NPOこども福祉研究所
⑤財団法人福島県教育会館。
(『社会新報』2013年3月13日から転載)


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-01-29 14:58

――椎尾八幡宮へ 祭神は応神・仲哀天皇――

■ブログで公表、インターネットで話題に

極左内ゲバ集団・中核派系の前杉並区議・北島邦彦氏が、
山口県岩国市にある椎尾八幡宮に初詣に出かけたことを
自らのブログで明らかにした。
椎尾八幡宮は
右翼団体・日本会議にもつながる
宗教法人・「神社本庁」に所属しており、
祭神は応神天皇や仲哀天皇・神功皇后などである。
インターネット上では、
「北島邦彦はいつから天皇主義者に転向したのか」などと
北島氏の参拝を疑問視する声が上がっており、
話題となっている。

■「神社は天皇制とは違う」か

北島氏を批判する意見に対し、
「『神社=天皇』ではない」とする反論もある。
「明治政府によって吸収・統合された各地の神々を
 みんな『天皇制』として拒否する事はない」と
いうのだ。
たしかに、
地域の神社の多くは
元々は「氏神様」のようなものが
漠然と祭られていたところから始まったのだと思われる。
しかし、
現在は神社自身によって
その祭神が「応神天皇」や「仲哀天皇」であると
明示されているのであれば、
元々どうであったかにかかわらず、
今は「応神天皇や仲哀天皇が祭られている」と
見るしかないのではないだろうか。

靖国神社が、
「元々は戦争の犠牲者となった戦没者を祭り、
 平和を祈願する神社だったのだ」というような意見も、
それ自体としては
確かにそれらしくはあるわけであるが、
現在は
戦争を引き起こした張本人であるA級戦犯らが
合祀されており、
単純に
「戦没者を祭り、
 平和を祈願する神社」と見るわけには
いかなくなっているのと似ている。

■唯物論は「神」を拝む行為とは相容れない

さらに、
天皇制云々を脇に置いたとしても、
原則的な「レーニン主義」の党派であることを標榜する
中核派の指導的政治家(と目される人物)が、
何のためらいもなく神社に参拝し、
それを公然とブログで公表するのは
いかがなものだろうか。

北島氏が唯物論者ではなく、
個人的宗教信念としては神社神道の信者であり、
その上で
中核派の政策と手法のみに共感して党に加わっている
「神社神道社会主義者」であるというのなら話は別だが、
おそらくそうではないのであろう。
北島氏のこれまでの言動を見る限り、
彼は原則的な「レーニン主義者」であり、
当然 唯物論者であると思われる。

そうであるならば、である。
本来 唯物論とは、
この世はごくわずかの狂いもなく
物の筋道(物理法則)に従って動いていると考える
科学的な ものの見方であるはずだ。
「神」とか「霊」とかの
非科学的な存在を信じる考え方とは
根本的に相容れない。
そうした神や霊の類を
拝んだり信じたりするものではないはずだ。

「神」とか「霊」といったものが実在し、
そうした「神」とか「霊」とかに
この世界を動かす力があるなどと信じる考え方は
唯物論とは正反対の観念論だ。
「応神天皇」や「仲哀天皇」といった人物
(あるいは遠い「ご先祖様・氏神様」であったとしても)
は既に物質としては機能を停止している
(=亡くなっている)にもかかわらず、
なお霊魂が生きて働いていると考えるのも、
人の精神の活動を物質から切り離されたものと見る
観念論だ。
死んだ人にはもはや意識はない。
神を拝み、
これに祈ることによって神の力を借りようとするのは
観念論者のすることであって、
唯物論者のすることではない。
唯物論者にはただ、
生前の死者の言動や業績に思いをはせ、
そこから生きる活力や指針を汲み出すことしかできない。
それは、
神社に参拝することとは本質的に異なることだ。

■初詣は「しなくても困らない」こと

インターネット上では、
「おまえんとこのテレビは、
 パナソニックか、シャープか? 
 パナソニックなら、
 松下資本の犬ということになる」などという
乱暴な意見も飛び出していたが、
テレビを見ることと神社に参拝することとを
同列に論じることはできないと思う。

現代社会でニュースを見、
ドラマやアニメやバラエティー番組を楽しもうと思えば
テレビを買わざるをえない。
(私は金銭的な事情からまだ家にテレビがないのだが)。
そして現在、
家電の生産手段は全て資本家に握られており、
そこで働く労働者が一人一票で経営者を選出して
労働者自身が職場を運営する
労働者協同組合で生産されたテレビというもの
はまだないわけである。
だから私たち労働者は、
パナソニックなりシャープなり、
思想信条にかかわらず
とにかく資本の手から
テレビを買わざるをえないのであって、
パナソニックのテレビを買ったからといって
松下資本の手先扱いされてしまっては
たまったものではない。

