(2013年8月29日掲載)

北朝鮮の政権党である朝鮮労働党の機関紙・労働新聞が
3月17日の論説で
自国への経済制裁の強化に反発し、
「米国が核戦争の導火線に火をつければ、
 ただちに侵略者らの本拠地に
 核の先制打撃権を行使する」と主張した。
論説は、
「米帝(米国)に土地を丸ごと差し出し、
 再侵略を狙う日本も決して例外ではない」と、
米軍基地のある日本も
核攻撃の対象に含むとしている(朝日新聞3月18日)。

自国がいまだ武力攻撃を受けたわけでもないのに
他国に先制攻撃をしかけることは
国際法に違反する侵略行為にほかならない。
そのようなことが許されてしまえば、
世界中で国と国との争いが
たやすく戦争に発展してしまうことになるだろう。
相手の国に攻め込んだわけでもない国に
一方的に攻撃を加える
先制攻撃を正当化するような論理は
国際秩序のルールを破壊する。
専守防衛を国是とするわが国の立場も
脅かしかねない恐ろしい主張だ。

まして核兵器は、
あまりにもすさまじい破壊力を持つものであり、
攻撃の対象を軍事施設に限ることが難しい。
ひとたび核兵器が使われてしまえば、
多くの民間人が巻き添えになって殺されてしまう。
また生き残った人々も放射能に被ばくし、
子々孫々まで原爆症で苦しむことになるだろう。
福島第一原発の事故でも明らかになった通り、
核の放射能は大地を広範囲に汚染し、
多くの人々からふるさとを奪いかねない。
核兵器は人類史上最悪の
非人道兵器に他ならないのである。
どのような理由があっても核兵器の使用は許されない。
ましてや、
その核兵器で他国に先制攻撃をしかけるなど
もっての他である。

北朝鮮がわが国に核兵器で攻撃を行なった場合、
日本と軍事同盟関係にあるアメリカが
核兵器による報復攻撃を行なうことも予想される。
そうなれば世界は、
人類がいまだかつて経験したことのない
核戦争のただ中に投げ込まれることになってしまう。

私は
日米軍事同盟には明確に反対の立場であり、
国連と自衛隊とを中心とした安全保障体制を
確立すべきだと考えている。
しかし
北朝鮮がこのような
日朝間の緊張を高める発言を行なえば、
日米軍事同盟の強化や、
場合によっては日本独自の核武装さえ主張する
タカ派的な勢力が勢いを増すことになるだけだ。
 
そもそも日本には
多くの在日朝鮮人が暮らしている。
日本に対して核攻撃を行なえば、
そうした在日朝鮮人も
巻き添えを食って被爆することになることだろう。
現に、
広島や長崎への原爆投下のときには
多くの朝鮮半島出身者が犠牲になっているのである。

わが国と国交のない北朝鮮の
日本における在外公館的機能を事実上果たしているのは
朝鮮総連だ。
だがこの朝鮮総連の本来の目的は、
在日同胞の権利擁護にこそあるはずだ。
朝鮮総連が真に在日同胞を守る組織であるならば、
在日同胞の命を脅かし、
わが国の排外主義を助長する北朝鮮の核先制攻撃論には
きっぱりと反対の意思を表わすべきではないだろうか。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-03-19 15:09 | 国際

日本の代表的な日刊紙である
『朝日新聞』の去年11月17日の「オピニオン」欄で
評論家の塩田潮(うしお)さんが、
「『憲法改正即、タカ派』と捉えるべきではない。
 むしろリベラル派の人たちも、
 憲法改正の中身と、
 目指すべき方向の議論に取り組むべきだ」と
提言していた。
私も全く同感である。

私は社会民主党の党員である。
世間的には
「護憲の党」というイメージの強い社民党だが、
党の綱領である『社会民主党宣言』には
実は「護憲」という言葉はどこにもない。
『社会民主党宣言』には
「憲法の理念」の「実現」とか
「平和憲法を守る」といった言葉はあるが、
現行憲法をそのまま守るとは
どこにも書かれていないのである。
だから私のように、
血統主義的な皇室制度は憲法から削除すべきだとか、
「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」すると定める
憲法24条を改正して
同性婚を認めるべきだと主張する「改憲派党員」も
社民党にはいるのである。

単に
「今ある憲法をそのまま守る」との立場に
終始するだけでは、
発想も運動もどんどん保守的になっていく。
「護憲」か「改憲」かという発想ではなく、
いいものはいい、
悪いものは悪いと言えばいいだけの話なのだ。
タカ派的な「改憲派」勢力が
今回の総選挙でも勢いを増す中、
「護憲」に汲々とするリベラル勢力は
このところ防戦一方だ。
平和・人権・民主主義の旗を掲げる
リベラルな勢力の側こそが、
より民主的・より平和的・より人権擁護的な憲法構想を
むしろ積極的に対置してゆくことが
今こそ求められているのではないだろうか。

【関連記事】
2人の「左翼」が僕を改憲論者に転向させた
憲法改正で皇室制度を廃止しよう
左からの改憲提言はタブーか
「守る」運動から「変える」運動へ
改憲、社民党での論議を歓迎


