人気ブログランキング | 話題のタグを見る

板野博行『語句ェ門777』について(その4)

本書74ページに掲載されている
四コマ漫画には、
「西欧に旅行するときは
 気をつけよう
 ホテルのろうかは屋外といっしょ
 パジャマで歩いちゃいけないよ」
とある。
同じ著者の『語句ナビ690』73ページでは、
「西欧においては
 『部屋』が『内』であり、
 そこを出ればすべて『外』である」と
指摘されている。

それに対して日本はどうかというと、
「日本において内と外のはっきりしている境界もある。
 それは『家』の内と外の区別だ。
 家に入るのに玄関で靴を脱がなければならないことに
 象徴されるように、
 『家の内と外』の区別は歴然としている。
 一方、
 一歩家の中に入ると
 各部屋の仕切りは『襖(ふすま)』や『障子』に象徴されるように、
 西欧ほどはっきりとは
 壁や扉で区切られていない」。
「西欧では
 自分の部屋から一歩外に出れば、
 家の中でも『外』の意識になるのとは
 対照的だ」。

この違いは、
「個人」を基本単位と見る西欧の個人主義と、
「イエ」を基本単位と見る
日本の「イエ中心主義」の違いに
対応しているのではないだろうか。
本書では、
「西欧では
 あくまで個と個とは区切られた別の存在」、
「日本の場合、
 一家は運命共同体であり、
 強固な自我の意識が発達しなかった」とある
(本書75ページ)。


【戻る】
板野博行『語句ェ門777』について(その1)
板野博行『語句ェ門777』について(その2)
板野博行『語句ェ門777』について(その3)

【進む】
板野博行『語句ェ門777』について(その5)
板野博行『語句ェ門777』について(その6)

板野博行『語句ナビ690』について(その1)
板野博行『語句ナビ690』について(その2)
板野博行『語句ナビ690』について(その3)
板野博行『語句ナビ690』について(その4)
板野博行『語句ナビ690』について(その5)

by imadegawatuusin | 2009-08-05 21:20 | 日本語論
<< 中部イノアック荒木争議、円満解決 板野博行『語句ェ門777』につ... >>