人気ブログランキング |

「オールトヨタは一つ」

――多国籍企業の組合つぶし糾弾!――

■オールトヨタの一員として
トヨタ系列の経営陣がしばしば好んで使う言葉の一つに、
オールトヨタは一つ」というものがある。
「オールトヨタが一丸となって……」など、
グループの結束を協調し、誇示する目的で使われることが多い。
トヨタグループの閉鎖性・排他性を象徴する言葉だという人もいる。

けれど、
本当に「オールトヨタは一つ」なのだろうか。

フィリピンで、
トヨタ労働者が労働組合を結成した

しかし、
現地法人は交渉の席にすらつこうとしない。
第2組合にテコ入れし、
組合に留まり続ける勇気ある労働者たちの首を切る。
組合勝訴の最高裁判決も国連ILO勧告もどこ吹く風。
やりたい放題の不当労働行為を繰り返している。

これに対して本国・日本のトヨタ本社
「現地の問題は現地で」と、
ただひたすら繰り返すのみ。
「オールトヨタは一つ」ではなかったのか。

先日、
トヨタ自動車の下請け会社・TMCで働いていた〔注1〕
ベトナム人「実習生」6人が裁判闘争に立ち上がった。
〔注1〕正確には、TMCの6人は、
トヨタ系企業・東海理化系列の東海クラフトの構内で、
請負会社TMC所属の「研修生・実習生」として働いていた。

本来「研修生・実習生」とは、
日本企業の持つ高度な技術・技能を習得し、
帰国後は現地の産業発展に貢献するために来日している人々のことだ。
来日1年目は「研修生」、
その後2年間は「実習生」と呼ばれ、
合計3年間の滞日と、製造現場での「学習」とが認められている。
特に来日1年目の研修生は一種の「留学生」として、
日本の労働法規を適用除外(エグゼンプション)されている。

しかしTMCにおいては、
初年度の「研修生」のときから、
本来は禁じられている残業が常態化していた。
「彼女らは『研修生』であって『労働者』ではない」というタテマエの下で、
日本の労働法規で定められた最低賃金を
大幅に下回る「生活費」で働かせていたにもかかわらず、
その、日本に「研修」に来たはずの人に、
なぜか残業をさせていたのだ。(居残り勉強?)

そしてそのうえ、
日本の労働法規の適応を受けるものとされる「実習生」期間に達しても、
なおも彼女らを最賃以下の賃金で働かせ、
トイレに行くと1分あたり15円、
電話を使うと1万円という法外な「罰金」を徴収していた。
(彼女らのわずかな賃金においては、
 15円の罰金も痛いのだ。
 まして1万円の電話など使えるはずがない。
 これは事実上、
 彼女らの外部との連絡を完全に遮断するということに他ならない)。
彼女らはパスポートも預金通帳も取り上げられて
会社に縛り付けられており、
セクハラも横行していたという。

こうした事態が新聞などで報道された際も、
トヨタ本社は「取引先の問題」などと
冷たいコメントを寄せていた。
「オールトヨタは一つ」ではなかったのか。

日本でやって恥ずかしいことは
海外でやっても恥ずかしい。
本社で起こしていけないことは
子会社においても起こさせない。
そうあってこそ真に
「オールトヨタは一つ」と言えるのではないか。
トヨタは、クルマ作りも組合潰しも世界一」等と言われては、
オールトヨタの一員として、
僕はやっぱり恥ずかしい。

こうした問題が起きたときこそ、
僕たちトヨタ労働者は、
「オールトヨタは一つだ!」と、
声を大にして叫ばなければならない。
確かに僕たちは、
企業法人の名称は違うかもしれない。
所属する組合が違うかもしれない。
国籍が違うかもしれない。
雇用形態が違うかもしれない。
けれど、
そうした違いを乗り越えて、
やはり僕らはオールトヨタの仲間なのだ。
仲間がどこかで困っていれば、
やはり何かをしてあげたい。
それこそ真の、
オールトヨタ精神ではないか。

先月18日、
僕や、わが名古屋ふれあいユニオン浅野委員長をはじめとする
5団体および10個人は、
「TMCのベトナム人実習生6人の裁判闘争を支える会」を結成した。
フィリピントヨタ労組の組合員に対する「海を隔てた人権侵害」。
そして、
本国・日本、TMCのベトナム人実習生6人に対する
「足元における人権侵害」。
二つの問題の根は、
深いところでつながっている。
国境を超えて拡がるグローバル資本の横暴だ。
日産ネスレの問題も同様である。

これに対して僕たちは、
「海を隔てた国際連帯」と「足元における国際連帯」とを結びつけ、
対抗してゆかなければならない。

フィリピントヨタ闘争とTMCベトナム人実習生闘争。
二つの「トヨタ改善闘争」に勝利し、
「もう一つの世界」を求める国際的な潮流へと合流しよう!

オールトヨタは一つだ!
3・31「多国籍企業の組合つぶしを糾弾する東京集会」万歳! 
東京における本日の集会には所用のため参加できないが、
トヨタの本拠地・愛知県から、
心を込めた連帯の挨拶を送りたい。


≪裁判維持のため、カンパの集中を!≫
TMCのベトナム人実習生6人の裁判闘争を支える会     
連絡先:名古屋労災職業病研究会
   (愛知県名古屋市昭和区山手通5-33-1 杉浦医院4階)
郵便口座:00870-5-205553 
メール:roushokuken@oregano.ocn.ne.jp


【関連記事】
トヨタ系ベトナム人「実習生」裁判報告会
フィリピントヨタ労組連帯行動
TMC裁判:「実習生」リエンさん、本人尋問に臨む
フィリピン労組支援者:名古屋モーターショーで宣伝
NFU:今年もフィリピントヨタ労組キャンペーンに参加
豊田協同組合・TMC、ベトナム人実習生らに和解金
フィリピントヨタ労組を支援する愛知の会第5回総会
フィリピントヨタ労組エド=クベロ委員長と交流
フィリピントヨタ労組連帯、トヨタ本社前行動
フィリピントヨタ労組、今年も来日
フィリピントヨタ労組連帯行動に参加!

by imadegawatuusin | 2007-03-31 01:06 | 労働運動