人気ブログランキング | 話題のタグを見る

署名も個人情報 開示請求可能

――名古屋市:県知事リコールで――
署名も個人情報 開示請求可能_f0104415_01380066.jpg
■解職派からも"不正署名"の声
愛知県の大村知事リコール署名で、
リコールを推進してきた側から
「不正署名」の存在を告発する動きが起こっている。
 
リコール署名は
昨年の「あいちトリエンナーレ」での
大村知事の対応への不満から
今年8月に始まった。
署名期間は県内の大半の自治体で既に終了し、
リコール団体側は各市区町村の選挙管理委員会に
11月4日に署名を提出した。
だが署名提出に立ち会ったリコール派の豊川市議は、
「(酒井注:署名の中には)
 どう見ても無効の(悪意ある)ものも…
 本当、やめてほしい」、
「筆跡、拇印が何人も同じで書かれたものなど、
 誰が見ても審査通らないもの」、
「その規模から個人がやったとは思えません」などと
ツイッターでつぶやいている。
 
このような中で名古屋市では、
選挙管理委員会に提出されたリコール署名簿について、
市民からの個人情報開示請求に応じている。
開示請求を行なった人の署名が有った場合は、
その署名や住所・生年月日・印影など個人情報の
「開示決定」がなされるという。
無かった場合は「非開示決定」がなされる。
開示では、
署名簿の当該部分の写しが交付されるという。
本人以外の者が勝手に署名していた場合、
その筆跡を手に入れることが出来る。 
 
名古屋市ではこうした個人情報開示請求を
名古屋市役所西庁舎1階に在る「市民情報センター」で
受け付けている。
市民情報センターでは既に、
必要事項が印刷済みの、リコール署名専用の開示請求用紙が
用意されている。
 
私の住む名古屋市中川区では、
有権者の1割以上に当たる1万8408人が
署名したことになっている。
本当だろうか。
誰かが私の名前で勝手に署名していないだろうか。
私は11月16日に開示請求を行なった。
市民情報センターの職員は私に、
「各選管と協議の上で、開示することになった」、
「若しも署名が有れば、写しを交付するが、
 その際、白黒だと1枚10円、カラーだと1枚50円かかる」
と話した。
私は、
「1枚でなく、
 (私の署名が)何枚も出てきたらどうなるのか」と尋ねた。
職員は、
「それはまた別の問題が出てきますけど……」と
苦笑いしつつ、
「全て開示する」とした。
 
署名が有った場合、
原則として情報開示請求の日から「14日以内」に
開示決定がされる。
但し、
署名簿も膨大なため、
更に時間が必要な場合には「期間延長通知書」が届くという。

by imadegawatuusin | 2020-11-17 01:41 | 政治
<< 関生東海の会:"棘&... 地域労組きずなに偽ツイッター >>