人気ブログランキング |

ツカモト「実習生」事件、名古屋地裁で和解成立

――原告側「納得のいく解決」――

■名古屋ふれあいユニオンが支援
最低賃金で働くベトナム人「実習生」5人が、
日本人の約10倍の「寮費」を取り立てられ
実質的には最低賃金以下で働かされたとして、
「実習」先である
愛知県稲沢市の自動車部品会社・ツカモト
訴えていた裁判で、
2009年12月28日に名古屋地裁で和解が成立した。
原告方関係者は、
和解内容は守秘義務によって言及できないが、
原告らの納得のいく解決ができたと
評価している。

原告の「実習」生5人は
愛知県の個人加盟制労働組合名古屋ふれあいユニオン
「コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク」加盟)
に加盟し、裁判闘争を闘っていた。


【関連記事】
ベトナム人は家賃10倍!?
by imadegawatuusin | 2010-01-03 22:12 | 労働運動