しかし神社への参拝については事情が違う。
唯物論の立場に立てば、
物質から切り離された「神」や「霊」といったものは
実在せず、
そうしたものにこの世界を動かす力はないわけだから、
神社に参拝してもしなくても
別に不都合は生じない。
したい人はすればいいが、
したくなければ別にしなくてもいいわけである。
にもかかわらず参拝したということは、
自分の主体的な判断に基づいて参拝したということだ。
さらに、
単に個人的に参拝しただけでなく
これをブログで公表しているのである。
政治家として、
党派の指導者として、
支持者の模範となるべき人物がこういうことをすれば、
当然影響が広がることは予想される。
単に迷信を助長するだけでなく、
右翼的姿勢を隠さない神社本庁の立場を
強化することにもつながっていく。

■君が代には職務命令でも拒否せよというのに

中核派は君が代の斉唱はおろか、
起立さえも拒否するように呼びかけている。
もちろん、
それをとやかく言うつもりはない。
私も高校時代は一貫して
斉唱拒否・起立拒否を押し通してきた。
それはひとえに、
私が皇室制度に反対する共和主義者であるからであり、
「君が代」(天皇が日本国の象徴である状態)が
「千代に八千代に」続くことを
願うことはできないからだ。
中核派の人々も、
(理由は少しずつ違うかもしれないが)
同様のこだわりがあるのだと拝察する。
しかし、
君が代の起立・斉唱に対しては、
たとえ職務命令であっても
「40秒間のストライキに決起せよ」と呼びかけている
「レーニン主義」の党派の指導的政治家が、
他方では何のこだわりもなく
あっさり神社に参拝してしまうという精神構造に
私はやはり理解に苦しむものを感じてしまう。

歴史をひもとけば、
過去にはキリスト教徒の人たちに
神社参拝が強制されたこともあった。
創価学会の人たちが、
伊勢神宮のお札を祭るよう強制されたこともあった。
そうした圧力に抵抗し、
弾圧を受け、
果ては獄中で亡くなった人もいるわけである。

他方、
現在の北島氏は
神社参拝を職務命令されたわけではないはずだ。
参拝するつもりがなければ
参拝しなくても誰も文句は言わないだろう。
にもかかわらず参拝する。
「レーニン主義」の党派の指導的立場にある
(と目される)政治家であり、
原則的な唯物論者であるはずなのに
それでも参拝する。
私には今ひとつ理解できない。
もちろん、
参拝するしないは北島氏の自由である、という
信教の自由は大前提の上での
個人的な感想であるのだが。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-01-19 14:58 | 政治

――匿名で発信、事実関係は滅茶苦茶――

■事実誤認と悪意に満ちた「質問」

"Google"で
「名古屋ふれあいユニオン」と検索すると、
ユニオンのホームページに続いて2番目に、
ふれあいユニオンを誹謗中傷するページが
登場した。
「Yahoo!知恵袋」という質問コーナーに
投稿された投書、という形をとっているが、
明らかに
ユニオンへの悪意に満ちたデタラメなものだ。
投稿者は「ID非公開」氏である。

「ID非公開」氏は、
「名古屋ふれあいユニオンの所長が
 『バカにしとるのか』とか
 『俺が責任者だ』一方的に話まくしたて、
 交渉内容を無視させる話し方をされ」たと
訴える。

名古屋ふれあいユニオンの組合員なら、
この時点でこの投書のデタラメさが
わかるだろう。
名古屋ふれあいユニオンには
「所長」などいない。
いもしない「所長」が
「一方的に話まくしたて」るわけもなければ、
「交渉内容を無視させる話し方を」
するはずもない。

早い話がこれは、
いもしない
「名古屋ふれあいユニオンの所長」なる人物を
でっち上げ、
ふれあいユニオンが言うはずもないセリフを
その人物に吐かせることで
ユニオンを貶めようとする
極めて悪質な謀略記事なのである。

続いてこの「ID非公開」氏は、
「名古屋ふれあいユニオンン(酒井注:原文のママ)は、
 何処が管轄しているか分からないので、
 聞いても、
 そんなものは無い。
 名古屋ふれあいユニオンン(酒井注:原文のママ)単独なので
 そんなものは無い。と言われた。
 まともな話し合いが出来ません」という。

しかしそもそも労働組合というものは、
労働者が自主的に設立し、
自ら民主的に運営する団体なのである。
それを管轄したり指導したりする役所など
存在しない。
これは名古屋ふれあいユニオンに限らず、
どこの労働組合であってもそうなのである。

また、
名古屋ふれあいユニオンは
地域単一労働組合であり、
現在のところ上部団体は存在しない
独立系のユニオンである。
それは別に悪いことでもなんでもなく、
そうしたユニオンで
立派に活動しているところはいくらでもある。

