人気ブログランキング |

ワーカーズコープはYさんを職場に戻せ!

――「なごやボランティア・NPOセンター」でまた解雇事件!――

■一方的なシフト削減・雇用関係否定を許さないぞ!
2009年6月、
「なごやボランティア・NPOセンター」
2度目の解雇事件が勃発しました。

解雇されたのは職員のYさん
「なごやボランティア・NPOセンター」で結成された、
名古屋イキナリ労組の書記長を務めていた
人物です。
Yさんは
「なごやボランティア・NPOセンター」の管理・運営を
名古屋市から委託されている
NPO法人ワーカーズコープから解雇されました。

いま全国で、
このように元々行政がやっていた公的な仕事を
「指定管理」と称して民間に下請けに出す手法が
広がっています。
「お役所仕事」の評判の悪さも手伝ってか、
「NPO法人が仕事をしてくれるのなら
 いいんじゃない?」との評価も
よく聞きます。

しかし、本当にそれだけでいいのでしょうか。
Yさんの解雇事件はそのことを
私たち市民一人一人に問いかけるものです。

Yさんは2008年5月8日、
「時給850円、期間の定めなし、
 就業場所:NPOセンター、
 始業・就業 8時30分~17時30分、
 休日:4週8休」という「就労契約書」を
NPO法人ワーカーズコープと交わし、
「なごやボランティア・NPOセンター」で働いてきました。
「非常勤職員」とされてきましたが、
仕事を始めて3ヶ月後には上司から
「8月15日から常勤職員として
 頑張ってもらう」と言われていました。

しかし8月15日を過ぎても何の音沙汰もなく、
8月27日には逆に、
「9月以降の勤務は半月で3日程度になる」(!)と
一方的に通告されてしまいました。

Yさんは収入が激減。
医者にもかかれなくなって持病が悪化し、
家賃も払えなくなりついにはホームレス状態に
なってしまいました。

裁判の中でNPO法人ワーカーズコープ側は、
上のような「就労契約書」を交わしていたにもかかわらず、
Yさんとの契約は労働関係ではなく
「集団的自己雇用関係」であったなどと主張して、
裁判官にもビックリされている始末です。
こんなへ理屈が、こんな理不尽な話が
名古屋市の所有する公共の施設で
まかり通ってもいいのでしょうか。

私たちはNPO法人ワーカーズコープに、
Yさんを再び「なごやボランティア・NPOセンター」の職場で
働かせるよう求めます。
市民のみなさまの圧倒的な注目とご支援を
よろしくお願いいたします。


【関連記事】
『KY解雇』が発生? 名古屋市の施設の指定管理者交代のその後
名古屋イキナリ労組、ふれあいユニオンに合流
ワーカーズコープ、Nさんにも自宅待機命令
インタビュー:ワーカーズコープに労組ができました
ワーカーズコープは労基法を守れ!
自治労・ワーカーズコープ職員ユニオン誕生!
なごやボランティア・NPOセンター前で解雇に抗議
ワーカーズコープ、男性解雇を撤回


ボランティアセンターのYさんを支える会・準備会
460-0024 名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山303 名古屋ふれあいユニオン気付
TEL:052-679-3079 FAX: 052-679-3080
nagoya_vnpo_mondai@mail.goo.ne.jp
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/
当会ではカンパ・賛同人を募集しています。カンパ個人一口1000円。会報も発行予定。
郵便振替 00800-8-126554 名古屋ふれあいユニオン(「Yさんを支える会」とお書き下さい)
準備会呼びかけ人・酒井徹(名古屋ふれあいユニオン運営委員長)
by imadegawatuusin | 2010-01-13 20:06 | 労働運動