人気ブログランキング |

地域労組、トヨタグループ3社に抗議行動

――ジェイテクトから団交応諾回答勝ち取る!――

■地域共闘の力で団交の扉を切り開いたぞ!
愛知県の個人加盟制労働組合名古屋ふれあいユニオン
6月25日、
トヨタ自動車海外営業拠点やジェイテクト本社など
トヨタグループの中枢機能の集中する名古屋駅前で、
愛知製鋼(旧豊田製鋼)・豊田スチールセンター・
ジェイテクト(旧豊田工機)のトヨタグループ3社による
団交拒絶・引き延ばしに抗議する行動を行なった。
行動には友好労組のユニオンみえ
管理職ユニオン東海などからの応援者を含め
約20人が参加した。

抗議行動はまず、
トヨタグループの総合商社・豊田通商の株主総会に合わせ、
会場となる豊田センチュリービル前で展開された。
豊田通商は、
名古屋ふれあいユニオン組合員の中国人正社員女性に対して
トヨタ自動車出身の専務が
パワハラ・人種差別発言を行なった疑いがもたれている
豊田スチールセンターの親会社である。
ユニオンを通じて
上司のパワハラ・人種差別発言を告発した当該組合員は、
その後、
これまでの業務とは全く違う部署に配置転換されてしまった。
名古屋ふれあいユニオンは、
彼女に対する専務のパワハラ・人種差別発言疑惑と
配置転換とについて、
これまで再三にわたる団体交渉申し入れを行なっているが、
豊田スチールセンターはこれを明確に拒絶している。
名古屋ふれあいユニオンは豊田通商株主の方々に、
子会社における人権侵害事件への注目を呼びかけ、
労働者の声に耳を傾けていただけるよう訴えた。

その後 抗議行動は、
ジェイテクト本社やトヨタ自動車海外営業拠点の集う
名古屋駅前ミッドランドスクエアに集結。
ジェイテクトや愛知製鋼に対し、
速やかに団体交渉に応じるよう呼びかけた。

ジェイテクトは直接雇用の日系ブラジル人労働者が
名古屋ふれあいユニオンに加盟したにもかかわらず、
5月15日の団体交渉申し入れ以来、
1ヶ月以上立った抗議行動当日になっても
団体交渉開催に向けた具体的な回答を
ユニオンに対して行なわなかった。
また愛知製鋼は、
労働者の命に関わる職場の安全・労災の問題についても、
派遣労組に就業先への団交権はない」と
公然と居直っているのである。

名古屋ふれあいユニオンは両社に対し、
自分たちのやっていることに
やましいところがないのであれば、
正々堂々と団体交渉のテーブルに付くよう
呼びかけた。

また、
応援に駆けつけた管理職ユニオン東海の
堰代委員長もマイクを握り、
トヨタ下請・中央発條においておこった
沖縄の派遣難民使い捨て事件
いわゆる「サンワスタッフ事件」について訴えた。

こうした行動が功を奏し、
これまで3度にわたる団体交渉申し入れに対し
書面による「問い返し」を繰り返して
団交応諾を引き延ばしてきたジェイテクトが、
6月26日付でついに団体交渉開催の回答を
名古屋ふれあいユニオンに寄せた。
働く者の団結と
コミュニティユニオンの地域共闘の力が、
ついに
トヨタグループの工作機械メーカー・ジェイテクトをして
団体交渉を開かせる結果となったのだ。

■次は愛知製鋼・豊田スチールセンターだ!
労働者の命に関わる職場の安全の問題に関し、
派遣労組には就業先への団交権は
存在しないと言いきった愛知製鋼に対しては、
すでに愛知県労働委員会に不当労働行為救済申立を行ない、
真っ正面から闘っている。
あとは、
労働者の訴えに耳を貸さず、
そればかりかパワハラを告発した当該労働者を
今までとは全く違う部署に配置転換を強制した
豊田スチールセンターである。
豊田スチールセンターは、
昨年10月26日以来、
実に4度にわたる労組のの団交申し入れを
明確な表現で拒絶している。
上司のパワハラは労働者に対する重大な人権侵害であり、
ユニオンを通じ
勇気を振り絞ってそれを告発した労働者に対する
突然の配置転換は
不当労働行為の疑いも濃厚である。

名古屋ふれあいユニオンは、
組合員に関する労使間の紛争を
労使の話し合いによって解決することを本分としている。
それだけに、
団体交渉の拒絶は不当労働行為の最たるものとして
強い姿勢で臨んでいる。
豊田スチールセンターが
今後も団体交渉拒絶の意思を翻すことがないのであれば、
名古屋ふれあいユニオンは
地域共闘・全国共闘の力で第二・第三の抗議行動、
また愛知県労働委員会への不当労働行為救済申立も
辞さない覚悟だ。

豊田スチールセンターは、
トヨタ自動車出身専務の「パワハラ」疑惑に関し、
労働組合との話し合いに応じよ!
当該労働者の配置転換について
団体交渉を行なえ!


【参考記事】
愛知製鋼:構内下請労組、不当労働行為救済申立
トヨタ系 愛知製鋼:「派遣労組に団交権なし」と主張
トヨタ系ジェイテクトに4回目の団交申し入れ


職場の理不尽を許さない、強く優しい地域労組の建設を!
愛知県下の未組織労働者は名古屋ふれあいユニオンに結集し、
愛知県に人権労働運動の灯をともそう!



労働組合名古屋ふれあいユニオン
雇用形態や国籍に関わりなく、
愛知県下で働くすべての労働者が一人から加盟できる
地域労働組合(コミュニティユニオン)。
コミュニティユニオン全国ネットワーク
コミュニティユニオン東海ネットワークにも参加。
今年3月に開かれた第10回定期大会では、
連合産別・全国ユニオンへの加盟について討議するとする活動方針を採択。
日ごろから組合員の学習会や交流会・相談会などを
積極的に企画しながら活動している。
現在、組合員数約200名。
組合員は組合費月額1500円。
賛助会員(サポーター)は年会費5000円。
住所:〒460‐0024
    愛知県名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山711号室
    (JR・地下鉄・名鉄金山駅下車 名古屋ボストン美術館の向かい)
電話番号:052‐679‐3079(午前10時~午後6時)月~金
ファックス:052‐679‐3080
電子メール:fureai@abox.so-net.ne.jp
郵便振替 00800‐8‐126554
ホームページ
http://homepage3.nifty.com/fureai-union/
by imadegawatuusin | 2008-07-02 22:18 | 労働運動