人気ブログランキング |

9月24日、愛知県労働委員会傍聴へ!

――槻本力也分会長の証言迫る――

■愛知製鋼闘争、いよいよヤマ場
トヨタグループの鋼材メーカー・愛知製鋼は長年、
偽装請負会社・三築(社長:大久保文和)から
違法な多重派遣を受けてきた。
しかし、
協力会社従業員の内部告発をきっかけに、
三築社長・大久保氏の労災隠しや
脱税などが明らかに。
三築従業員や協力社員らは
名古屋ふれあいユニオンに結集し、
知多分会を結成。
直前には
役員が年間7000万円もの役員報酬を受け取り、
1億8000万円もの資産がありながら
会社を突如解散して従業員全員の首を切った
三築を相手に解雇無効の裁判を、
職場の労災・安全衛生問題に関して
「派遣労組に団体交渉権はない」と言い張る
愛知製鋼とは労働委員会闘争を闘っている。

今年2月9日には、
愛知労働局が労働者派遣法違反で
愛知製鋼を文書指導。
労働局は、
労働者派遣法上の期間制限を越えて
名古屋ふれあいユニオン組合員・久保勝司さんを
愛知製鋼が受け入れていたと認定し、
久保さんの直接雇用が望ましいとする指導を行なった
愛知製鋼は新聞社の取材には、
「違法とは思っていなかったが、
 指導を受けたのは事実」(中日新聞2月26日)、
「真摯に受け止めており、
 誠意を持って対応したい」(朝日新聞2月26日)などと
一見しおらしくコメントしてみせた。
にもかかわらず、
それから1週間もしない3月3日、
久保さんは突如、
愛知製鋼から別の現場に変わるよう
派遣会社に指示され、
産業廃棄物処理の施設に飛ばされ、
1万600円だった日当が
7千300円にまで下げられたのだ。
愛知製鋼はこれをもって、
「労働局の指導を受け適切に対応した」と称している。

名古屋ふれあいユニオンは
久保さんの直接雇用問題に関する
愛知製鋼の団交拒絶についても、
愛知県労働委員会に追加申立を行なった。

そしていよいよ9月24日(木)、
名古屋ふれあいユニオンの愛知製鋼闘争は
最大のヤマ場を迎える。
これまで愛知製鋼で働いてきた
偽装請負・派遣労働者らでつくる
名古屋ふれあいユニオン知多分会の
分会長・槻本力也さんが
愛知県労働委員会で証人として登場するのだ。

9月24日(木)午後1時30分、
愛知県庁西庁舎8階の
愛知県労働委員会(地下鉄名城線市役所駅下車)に
多数の傍聴を獲得し、
不正を居直る愛知製鋼を圧倒しよう! 
愛知製鋼の数々のウソを徹底的に暴露する
槻本さんの証言をみんなの応援で支えよう!


《愛知製鋼不当労働行為事件・審問スケジュール》
9月24日(木) 午後1時30分~ 主尋問及び反対尋問
  証人 槻本力也(名古屋ふれあいユニオン知多分会長)

10月6日(火) 午後1時30分~ 主尋問及び反対尋問
  証人 浅野文秀(名古屋ふれあいユニオン事務局長(申立当時委員長))


【参考記事】
愛知製鋼:構内下請労組、不当労働行為救済申立
トヨタ系 愛知製鋼:「派遣労組に団交権なし」と主張
偽装請負を正当化する愛知製鋼の「言い分」
労働局:派遣法違反で愛知製鋼に文書指導
偽装請負・労災隠しもう許さない
愛知製鋼が不正告発の「派遣社員」切り捨て
愛知製鋼不当労働行為事件、和解成立
愛知製鋼事件和解の意義(弁護士 中谷雄二)


職場の理不尽を許さない、強く優しい地域労組の建設を!
愛知県下の未組織労働者は名古屋ふれあいユニオンに結集し、
全ての職場に人権労働運動の灯をともそう!



労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第11回定期大会では、
「連合」単産・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山303号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
by imadegawatuusin | 2009-09-07 21:56 | 労働運動