――帽子屋が示した「資本主義の倫理」――
f0104415_1534378.jpg

■母狐のつぶやきの意味は

『手ぶくろを買いに』は
大正・昭和初期の童話作家・新美南吉の有名な作品だ。

冷たい雪でしもやけになった子狐の手を見て母狐は、
毛糸の手袋を買ってあげたいと決意する。
そこで母狐は子狐の片手を人の手に変え、
銅貨を握らせ、
かならず人間の手のほうをさしだすんだよと
言いふくめて
町の帽子屋へ
毛糸の手袋を買いに行かせてやるのである。

ところが子狐は間違って、
母狐が出してはいけないと言っていた狐の手の方を
帽子屋に差し出してしまう。
帽子屋は一目で狐であると理解するが、
それでも持ってきた銅貨が本物であることを確認し、
きちんと毛糸の手ぶくろを子狐に持たせてやったのだ。

ある経済学者が、
健全な資本主義の発展に必要なのは、
この『手ぶくろを買いに』の帽子屋が示した態度であると
言っていた。
相手が人間の子供であろうと子狐であろうと、
きちんとお金を持って来たら
きちんと手ぶくろを売ってあげるという
資本主義の倫理だ。
相手が狐だからといってお金をふんだくったり、
値段を吊り上げたりはしない。
そのお金を客がどうやって手に入れたのかも問わない。
客がお金を差し出せば、
正直に、
誠実に、
こちらも商売をするという姿勢が
資本主義の倫理なのだ。
この姿勢がないと、
市場経済というものは正常に機能しないというのである。

資本主義が当たり前になった今に生きる私たちは、
お金を持ってきた子狐に
手ぶくろを売った帽子屋の態度を
ごく当たり前であると感じる。
特段賞賛するほどのことをしたのだとは
思わないのではないだろうか。
どうして母狐が
帽子屋の態度にこれほど驚いたのかが
もはや理解できないほど、
私たちにはこの資本主義の倫理が
当たり前のものとして染み付いている。

けれど、
資本主義勃興の当時にあって、
「お金を持って来さえすれば、
 相手が狐でも物を売る」という態度は
決して当たり前のことではなかった。
そのことを踏まえなければ作品の終わりの、
「ほんとうに人間はいいものかしら。
 ほんとうに人間はいいものかしら」という
母狐のつぶやきの意味は理解できないのである。

【参考記事】
書評:『ごんぎつね』(新美南吉)
新美南吉「おじいさんのランプ」について


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-07-25 15:16 | 文芸

政府のクールジャパン推進会議が、
「正統な」日本料理の伝道師育成を
打ち出していることを
5月31日の朝日新聞社説で知った。
「海外での正しさの押し付けは逆効果」と
社説は指摘する。
私も同じ考えだ。

たとえば日本の家庭に定着しているカレーは、
インドの「正統な」カレーとは別物だ。
だが、
インドから「正統なカレー」を押し付けられていれば、
これほど日本で子供たちに親しまれるものには
ならなかっただろう。
ラーメンも、
しょうゆや味噌ラーメンは中国にはなく、
「日式老麺」と呼ばれているという。

現地の文化に溶け込んでこそ外来文化は広まり、
定着する。
新聞社説にもある通り、
「謙虚さこそ、日本文化のクール」な戦略なのだ。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-07-24 09:45 | 文化

『倫理宏正新聞』2013年4月下旬号に、
日本人の性質として次のようなことが書かれていた。
「日本人の心とは、
 桜のようにパッと咲いて、パッと散るのを
 潔しとする――とよく言われる。
 しかし、
 勤勉で我慢強く、コツコツと努力する人を見ていると、
 そうとも言えないのでは? と首を傾げたくなる人も
 いるのではないか」。

たしかに、
「勤勉で我慢強く、コツコツと努力する」のは
日本人の特質とされる。
しかしそれは、
あくまで
見込みがあると思っているうちの話なのでは
ないだろうか。
ひとたびダメだと「見切りをつける」と、
「無駄な努力」は「あがき」とみなされ、
「諦めが悪い」と軽蔑されるように思えるのである。

「無駄な努力」をしないで
「見切りをつける」生き方は
ある意味「効率的」で「合理的」ではあるだろう。
だが、
「諦めが悪いあがき」の中から
逆転勝利が見えてくることもあるのではないか。

昔、
将棋の名人の強さの秘訣を探ってみると、
「勝ってから喜び、負けてから悲しむ」ことだと
わかったという話があった。
実際に勝つまで気を抜かない。
実際に負けるまであきらめない。
勝負は終わってみなければ分からない。
そんな不屈の心意気の中から
生まれるものもあるはずだ。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-07-23 09:48 | 雑記帳

日蓮宗にちれんしゅう 法華経寺ほけきょうじで 行なわれている百日大荒行ひゃくにちだいあらぎょう
修行者の 死が 相次いでいることが 問題になっている。
昨年度は 30代の 僧侶が
修行中に 体調不良で 病院に 運ばれ、
その日のうちに 亡くなった。
2000年以降で 死者は 3人目であるという。

そもそも、
仏教を 開いた 能仁(シャカ)は、
当時 インドにおいて 行なわれていた 苦行によっては
悟りを 開くことは 出来ないと 断じたはずだ。
そして、
荒行でも 怠惰でもない 中道に
救いの 道を 見出したのである。

それに 対して 日蓮宗の 百日大荒行は どうか。
百日大荒行は
毎年 11月1日から 翌年の 2月10日まで 行なわれる。
その間、
冬の さなかも 1日 7回の 水行が 課され、
食事は かゆと 汁物の 一日 2回。
睡眠は 一日 3時間ほどであるという。
まさしく、
釈迦が 禁じた 苦行 そのものと いうべきではないか。

しかも、
この 百日大荒行を 達成すると
加持祈祷が 出来る 「修法師しゅほっし」という
日蓮宗 公認の 資格が 得られるというのだ。
この資格の 取得が 百日大荒行の 目的と 化していると
危惧する 声も 上がっているという(朝日新聞5月14日)。

呪術能力の 開発のために 修行をすることは
明らかに 仏教の 本旨に 反している。
仏教の 最も 古い 経典で、
歴史的人物としての 能仁(シャカ)の 言葉に
近いとされている 詩句を 集めた
『スッタニパータ』(『経集』)の 第927詩には、
能仁(シャカ)自らの 言葉として、
「わが徒は、
 ……呪法と夢占いと相の占いと星占いとを
 行なってはならない」と
はっきりと 記されているのである(『ブッダのことば』中村元[はじめ]訳、岩波文庫、201ページ)。


..... Ads by Excite 広告 .....
[PR]
by imadegawatuusin | 2013-07-22 09:50 | 仏教