「労働組合を管轄する役所などない」、
「名古屋ふれあいユニオンは
 独立系の単一労組」という
ごく当たり前のことをもって、
「ID非公開」氏は
「まともな話し合いが出来」ないと
一方的に決め付けるのだが、
だったら、
どんな労働組合となら
「まともな話し合いが出来」るというのか。
役所が管轄する労働組合など
日本中どこを探してもないのである。

こうした「事実」を並べ立てた後、
「ID非公開」氏は、
「名古屋ふれあいユニオンン(酒井注:原文のママ)に
 詳しい方、
 教えて下さい」と質問して
文章を締めくくる。

■「ベストアンサー」もデタラメ

この「質問」に対する「ベストアンサー」も
またひどい。
「労働組合です。

 かなりきわどいやり方をしていると言う
 うわさがあります。
 組合員にも
 すぐに脱会ができないようにしている
 らしいです。
 組合費をかせぎたいかんじです」
というのである。

「かなりきわどいやり方をしていると言う
 うわさがあ」るというが、
具体的に
どのような「うわさ」があるというのか。
名古屋ふれあいユニオンは
1999年に設立されて14年間、
愛知県の個人加盟制労働運動を
その中心となって牽引してきた。
派遣や偽装請負といった
弱い立場の労働者を助け、
多くの事件を解決してきた。
リーマンショックの際、
多数の「住み込み派遣」労働者が
職と住まいを同時に失い
路上にたたき出されたときなど、
当時運営委員長であった私は
自分の家に
3度もそうした労働者を泊まらせて
保護したこともある。
名古屋ふれあいユニオンは
誇りを持って働く者のために活動しており、
何一つとして
後ろ指をされるようなことはしていない。
「きわどいやり方をしている」事実が
あるのであれば、
具体的に事例を挙げて指摘すべきだ。
そうでなければ
ただの印象操作でしかない。

唯一具体例として挙げられているのは、
「組合員にも
 すぐに脱会ができないように
 しているらしい」ということだけだが、
事実として間違っていることは
言うまでもない。
名古屋ふれあいユニオンは
組合員から退会の申し出があれば
いつも速やかに対応しており、
転居や金銭的な問題などから
退会を申し出て辞めていく組合員は
いくらでもいる。
「脱会できない」というようなことを
言っている組合員が一人でもいるのであれば、
前委員長である私のところ
(名古屋市中区正木四丁目5番6-907号
 090-4901-9364
 SAKAI-Tooru@excite.co.jp)へ
是非ともご一報いただきたい。
速やかに退会手続きをとるよう
事務局に申し入れを行なうことを約束する。

さらにこの回答者が悪質なのは、
愛知県に実在する
「東名水道サービス」という会社の名をかたって
このような「回答」を行なっていることだ。
会社が労働組合のことを
根拠もなく
「かなりきわどいやり方をしていると言う
 うわさがあ」るとか
「組合員にも
 すぐに脱会ができないように
 しているらしい」などと
公の場で発言すれば、
間違いなく違法な不当労働行為となる。
「東名水道サービス」を名乗る
この「回答者」は、
実在する会社が
あたかも違法行為を行なっているかのように
見せかけるという、
二重の名誉棄損行為を行なっているのだ。
他者を批判するのなら、
実在する会社の名をかたったりせず、
正々堂々と責任の所在を明らかにして
発言すべきだ。

匿名でユニオンを誹謗中傷する
「ID非公開」氏よ! 
「東名水道サービス」を名乗る卑劣漢よ! 
名古屋ふれあいユニオンは
このような謀略的な手口には
絶対に屈しない。
ユニオンのやり方に批判があるなら
こうした姑息なやり方はやめ、
公明正大に主張すべきではないだろうか。

すべての くにの はたらたみは、
むすがろう! 


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-01-15 16:58 | 労働運動

(2013年3月16日掲載)

GHQの民政局スタッフとして
日本国憲法の男女平等条項(憲法24条)を起草した
日本育ちの米人女性・ベアテ=シロタ=ゴードン氏が
昨年12月30日に亡くなった。

憲法24条の条文、
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し……」は今も、
本人たちが望まない結婚の強制を
国の責任で禁じる積極的な意味を持つ。
しかし他方、
現在世界的な論点となりつつある同性婚を
憲法で禁止するという守旧的な側面も
現在では出てきている。
「当事者双方の合意」を婚姻成立の要件と考えるのが、
「性による差別の禁止」を求めたゴードン氏の
本来の精神に適うのではないか。

幼少期を日本で過ごした氏が
憲法に込めた意思を受け継ぎ、
さらに前へと発展させよう。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-01-13 12:54 | 男女共同参画