人気ブログランキング |

鹿縞新聞(『かしまし』漫画版)

――東京都鹿縞市に宇宙船墜落――

■巻き込まれた少年が少女に性転換
200×年6月某日夜、
東京都鹿縞市鹿縞山に、
大きさ約2000メートルの宇宙船が墜落した。
この事故で、
鹿縞高校3年の大仏はずむ君(17)が巻き込まれて怪我を負い、
宇宙人による組織再生治療を受けた。
その結果、
怪我については全快したが、
遺伝子レベルで性別が反転し、
大仏はずむ君は女の子になってしまった。

■宇宙船、地球人類行動心理学調査過程で事故
墜落した宇宙船は「ジャン・プウ」。
「第五段階進化生物における行動心理学」の調査のために
地球を訪れていたが、
その過程で船に故障が起き、墜落した。
宇宙人側は、
墜落事故に地球人が巻き込まれたことを受けて、
「惑星間生命保護法」にのっとり、
地球人側にその存在を明かして謝罪した。
宇宙人側は大仏はずむ君の観察のため、
大仏君の自宅にしばらく滞在する意向であるという。

■元少年、当日夕に失恋、鹿縞山に
宇宙船墜落事故に巻き込まれて性転換した
大仏はずむ君は当日夕方、
同級生の神泉やす菜さんに告白して失恋、
その痛手を癒すために、
多くの緑の残る鹿縞山にたたずんでいた。

■内向的な植物好き 同級生「もともと女の子みたい」
大仏君はガーデニング部に所属し、
植物が非常に好きだったようだ。
よく植物に話しかけ、
『君たちといると気が休まる』などと語っている。
大仏君の告白を断った神泉やす菜さんによると、
大仏君は以前、
『じっと耳をかたむけていると、
 植物の気持ちが心に伝わってくる』と語っていたという。
同級生の中には、
『大仏君は女顔だったので、
 もともと女の子だった気がする』などと語る声もある。
幼馴染の来栖とまりさんによると、
小さいころには「とまりちゃんのおヨメさんになる」と
語ったこともあるという。

■父「何があろうと前向きに」 母「実は女の子ほしかった」
事故に巻き込まれて性転換したことについて大仏君の父親は、
『今回のことは災難だったけど、
 人間、何があろうと前を向いて生きていかなきゃならない。
 というわけで、
 今晩は一緒にお風呂に入ろう。
 お父さん、
 娘と一緒にお風呂に入るの夢だったんだ』などと語った。
大仏君の母親は大量の女の子服を買い込み、
『実は女の子がほしかった。
 はずむは何を着せても似合う』などと語っている。

【作品批評】
あかほりさとる×桂 遊生丸『かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~』メディアワークス(評価:4)
主人公の「植物好き」という属性が、
実に巧みな形で生かされている作品である。
単に主人公の内向性や優しさを示すだけでなく、
「あの日、彼がなぜ鹿縞山にいたのか」という、
物語り全体を支配する重要なポイントにも
きちんとつながっているのである。

《次に読むべき本》
この本が気に入った人は、
なんと言っても女装漫画の最高傑作・
やぶうち優『少女少年』シリーズ(小学館てんとう虫コミックススペシャル)に
手をのばしてみるべきだろう。
男の子も女の子も読む、小学館の学習雑誌に連載されていたためか、
男性にも非常にとっつきやすい内容となっている。
「少女漫画」というジャンルそのものへの入門書としても最適だ。

《そのうちに読むべき本》
美女装漫画の代名詞とも言うべき
吉住渉『ミントな僕ら』(りぼんマスコットコミックス)や、
読んでいて楽しく ほほえましいエピソードが満載の、
なるもみずほ『少年ヴィーナス』(角川書店)もお薦めだ。


酒井徹お薦めの女装漫画》
1.やぶうち優『少女少年』シリーズ(Ⅰ~Ⅶ)、小学館てんとう虫コミックススペシャル
2.吉住渉『ミントな僕ら』全6巻、集英社リボンマスコットコミックス
3.志村貴子『放浪息子』エンターブレイン
4.なるもみずほ『少年ヴィーナス』全4巻、角川書店あすかコミックス
5.松本トモキ『プラナス・ガール』ガンガンコミックスJOKER

女装漫画に関する関連記事
「マンガ・アニメに女装少年」 『朝日新聞』が報道
やぶうち優『少女少年』第一期解説
やぶうち優『少女少年II―KAZUKI―』解説
『アイドルマスター Neue Green』(黒瀬浩介)について
片山こずえ『女のコで正解!』について
筒井旭『CHERRY』について
篠塚ひろむ『ちぇんじ!』について
林みかせ『君とひみつの花園』について
富所和子『ないしょのココナッツ』について
水内繭子『恋する子どもたち』について



..... Ads by Excite 広告 .....
by imadegawatuusin | 2006-04-19 17:32 | 漫画・アニメ