人気ブログランキング |

2008国際女性デー愛知県集会決議

日本政府への決議
私たちは3月8日、
「世界の女性たちとの連帯で、
 なくそう!格差と貧困
 輝かせよう! 世界の宝・憲法9条」
のスローガンを掲げ、
名古屋市教育館で開かれた
2008年国際女性デー愛知県集会に集いました。

沖縄での米海兵隊員による女子中学生暴行事件、
マグロはえ縄漁船「清徳丸」への
イージス艦「あたご」衝突事故など、
米軍基地の再編・強化と
米軍・自衛隊の一体化が進む中で起こった、
国民の安全といのちを奪う重大事件に、
私たち女性は耐え難い悲しみと怒りをこめて
抗議します。
2月29日小牧基地に配備された空中給油輸送機に
強く抗議します。
また、
未来ある若者に、
日雇い派遣に象徴される非人間的労働と
貧困を強いる日本社会とは一体何なのかと、
強い憤りを覚えます。

私たちは、
日本政府がアメリカと大企業中心の政策を改め、
世界に誇れる憲法九条をまもり生かして
世界平和に貢献するとともに、
国民のくらしと雇用、教育、社会保障をまもり改善することを
強く要望いたします。


1、イージス艦衝突事件の徹底究明をおこなうこと。
  米兵犯罪を許さない確固とした態度を表明し、
  日米地位協定の抜本的見直しをおこなうこと。
  原子力空母の横須賀基地配備を含め
  米軍基地の再編強化計画を中止すること。
  在日米軍基地を縮小・撤去すること。
  「ミサイル防衛」など軍備増強をただちにやめ、
  軍事費を大幅に削減すること。
  イラク、インド洋から自衛隊を撤退させるとともに、
  海外派兵恒久法は制定しないこと。
  空中給油輸送機を小牧基地に配備しないこと。
  非核3原則を厳守し、
  法制化すること。
  核兵器全面禁止・廃絶の国際協定の実現へ
  被爆国としてのイニシアチブを発揮すること。
  日米安保条約を破棄すること。
  憲法尊重擁護の義務を果たすとともに、
  憲法を改悪しないこと。

1、物価高騰に必要な対策をとること。
  国民のくらしと中小企業の営業を破壊し、
  「社会保障税」の名に値しない消費税増税をやめること。
  児童扶養手当の削減や
  生活保護の母子加算廃止の計画を
  中止・撤回すること。
  大企業減税をやめ、
  応分の課税をすること。
  ガソリン税の暫定税率廃止など
  道路特定財源を一般財源化すること。
  大企業による下請け単価切り下げをやめさせ、
  公正な取引ルールの確立をおこなうこと。

1、最低賃金を時給1000円以上にすること。
  不払い残業を根絶し、
  残業代割増率を5割に引き上げ、
  有給休暇100%取得を使用者に義務づけること。
  女性も男性も仕事と生活の両立が実現できる、
  人間らしく働くルールを確立すること。
  保育所の増設、学童保育の公的拡充をおこなうこと。

1、すべての職場から男女差別をなくすこと。
  非正規労働者の労働条件改善と均等待遇の実現、
  労働者派遣法を派遣労働者保護法として
  抜本改正すること。
  ILOパート労働条約の批准をおこなうこと。
  改正均等法の間接差別の禁止内容を
  実態にあうものに改めること。
  自営業・農林漁業の家族従業者の働き分を
  法・制度で定めること。

1、後期高齢者医療制度を中止・撤回すること。
  医療政策を抜本的に見直し、
  産科・小児科をはじめ誰でもいつでもどこでも
  安心して受けられる医療体制・制度を確立すること。
  子どもの医療費無料を
  国の制度にすること。
  国保料を引き下げ、
  保険証取り上げをやめること。
  国保に傷病手当・出産手当を設けること。
  介護保険制度への国庫負担引き上げ、
  保険料減免制度を創設すること。
  「宙に浮いた年金」問題を国の責任で解決すること。
  年金受給資格の大幅短縮、
  増税によらない全額国庫負担での
  最低保障年金制度の創設をはかること。

1、米をはじめ農畜産物の価格保障をおこなうこと。
  輸入農産物や冷凍加工品に頼る政策をあらため、
  食料主権の立場から食糧自給率の向上と安定供給、
  食の安全を実現すること。
  CO2の中長期削減目標をもち、
  産業界との削減協定締結、
  自然エネルギーへの政策転換、
  環境(炭素)税導入など、
  地球温暖化防止への抜本的な対策をたてること。

1、国民のくらしにかかわる公共サービスの
  切り捨てにつながる
  公務の「民間開放・市場化テスト」や
  中央・地方間格差の拡大をもたらす地方分権は
  やめること。
  「公共工事における賃金等確保法(公契約法)」条例を
  整備すること。