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-03-18 18:49 | 政治

『新約聖書』の「ヤコブの手紙」に、
「神に近づきなさい。
 そうすれば、
 神は近づいてくださいます」という言葉がある(「ヤコブの手紙」4-8)。
唯物論者である私としては、
ここで言う「神」とは、
昔の人々が
真理や正義といったものを言い表すために擬人化した
比喩的な表現であるととらえたい。

まず私たちの側(がわ)が
真理や正義といったものに向って
その一歩を踏み出すべきなのである。
そうすれば真理や正義は私たちの側に近づいてくる。
真理を求め、
正義を求め、
こちらの側から積極的にそういったものに近づいてゆく。
そうした主体的な生き方が
私たちには求められているのではないか。
「マタイによる福音書」や「ルカによる福音書」に、
「求めなさい。
 そうすれば、与えられる。
 探しなさい。
 そうすれば、見つかる。
 門をたたきなさい。
 そうすれば、開かれる。
 だれでも、
 求める者は受け、
 探す者は見つけ、
 門をたたく者には開かれる」とあるのは
そういうことであるのではないか
(「マタイによる福音書」7-7~8、「ルカによる福音書」11-9~10)。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-03-17 18:29 | 雑記帳

――第15回大会の開催にあたって――

1.全国ユニオンへの参加

「職場で1人」の組合員が多い
名古屋ふれあいユニオンは、
既存の社内労組のように
ストライキを武器にして会社と話し合うことが困難です。
法令を盾に取り、
行政機関に働きかけを行ないながら話し合いをします。
ですから、
ユニオンがその力を生かしていくためには、
法令そのものを労働者にとって
使いやすいものにしていかなければなりません。

ですがそうした活動をすることは
名古屋ふれあいユニオンだけの力では限りがあります。

個人加盟制労組の全国組織・全国ユニオンに加入して
中央での交渉力を強くし、
私たちの声を制度政策に反映させる必要があります。

労働者が職場で生き生きと働くには、
問題が起きてから取り組むだけでなく、
社会の仕組みを
経営者に有利なものから労働者に温かいものへと
変えなければなりません。
全国ユニオンは
わが国最大の労働組合中央組織・連合にも
加わっています。
私は次期運営委員会に、
ふれあいユニオンの全国ユニオンへの加入について
話し合い、実現するよう求めます。

2.ユニオン共同行動への参加強化

この愛知県には、
名古屋ふれあいユニオンの他にも
個人加盟制の労働組合が存在しています。
同じ個人加盟制労組として
似たような課題に直面しています。
そうしたユニオンが一緒になって、
月に1回「ユニオン共同行動」が取り組まれおり、
抗議行動や宣伝活動などを共に行なっています。

ですがこの1年、
ふれあいユニオンは多くの争議や裁判を抱えながら
この機会を生かしてこれなかったのではないでしょうか。

争議状態や裁判状態となった案件については
抗議行動や宣伝行動を
もっと積極的に行なっていく必要があると思います。
地域の友好団体と速やかに話し合って
月に1回の「ユニオン共同行動」の位置づけを明確にし、
争議・失業中の仲間にも行動への参加を強く呼びかけ、
2人いる専従スタッフのうちの最低1人は
月1回のこの日だけは
予定を空けて必ず行動に参加する体制を
確立するように求めます。

3.組合法人化の実現

現在、
組合のHPには代表者の名前も載っておらず、
交渉申入書を見て運営委員長の名がわかっても
それがどこの誰だかわからないという状態に
なっています。
これではユニオンが
社会的信用を得るのは難しいと思います。

私たちの交渉相手となる株式会社や有限会社は
全て法務局に法人登記をしており、
どこの誰がやっている会社なのかが分かります。
そうした会社を相手にする労働組合が、
実は任意団体で、
代表者がどこの誰かも分からないというあり方は
良くないと思います。

私は、
次の1年間で
ユニオンの法人化へ向けた動きを実際に始め、
次の大会までには
その進み具合を具体的にお伝えいただけるように
していただけるように求めます。

すべての くにの はたらたみは、
むすがりましょう! 


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-03-17 13:09 | 労働運動

理想の自分を演じよう

はじめは振りだけでもいい。
偽せものだってかまわない。
まずはあこがれの自らの振りをするところから始めよう。
あこがれの自らならばするはずである行ないを
そのまま まねしていく感じで
行ない抜いていくならば、
やがては私があこがれのありかたになっていく。
目指すあり方そのものになりきることで
この世の理(ことわり)を身に付けて、
あこがれの自らを演じきろう! 
なりたいあり方になりきれるまで、
そうある振りをし続けるのだ。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-03-16 12:38 | 雑記帳

出勤は最大の職場闘争

障害を持つ私にとって、
どの日もきちんと仕事に出て行き
定められた終わりの時まで仕事をやりきることこそは
この上ない仕事場での闘いであるといえる。

毛沢東は、
「階級闘争、生産闘争、科学実験は、
 ……三つの偉大な革命運動である」と言っている
(毛沢東『毛沢東語録』竹内実訳)。
仕事場での闘いを礎(いしずえ)として、
日々の学びと世の中への働きかけとを結びつけ、
この世の世直しに役立てる私になれるように
努め励んでいきたいものだ。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-03-15 19:30 | 雑記帳