人気ブログランキング |

白取春彦『仏教「超」入門』について (補章1)

■世は無常。だからこそ、向上・発展あり
白取春彦『仏教「超」入門』58ページに
次のようにある。

「世」という漢字は、
流転する、移り変わっていく、という意味です。
したがって、
世間も世界も恒久的ではなく、
絶えず変化して、とどまらないものなのです。


絶えず変化するからこそ向上がある。
絶えず変化するからこそ発展がある。

世が無常であることは、
悲むべきことでも むなしいことでもなく、
厳然たる事実であり、真理なのだ。

その事実をどう生かし、
その事実にどう生かされてゆくかは、
ひとえに本人の努力次第ということになる。


《戻る》
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その1)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その2)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その3)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その4)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その5)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その6)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その7)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その8)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その9)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その10)」
「白取春彦『仏教「超」入門』について(その11)」

《進む》
「白取春彦『仏教「超」入門』について (補章2)」
by imadegawatuusin | 2008-07-15 07:42 | 仏教