1、改悪教育基本法による管理・統制教育を
  やめること。
  全国一斉学力テストや
  「日の丸・君が代」の押しつけ、
  教員免許制度改革推進事業をやめること。
  義務教育国庫負担率を2分の1に戻すこと。
  30人学級を実現すること。
  不当な教科書検定の中止、
  沖縄戦の軍命による集団自決や
  日本軍「慰安婦」問題の事実を
  教科書に載せること。

1、日本軍「慰安婦」問題で、
  「強制連行はなかった」と事実をいつわる言動に
  毅然と対処し、
  一刻も早く被害女性たちが求める解決を講じること。
  男女平等や女性の人権確立、
  男女共同参画の理念に逆行する
  ジェンダーバックラッシュを許さず、
  選択的夫婦別姓制度など民法改正の早期実現、
  女性差別撤廃条約選定議定書の
  早期批准をはかること。
  ジェンダー平等の豊かな社会を実現すること。

2008年3月8日
2008年国際女性デー愛知県集会


アメリカ政府への決議
私たちは、
世界中の女性が連帯し行動する3月8日、
「なくそう!格差と貧困
 輝かせよう!世界の宝・憲法9条」のスローガンを掲げ、
名古屋市教育館で開かれた
2008年国際女性デー愛知県集会に集いました。

私たち女性は、
沖縄米海兵隊員による女子中学生暴行事件を
断じて許すことはできません。
満身の怒りをもって抗議します。
14歳の少女が卑劣な犯罪の犠牲になったことに、
女性として母親として耐え難い思いです。
私たちは、
横須賀での女性殺害事件など、
全国で相次ぐ米兵犯罪、基地被害を目の当たりにして、
「基地ある限り、苦しみはなくならない」との思いを
強く抱いています。

先制攻撃・核使用戦略をとるアメリカ政府は、
米軍と自衛隊の一体化によって
世界中に軍事介入する体制づくりを推しすすめています。
それは、
日本とアジア、
世界の女性を脅かすものです。
日本国民の税金を使い、
しかも住民や自治体が強く反対しているのに、
在日米軍基地の再編・強化を押しつけるなど、
ぜったいに許されません。

9・11テロから7年。
アメリカがイラクへの侵略戦争を始めてから
5年が経とうとしています。
イラク戦争が大義なき戦争であったこと、
暴力は暴力しか生み出さず、
「戦争ではテロを防げない」ことが
いよいよ明らかになっています。

日本国憲法前文は、
「いずれの国家も、
 自国のことのみに専念して
 他国を無視してはならないのであって、
 政治道徳の法則は、普遍的なものであり、
 この法則に従うことは、
 自国の主権を維持し、
 他国と対等関係に立とうとする各国の
 責務であると信ずる」と述べ、
憲法9条で、
武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄すると定めています。
アメリカ政府が、
世界の宝ともいえる憲法9条を実質的に放棄させ、
日本を再び「戦争する国」に変えようと
圧力をかけていることに
改めて強く抗議します。

9条が輝く平和な21世紀を築くために、
貴政府に以下のことを強く要請します。

1、沖縄女子中学生への暴行事件など
  米兵犯罪への厳重な処罰とともに、
  日米地位協定の抜本的見直しをおこなうこと。

1、米軍犯罪、基地被害の拡大につながる
  横須賀への原子力空母配備をはじめ
  在日米軍基地の再編・強化をただちに中止すること。
  沖縄駐留米海兵隊の即時撤退、
  在日米軍基地の縮小・撤去をおこなうこと。
  アジアと世界の平和を阻む
  日米安保条約を解消すること。

1、自衛隊の海外派兵、
  集団的自衛権行使をねらう解釈改憲、
  武器輸出3原則の解除、
  憲法9条の改悪など、
  日本に内政干渉の圧力をかけないこと。

1、イラクやアフガニスタンでの軍事行動を直ちに停止し、
  米軍及び同盟軍をすみやかに撤退させること。

1、先制攻撃・核使用戦略を放棄すること。
  宇宙にまで核軍拡競争を広げる
  ミサイル防衛計画を中止すること。
  一切の核実験計画と
  小型核兵器開発・核軍備強化を
  直ちに中止・破棄すること。
  核兵器全面禁止・廃絶の「明確な約束」を
  すみやかに実行し、
  国際協定の実現のために
  最大の核保有国としての責任を果たすこと。


2008年3月8日
2008年国際女性デー愛知県集会


《参考記事》
新婦人愛知:国際女性デー愛知県集会開催
国際女性デー愛知県集会に110人

by imadegawatuusin | 2008-03-09 00:42 | 男女共同参画