人気ブログランキング |

2月、トヨタ総行動・反貧困集会に大結集を!

――10春闘勝利! 愛知に反貧困のネットワークを!――

連合の古賀伸明会長と日本経団連の御手洗冨士夫会長との
労使トップ会談が1月26日に開催されて、
いよいよ10春闘の火ぶたが切って落とされました。
ここ愛知県では昨年12月に、
トヨタ自動車が系列部品メーカーに対して
全車種・全部品の部品価格を
現行から3割程度引き下げるよう
「要請」を行なうという異常な情勢の中で、
10国民春闘が闘われることになります。

これまでも、
愛知自動車産業の頂点に君臨するトヨタの
下請企業への「要請」は、
一次下請から二次下請、
二次下請から三次下請へと転化され、
トヨタ生産構造の底辺で
社会保険にも加入できない非正規・外国人労働者や
最低賃金さえもらえない外国人「研修生」など、
絶望的な貧困層を生み出す温床となってきました。

低賃金・リストラ・派遣切りにあった
労働者の購買力は大幅に減退し、
ものが売れないからメーカーは値段を下げる、
値段を下げれば利益率が薄くなり、
メーカーはコストを下げるために
さらなるリストラを強行する……。
そうしたデフレの悪循環を断ち切るために
経済産業省は昨年11月20日に
「下請事業者への配慮等について」と題する
通達を発出。
「取引対価は、
 ……下請事業者の適正な利益を含み、
 労働時間短縮等労働条件の改善が可能となるよう、
 下請事業者及び親事業者が協議して決定すること」と
明記しました。
また同日出された経済産業省の通達・
「下請取引の適正化について」も、
「親事業者の予算単価のみを基準として、
 一方的に通常の単価より低い単価で
 下請代金の額を定めること」を禁じています。
そのわずか1ヶ月後に、
全系列企業・全部品への
一律3割の価格引き下げを「要請」するとは、
法令無視もはなはだしい暴挙と言わざるを得ません。

これまで、
全ての負担は下へ下へと押しつけられてきました。
そしてその底辺で、
下請労働者が、
非正規・外国人労働者が、
そして外国人「研修生」・「実習生」らが
貧困のどん底に追いやられ、
多くの涙を流してきたのです。

今こそ私たちはこの流れを変え、
負担を上へ上へと
押し返してゆかなければなりません。
なぜなら、
その頂点にあるトヨタは、
今もって11兆円もの内部留保を
溜め込んでいるからです。

首切り・賃下げ攻撃に対して労働者は、
自らの雇用と生活を守るため、
労働組合に結集して団結し、
「クビ切るな! 生きさせろ!」と
負担を経営者に転化しなければなりません。
そして、
経営者をして協同組合に団結させ、
共同受注・共同販売で元請け会社に
下請単価の引き上げを迫らせ、
下請けの負担は元請けに転化させなければ
ならないのです
(協同組合加盟企業が部品の値段を
 「共同受注・共同販売」により
 統一価格で受注・販売することは、
 独占禁止法の「カルテル禁止」の
 適用除外とされています)。
こうした取り組みが最終的には、
頂上企業・トヨタ自動車の内部留保を
下請・労働者・地域社会に還元させ、
消費者の購買力の増大・内需主導の景気回復へと結びつき、
貧困の連鎖に歯止めをかけることを可能とします。

この2月、
愛知県では労働者はもちろん、
中小企業や広範な市民団体の参加する、
10春闘勝利・反貧困の
非常に重要な集会が相次いで予定されています。
愛知県の個人加盟制労働組合名古屋ふれあいユニオン
「コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク」加盟)は、
2月11日(休)午後1時から
豊田市・山之手公園で開催される「トヨタ総行動」と、
2月28日(日)午後1時から名古屋市・中区役所ホールで
反貧困ネットワークの湯浅誠・宇都宮健児氏を招いて
開催される「『なくそう貧困! つながろう愛知』集会」への
大結集を呼びかけます。


「第31回トヨタ総行動」
日時:2月11日(木・休)午後1時から
場所:豊田市・山之手公園(愛知環状線・三河豊田駅下車)
内容:集会後トヨタ自動車本社へデモ行進
問い合わせ先:第31回トヨタ総行動実行委員会
       (電話:052-871-5433)


「『なくそう貧困! つながろう愛知』集会」
日時:2月28日(日)午後1時から
場所:名古屋市・中区役所ホール(地下鉄・栄駅下車)
内容:湯浅誠反貧困ネットワーク事務局長講演
   宇都宮健児反貧困ネットワーク代表講演
   当事者・運動団体の発言など
   集会後、トヨタ・ミッドランドスクエアへデモ行進
問い合わせ先:反貧困をめざす愛知集会実行委員会
       (電話:052-916-5080)


【関連記事】
反貧困愛知集会に500人


労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第11回定期大会では、
「連合」単産・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山303号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
by imadegawatuusin | 2010-01-29 18:25 | 労働運動